風俗嬢という仕事はストーカーされやすい?対策は?

風俗嬢はストーカーされやすいという噂は本当でしょうか。
どのような風俗嬢が、どのような客と出会うとストーカーの被害に遭ってしまうでしょうか。
また、実際にストーカーをされたらどのように対処したらいいのかを一緒に考えていきましょう。

おすすめ高収入求人サイトの紹介

Qプリ保証で祝い金10,000円面接交通費2,000円必ずもらえます!
そんな高収入求人サイトはQプリだけ!

それだけが人気の理由ではありません!
  • 女の子目線でサイトが作られているから店舗情報が詳しく記載されています!
  • スカウト機能があるから希望のお店から勝手にオファーが届きます!
  • Qプリ保証が使える!(やっぱりイチオシ!
Qプリで自分に合うお店を探してみよう!

Qプリの詳細はこちら

ストーカーされにくい職業ではない

風俗嬢はそんなにストーカーされやすいのかというと、そうとも言えますし、そうではないとも言えます。
風俗嬢の中でストーカー被害に悩んでいる人の割合は、驚くほど高いわけでもありません。
もちろん危ない目に遭っている風俗嬢の話はたくさんありますが、どの職業でもストーカーというものは存在します。

一番ストーカーされやすいのは看護師と精神科医

医者 女性ちなみに、ストーカーされやすい典型的な職業は看護師です。
患者に優しく接しているうちに、患者がその優しさを個人的な優しさだと勘違いをして、一方的に好意を抱くようになるのです。
看護師というと、やはり女性が狙われることが多いと感じるかもしれません。
精神科医は男性医師が多いですが、同じく患者の女性に好意を持たれてストーカーの被害に遭っているケースはとても多いのです。
そのため、女性だからストーカーされるというわけではありません。

風俗嬢がストーカー被害の一番ではない理由

風俗嬢がストーカー被害の一番ではない理由を、看護師のものと比較してみます。
風俗は看護師と違い、一回の面会時間が短いですよね。
看護師は入院していると、一日中顔を合わすこともありますが、風俗嬢の場合は長くて数時間といったところでしょう。
しかも、入院患者のように毎日会うわけではありません。
また、看護師はお金を払って会う人ではありません。
けれども風俗嬢に会うためには時間を確保し、なおかつ高いお金を払う必要があります。
そのため、身近な看護師よりも仲良くなりにくいわけです。
つまり、ストーカーされやすいかと言われると、看護師よりはされにくい、微妙な立場になります。

ストーカー傾向のある人がリピーターになると厄介

けれども、ストーカー傾向のある人がリピーターになると話は違ってきます。
リピート回数が増えるにつれて、風俗嬢と客との距離は縮まります。
風俗という場所はかなり親密な行為をしますので、なおさらです。
しかも客は高額のお金を払うことになります。
その風俗嬢の様々なことに興味がわいてきますし、支払った金額を考えてもできるだけ良いゴールを迎えたいと思うはずです。

あなたはストーカーされやすい風俗嬢なのか

実は、風俗嬢の仕事を真面目にやっていることが、ストーカーされやすい人の典型的な性格に当てはまる場合があります。
「自分が話すより聞き役に回ることが多い」
これは、話好きな客の前では大抵の風俗嬢がすることです。
「協調性が高い」
これができないと接客は難しいですよね。
「気を使いすぎて本当のことを言えない」
「自分が我慢すればいいと考える」
高額なお金をもらって接客している分、少しくらいのことで嫌とは言えません。
ここまでは丁寧な接客をしていれば当たり前のようにすることですが、それに以下のものが加わることで、急にストーカー被害が現実に見えてきます。
「人を信じやすい」
例えば客を信じていなければ、この人はストーカーになるかもしれないから、個人情報は教えないでおこうと用心することができます。
けれども、リピーターさんとの仲が深まるにつれて、本当なら言わない方がいい連絡先や家庭の事情などをついつい話してしまうのではないでしょうか。
それが危険なのです。

ストーカー傾向のある人とは

質問「失恋を受け入れられない」
「自分がかわいそうなら、相手の気持ちを思いやることができない」
「自分の価値観しか認めない」
「プライドが高すぎる」
「損をしたくないので、見返りを求める」
「大きな失敗をしたことがない」
一般的な男性が風俗を利用しても、ストーカーするほどは風俗嬢に依存しないものです。
けれども、上の条件に当てはまるタイプの男性で、特に実際の恋愛経験が少ない人は、風俗のサービスを個人的な好意と勘違いしてしまう可能性が高いように感じます。
つまり、危険なのです。

おや?と思ったらこれ以上話さないこと、もしくはNG

もしリピート客に、唐突に二人の将来や結婚について提案されたり、住所や家族のことなどを熱心に聞かれたりしたら、ストーカーの可能性を疑ってみましょう。
これ以上相手に情報を話すことはやめたほうがいいでしょう。
ストーカーは始まってからでは遅いので、太客のお客さんでも、自分の身の安全を考えて、NG客にしてしまうのも一つの手段です。

一般的なストーカーと同じ対処法を

それでもストーカーになってしまった場合は、どのように対処するべきでしょうか。

ストーカーの思考

どうしてここまで(お金を払って時間を作って)会いに来ているのに、君は僕のことを好きになってくれないの、というのが客の本音だと思います。
考えが暴走しているので、風俗嬢がどう言い訳をしても客を否定することになってしまいます。

NG客に指定して接触をやめる

そうなってしまうと、言い訳をするよりもキッパリと接触をやめることが必要です。
さもないと、ストーカーの行動がエスカレートしてしまいます。
お店に警告してNG客に指定もらうのがいいでしょう。

最寄りの警察やストーカー相談窓口に相談する。

さらに身が危険であると判断したら、最寄りの警察やストーカー相談窓口にて相談しましょう。
その際にストーカーされた証拠があると有利になります。
ストーカーされた場合は写真を撮ったり、録音したりして証拠を残しておくことも大切です。
日記のように被害を記録して、自分でも見直せるように整理しておきましょう。

ハイリスクハイリターンの仕事であると認識すること

風俗の仕事は、ハイリスクハイリターンと言われています。
ハイリターンとはお給料が普通の会社員より高いという意味です。
ハイリスクとは、その分慎重に行動しないと、身バレのリスクが高くなるということです。

質問しすぎる客に注意

初めての客であっても、やたらと個人情報を聞いてくる人には気を付けましょう。
あらかじめ嘘の設定を考えておくなどして、本当のことは口に出さないようにしましょう。
特に、住んでいる場所や交通手段など、文字通りストーカーされるような情報は決して話してはいけません。

SNSはするべきではない

ツイッターSNSは個人情報の塊です。
本名を登録しないSNSであっても、友達同士の繋がりで本名や住んでいる地域などは簡単に調べることができます。
ストーカー以外の身バレの意味でも、あの風俗嬢は〇〇という名前でSNSをしていると言いふらされたら、私生活のことまで全部バレてしまいます。
他の友達がSNSを使っている中で一人だけ使わないのは抵抗があるかもしれませんが、身バレやストーカーのことを考えると、やらないほうが安全だと思います。

知り合いの少ない土地で働くことがベスト

もし選ぶことができるのであれば、実家から離れた、知り合いの少ない土地に出稼ぎをすることが一番のストーカー対策になるでしょう。
けれども家庭の事情などで自宅の近くで働く必要がある風俗嬢も多いため、近ければ近いほど身バレしないように気を付ける必要があります。

今されていないからといって、将来も安全とは限らない

今現在ストーカーの被害がない風俗嬢でも、安全とは言い切れません。
今までのリピート客が突然ストーカーになってしまうこともありえます。
新しくストーカー傾向のある客が来るかもしれません。
明日は我が身と思ってストーカー対策をしておくと、安全に卒業できる日が来るのではないでしょうか。

まとめ

風俗嬢の仕事そのものがストーカーされやすい立場にあります。
しかし客を信じて個人情報を話してしまうことが、ストーカーされる一番の原因になります。
日ごろから身バレに気を付けて、ストーカー傾向のある客とは十分に距離をおいて接しましょう。
また、ストーカーの被害は一般的なものと同じく警察や民間の相談窓口で相談しましょう。

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

第1位 Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

第2位 ミミロケ

LINE風で簡単操作の「ミミロケ」!

スカウト機能ありで、操作が簡単です。他の高収入求人サイトが「使いづらい」と思ったら、無料登録してみよう! まだ新しい求人サイトですが、今後に期待できます!

詳しく知りたい方はこちら

風俗全般
melodeoをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました