本番強要されたときってどうするのが正解?対処の仕方教えて

ヘルスやデリヘルなどに在籍している風俗嬢にとって、一番大きな悩みは本番強要です。
店からも禁止されていますし、自分のサービスの範囲外なのに、しつこく迫る客は非常に多いのです。
実際に本番強要をされた場合、どのようにハッキリと断るべきか、また本番を無理強いされた場合にどうするべきか、対処法を考えていきましょう。

おすすめ高収入求人サイトの紹介

Qプリ保証で祝い金10,000円面接交通費2,000円必ずもらえます!
そんな高収入求人サイトはQプリだけ!

それだけが人気の理由ではありません!
  • 女の子目線でサイトが作られているから店舗情報が詳しく記載されています!
  • スカウト機能があるから希望のお店から勝手にオファーが届きます!
  • Qプリ保証が使える!(やっぱりイチオシ!
Qプリで自分に合うお店を探してみよう!

Qプリの詳細はこちら

何があっても絶対に本番をしてはいけない

確実に言えることは、客に本番強要をされても、絶対に本番をしてはいけないという事実です。
地域性や店の客層にもよりますが、実際に半数以上の客が、本番を「できることならしたい」と思っています。
また、本番をすることが当たり前と勘違いしている客もいるようです。
そんな中で本番強要を断り続けることは、風俗嬢にとって大変なストレスになります。
いっそのこと本番を許してしまえば、ここまで苦しまなくていいのではないかと一度や二度は思うでしょう。
けれども、我慢をせずにハッキリと「ダメ」と言わなくてはいけない理由はたくさんあるのです。

法律で禁止されている

法律ソープ以外の風俗は、法律で本番行為が禁止されています。
そのため、今現在営業しているお店は全て、本番行為を禁止していることを前提に営業許可をもらっています。
風俗嬢自身が無理、店が言うからダメではなく、法律で禁止されていることをしっかり認識しましょう。

店に迷惑がかかる、クビになる

そのため、本番行為を行っていることが知られた場合、最悪のケースでは店が営業停止になってしまう可能性もあるのです。
店のオーナーからしたら、そのような行為は絶対に避けたいため、風俗嬢はクビになってしまう可能性があります。
店に損害を与えてしまった場合、風俗嬢は損害賠償を請求されることも絶対にないとは言い切れません。
風俗嬢によっては、「周りもしているから大丈夫」「自分の店はそういったことが緩いから大丈夫」などと考える人もいるでしょう。
けれども、自分は大丈夫と考えている人が一番危険であるということを覚えておいてください。

妊娠の可能性がある

本番を無理強いされた場合、挿入後客が射精していようがいなかろうが、妊娠の可能性があります。
いわゆるカウパー、先走り液の中にも精子は存在するので、挿入してしまえば、可能性はゼロにはならないわけです。
また、コンドームをつけている場合は妊娠のイメージが浮かばないかもしれませんが、本番を無理強いするような客の使うコンドームを信じてはいけません。
とにかく次の生理が始まるまでは、本番行為は妊娠してしまう可能性があるということです。

性病のリスクがとても高くなる

また妊娠以外にも、性病のリスクがとても高くなります。
基本的に性病は粘膜から粘膜へと感染するため、クラミジアや淋病などの性病は挿入でほぼうつると言っても過言ではありません。
また、粘膜に傷ができていたりすると、エイズなどの不治の病、梅毒やB型肝炎などの非常に重い病気にかかる可能性があります。
風俗嬢のうちのほとんどが無茶な指入れなどで粘膜に傷がついていることが多いと思います。
感染してからでは遅いので、自分の体は自分で守りましょう。

本番強要の断り方

つらい本番強要の断り方について見ていきましょう。
大切なのは、相手のペースに翻弄されないことです。
自分の体のことなので、客が「俺が正しい」と判断していても、とにかく優先順位は自分にあることをしっかり意識してくださいね。
雰囲気に流されず、自分のペースで事を進めるのが大切です。

とにかくNOを伝える

No大切なのは「ダメ」「無理」「禁止」をしっかりと客に伝えることです。
ベテラン風俗嬢などはNOを言わなくても本番強要をさらっとかわすことができる場合もあります。
しかし、客自身に知ってもらうためにも、本来なら本番は禁止されていると伝えるべきなのです。
物わかりのいい客の場合は、この一言で本番強要を断念してくれる可能性がありますので、とにかくNOを伝えてみてください。

自分のテクで風俗嬢の意志を変えようとする勘違い客

それでも本番強要を続ける客は、風俗嬢が気持ちよくなったら、結局のところ挿入してほしいと言い出すのではないかと、大きな勘違いをしている場合が多いです。
一度否定されたことでプライドが傷ついたり、ヤケになったりして、プレイが激しくなることがあります。
このような体への負担が我慢できなくて、本番を許してしまいそうになるかもしれませんが、危険です。
プレイが激しすぎてつらい場合は、痛いことを客にハッキリと伝えることも必要です。

怒りたい客は説教をさせておけばいい

本番禁止を伝えると怒り出す客も少なくありません。
よくあるパターンとしては「本番ができないなんて知らなかった、金を返せ」と怒る客、「他の風俗嬢は本番をしているのに、君はそんなことではこの店で客が取れないよ」と上から目線で説教をする客です。
両方に共通して言えることは、怒りたい客は怒らせておけばいいということです。
むしろ、今すぐ怒りをしずめてくださいとお願いするのは、さらなる本番強要に繋がります。
「金を返せ」があまりにも激しいと、店を間に入れるほうがいいかもしれませんが、「客が取れない」と説教する客は、説教をさせておけば怒りは静まりますので、しおらしく聞いているふりをすればいいでしょう。

最悪泣いてでも、怒ってでも断ること

それでも話が通じない本番強要客は、正直困ってしまいますね。
けれども最終的にはNOを連呼するしかありません。
女性の涙は大きな武器になりますので、最悪の場合泣きまねをするのも一つの手段です。
また、最終的には素を出して本気で怒ってみてもいいでしょう。
案外そういうところが気に入られて、リピートされることもあるかもしれません。

本番を無理強いされた場合の対処法

それでも本番を無理強いされて、挿入されてしまった場合はどう対処をすればいいのでしょうか。
これは、通報するか黙認するかの二つに一つになります。

された直後にお店に連絡する

No一番大切なのは「直後」ということです。
何事も証拠が大切になりますので、できる限り早い連絡を心掛けましょう。
風俗嬢に親身になってくれるお店の場合は、客と交渉をして示談金をもらってくれる場合もあります。
本来ならば警察に通報するべき案件を示談の形で解決するのです。
アフターピルの購入などに役立てましょう。

自分で通報することも可能

風俗嬢はお店の従業員ではなく、個人事業主という立場にあるので、店が必ずしも助けてくれるとは限りません。
その場合、しっかりした証拠があるのならば、自分で警察に通報することも可能です。
ただし、通報には本名など個人情報が必要になりますので、よっぽどの悪質なケースでない限りは、そこまでしない風俗嬢が多いのも事実です。

事を荒立てたくないなら、出入り禁止にするのも一つの手段

これはいわゆる泣き寝入りに近いのですが、事を荒立てたくない場合は、客を出入り禁止にして終わらせる手段もあります。
正直なところ、本番強要は日常茶飯事なので、わざわざ店に連絡しないベテランの風俗嬢もいます。
けれども、後から被害を確認できても遅いため、できれば店に連絡する姿を客に見せておきたいですね。

用心を重ねて録音しておくのも一つの手段

ここまでする風俗嬢はあまりいないと思いますが、緊急事態のために常に接客状況を録音しておくのも一つの手段です。
本番強要の被害は証拠が大切になりますので、音声の録音は案外効果があると思います。
最近はスマホでも十分な録音ができるアプリが入っていますので、思ったよりも簡単にできる方法ではあります。

まとめ

風俗嬢にとって、本番強要は日常茶飯事です。
笑顔でかわすのも手ですが、一番確実なのは客にNOと言う姿勢です。
ひどいことを言われる可能性もありますが、客の言葉にビクビクする必要はありません。
自分のペースを貫きましょう。
本番を無理強いされた場合の対処法は、できるだけ早くお店に連絡することです。
後のことを考えるなら、泣き寝入りはしないほうが身のためです。
自分の身は自分で守りましょう。

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

第1位 Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

第2位 ミミロケ

LINE風で簡単操作の「ミミロケ」!

スカウト機能ありで、操作が簡単です。他の高収入求人サイトが「使いづらい」と思ったら、無料登録してみよう! まだ新しい求人サイトですが、今後に期待できます!

詳しく知りたい方はこちら

風俗全般
melodeoをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました