デリヘルでは自宅待機ができるって本当?実際どうなの?

デリヘルは日本の風俗店で最も多い形態だと言われています。
デリヘルの特徴として店舗がないお店も多いので、待機場所が自由なことが多いということです。
自宅待機OKということになっているデリヘルも多く、その部分惹かれてデリヘルで勤務したいと考えている女性も多いと思います。
この記事ではデリヘルでは本当に自宅待機できるのか、自宅待機にはどういうメリット・デメリットがあるのかについてご紹介します。

デリヘルって自宅待機できるの?

デリヘルは、お客さんからの連絡を受けてから、お客さんの自宅や指定するホテルなどで性的なサービスをするお仕事です。
ソープやファッションヘルスなどと違ってプレイするためのお店を用意する必要がないため、デリヘルは数人のスタッフが仕事する程度の事務所のようになっていることも多いです。
そのようなお店には女性が待機するスペースもないので、所属する風俗嬢は別の場所で待機することになります。
お店の周辺のカフェや漫画喫茶などで待機するように求められるお店もありますが、多くのお店では自宅待機もOKということにしています。
見分けたい場合には求人ページを見て「自宅待機OK」などと書いてあるのかを確かめましょう。

ただし自宅待機OKのお店であっても、誰でも自宅待機出来るというわけではなく以下のような条件があります。

自宅からお店までが近い

近所お客さんがデリヘルの注文をする場合、お店の位置を確認して何分程度で嬢が来てくれるのかを計算しています。
お店と風俗嬢の自宅が遠い場合、お客さんから連絡を受けた後送迎車が風俗嬢の家に行き、そこからお客さんの家に行くため時間がかかってしまいます。
注文から実際にお客さんの家に行くまでの時間は、満足度という面で非常に重要ですので、お店の所在地から自宅が遠い場合は自宅待機は断られてお店周辺での待機を命令される場合もあります。

いつでも連絡が取れる

お店にとって自宅待機の最大のデメリットは、風俗嬢と連絡が取れなくなってしまうことです。
店内にいないため行動を完全には管理することができず、嬢がバックレたり、連絡がとれずに派遣できなくなってしまう可能性があります。
だから、自宅待機OKの場合、勤務時間であればどんなときでも必ずすぐに連絡が取れることは必須です。
一度でも連絡をとらなかったり、無視してしまうとそれ以降自宅待機がNGになったり、最悪クビになることもあります。

すぐに出勤可能であること

自宅待機だからといって休日のように過ごすことは出来ません。
いつでもお店からの連絡が来れば出勤できる状態でいなくてはいけません。
お化粧や服の準備なども完了していなければなりません。
ただでさえお店から自宅までの移動で時間がかかるので、さらに風俗嬢の準備に時間がかかってしまうと、お客さんの元に約束通りの時間に送り届けること出来なくなってしまうからです。
このように自宅待機はお店にとってもリスクがあります。
だから、勤務初日からの自宅待機は認めてくれないお店もあります。
そのような場合、1週間程度はお店周辺での待機ということにして、連絡への対応をしっかり出来る女の子なのかを見極めてから、自宅待機がOKになります。

自宅待機の注意点

上記の通り、自宅待機する場合お店から「この子は自宅待機でも大丈夫」という信頼感を得る必要があります。
お店から信頼されるためには以下のような事を気をつけましょう

電話にはかならず出る

近所お店から連絡が来た場合、100%出るようにしましょう。
自宅にいるとつい気が緩んでしまうことがありますが、マナーモードにしていたり電源を切っている状態になっていたら、着信を見逃してしまう可能性があります。
また、トイレに入っていたりしてたまたま電話に取れないような瞬間であったとしても、お店からしてみれば一度でも着信を取らなければそれだけで不安になります。
自宅待機であってもお仕事中であるという意識をしっかりもって、常に電話に出られる態勢にしておく必要があります。

すぐ出勤できるようにする

お店から連絡があった場合すぐに家を出られるようにしておきましょう。
お店から送迎車が来るまでの時間がある場合もありますが、派遣先が家から近かったりドライバーが不足していたら自分で電車やタクシーで向かうこともあります。
お化粧や着替えに時間をかけないように常にお仕事が出来る格好でいましょう。

自宅待機のメリット

自宅待機OKなお店で働く場合以下のようなメリットがあります。

出勤する必要がない

お店に出勤する必要がないというのは大きなメリットです。
移動に使う時間が浮きますし、電車移動などの疲労もありません。
交通費の節約にもなります。

身バレの可能性が減る

風俗嬢が身バレするパターンの一つとして、お店の近くの繁華街で風俗嬢っぽいお化粧と服装で歩いている姿を知人に見られるということがあります。
特に普段の行動範囲から近い地域であれば知人に合う可能性が高いと言えます。
自宅待機であれば、自宅とお客さんのいる場所への移動しかありませんので、知人に見られる可能性はとても低くなります。

待機室の人間関係を気にしなくていい

風俗嬢にとって、同じお店のキャストとの人間関係はとても悩みの種になりやすいものです。
女性ばかりの職場で、しかも指名数や容姿で優劣付きやすい環境なので、そうしても嫌がらせや悪口が発生します。
待機室で集まるようなお店では人間関係を上手に築かないと、ハブられたりして居心地が悪くなってしまうことがあるのです。
そのような人間関係を気にすることは大きなストレスになりますが、自宅待機であれば同僚と関わることが一切ないので、ストレスを感じることもありません。

時間を有効に使える

時計いつでも出勤できる態勢を整える必要はありますが、それでも自宅待機であれば時間をとても自由に使えます。
資格取得のための勉強時間にすることも出来ますし、読書や映画を見ることも出来ます。
待機室であればお茶を引いている時間も他の女の子を気にしながら過ごさなくてはいけませんが、自宅待機なら自分の好きなことを出来るのです。

自宅待機のデメリット

ここまで書いてきたように自宅待機には沢山メリットがあります。
しかし、自宅待機ならではの以下のようなデメリットも多いのでしっかりと理解しておきましょう。

効率よくお客さんにつくことが出来ない

自宅待機最大のデメリットは、フリーのお客さんを付けて貰える可能性が下がることです。
特に店内やお店周辺での待機でも自宅待機でもOKなデリヘルの場合、お店の人は店内でお茶を引いている子や、お店周辺に来ている子を優先してフリー客をつけます。
自宅待機であれば、お客さんを付けなくてもそれほど不満はないだろうと考えられてしまうのです。
お客さんが付かなければ当然稼げないので、日給0円というような事もありえます。

お店の状況を把握できない

自宅待機の場合お店の状況が把握できないという問題もあります。
どの程度お客さんが来ているのか、フリー客の数は多いのかということが一切わかりません。
お店で待機していれば、暇な曜日や時間がわかって勤務時間を調整するようなことも出来ますし、お茶を引いている時間がながければ店員が気を使ってくれるようになりますが、自宅待機ではそういったことがありません。

完全に自由な時間ではないのでストレスがたまる

自宅待機といえばどもこれまで書いてきたとおり、完全に自由というわけではありません。
常にお店からの着信に備えなくてはいけませんし、出勤できる準備を整えておかなくてはいけません。
自宅待機だとつい怠けてしまい、勤務時間ぎりぎりに起きてしまって準備も出来ないというような自己管理が苦手なタイプの女性は、むしろ出勤してお店で待機するほうがしっかり働ける可能性があります。

仕事のことを話せる友達が出来ない

吹き出し同僚のキャストとの人間関係は悩みの種でもありますが、一方で風俗嬢というのは中々家族や友人に本当のことを打ち明けられないお仕事でもあるので、同じお店で働いている風俗嬢は悩み相談などがしやすい相手でもあります。
自宅待機の場合そのような知り合いと出会うことが出来ないため、悩みを一人で抱えがちになってしまうのです。
集団待機が嫌であれば今では個室待機のお店もあるので、そういうお店で同じ仕事している女性と接触可能な環境で働くことも悪くありません。

まとめ

デリヘルでは本当に自宅待機できるのか、自宅待機にはどういうメリット・デメリットがあるのかについてご紹介しました。
お店での待機と比べて気楽で自由な時間が取れる分、フリー客を付けてもらえる可能性が減るなどのリスクもあります。
一人で待っていても怠けることがなく、悩んで病んでしまうようなこともないという自己管理が出来るタイプの女性には向いていますが、お店に出勤したほうがお仕事スイッチをしっかりいれられるというタイプの方は向いていない可能性があります。

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

デリヘル・ホテヘル
melodeoをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました