人気の高いデリヘルの仕事内容について解説!これを読んで勉強しよう

現在の風俗業界は、いわゆるハコモノと言われる風俗店と分かる建物を立てて商売を始めることは実質不可能と言っても過言ではない状況です。
こういったことから、違法と分かっていながら許可を取らずもぐりでの営業をする。
後は無店舗型性風俗特殊営業の届出という簡単な手続きで出店できるデリバリーサービスの性風俗になります。
街の景観を気にする各都市の条例などが厳しくなったことからも店舗型の風俗店は全国的に壊滅状態。
その代わりに地方の中小都市に存在している性風俗店のほとんどがデリヘルになりました。
そんな人気のデリヘルですが今更どんな仕事をするのかなどは聞けないもの。
ここではデリヘルについて紹介していきましょう。

おすすめ高収入求人サイトの紹介

Qプリ保証で祝い金10,000円面接交通費2,000円必ずもらえます!
そんな高収入求人サイトはQプリだけ!

それだけが人気の理由ではありません!
  • 女の子目線でサイトが作られているから店舗情報が詳しく記載されています!
  • スカウト機能があるから希望のお店から勝手にオファーが届きます!
  • Qプリ保証が使える!(やっぱりイチオシ!
Qプリで自分に合うお店を探してみよう!

Qプリの詳細はこちら

デリヘルってどんな仕事をするの?

質問デリヘルとはデリバリーヘルスの略称であり、これまで店舗型として存在していたファッションヘルスのサービスを出張、つまりデリバリースタイルで堪能できる性風俗になります。
特定の店舗を持たず、お店が持っている電話でスタッフが受付をし、お客が指定したプレイ場所へドライバーとともに赴いてプレイ時間が終わったら次のお客の下に訪れて仕事をするか、待機所に戻って待機をするかといったスタイルになります。

デリヘルの多くはホームページを用意しており、そこで在籍しているキャストの写真を紹介しておりそれを見て男性客は指名する女性を選ぶ。
もしくは完全にフリーでスタッフに任せる。
また自分の好みのタイプのみを伝えてデリバリーしてもらうというスタイルになります。

プレイ場所に関しては、一般的にはラブホテルですが男性客の隠し部屋や自宅といったケースもあり、指定された場所でのプレイが基本ですが野外などでのプレイは禁止になっています。
それぞれのデリヘル店がデリバリー範囲を決めており、その範囲外に呼び出してプレイをしたい場合には別途交通費が掛かるシステムにしている場合が多いです。

プレイ内容は?

デリヘルは前述でも触れましたがヘルスサービスをデリバリーするタイプの風俗です。
古くからの風俗マニアなどには出張ヘルスと呼ばれているほどです。
デリヘルのプレイ内容はお店によってまちまちですが、自室やホテルなどの指定されたプレイ場所に到着。
その後はシャワーを浴び、洗体や消毒などをしてからベッドに戻ってプレイ。
その後はまたシャワーで終了といった流れになるのが一般的です。
最初から電話の時点でプレイ時間やコースを伝えてくるお客さんもいますが、大抵の場合には実物を確認してから決める人が多いでしょう。

平均で60分から120分程度のプレイ時間で利用されますが、近年ではデートプランなどを採用しているデリヘルも存在します。
また待ち合わせ型といって、プレイ場所の近くのコンビニなどで待ち合わせをしデート気分を味わいながらプレイ場所に仲良く赴きその後プレイを楽しむサービスを提供しているお店もあります。
当然にプレイ時間が長ければ長いほど稼げる報酬も高いです。
ファッションヘルスと同様本番行為は基本的に禁止事項になります。

本番行為をしてしまうと健全店でルールを遵守しているようなデリヘルの場合には一発でクビになってしまいますから、「お店に秘密でお小遣いをあげるから」という甘い誘いには乗らないようにしましょう。
あまりにしつこい場合にはお店にコールをして対処をしてもらうのも良いでしょう。
本番行為をしていることがバレれば、あなた自身にはほとんど影響はないものの、お店側は摘発などの憂き目に遭いますから、賠償問題などに発展しかねません。

ハコモノ風俗では不可能な自由勤務

時間ハコモノ風俗が風営法の影響によって、深夜0時、当該事情がある地域でも1時までになっているのに対して、デリヘルの場合には24時間営業を行うことが可能です。
実際に24時間営業しているデリヘルもありますが、大抵の場合には午前4時か5時程度で営業を終了しているところがほとんどです。

このため在籍するキャストに関しても自由出勤を認めていることが多く、その他の風俗がキャスト集めに苦労しているのに対して、デリヘルはそこまでではないというのは、こういった事情があるからです。
一般職をしていても仕事が終わった後に出勤をしたとして、深夜帯まで営業していますから5時間や6時間などは平気で働くことができ、まとまった報酬を1日で稼ぐことができるのも人気の秘密と言えるでしょう。

特に収入がなかなか得られない女子大生や給料が低い新卒のOLなどにとっては、貴重な収入源になっているのです。
自由がききますし、何より週に1日数時間などからでも採用してもらえるのは非常に大きいと言えるでしょう。

デリヘルで働くメリットは?

デリヘルのメリットは朝まで働くことができるということでしょう。
キャバクラなどでも風営法の影響でせいぜい1時までしか働くことができません。
昼職や学校などに行った後、働くとなれば、なかなか思ったように稼げないものです。
しかしデリヘルなら24時間、少なくても朝の5時くらいまでは営業してくれていますから、一番稼げるとされる夜の8時以降から出勤しても十分に稼ぐことができます。
平日に昼も夜も働くというのは厳しいかもしれませんが、金曜の夜から日曜の朝までのかきいれ時のタイミングでは長時間働くことができ、週2回の出勤でも驚くほどにまとまった報酬を得られることでしょう。

他にも一般的なハコモノ風俗などでは店頭でパネル写真を見せる必要性が出てきますが、デリヘルの場合にはネット上ですし、しかもぼかしを入れることも可能です。
それも心配な場合には写真NGという選択肢も残されています。
アリバイづくりなどを行ってくれるデリヘルも多く風俗バレする確率が低いというのもデリヘルで働くメリットになります。
自分のライフスタイルを崩すことなく、自由に働くことが出来る点。
他にも店舗型の風俗店よりも営業時間が長いことから、お客さんを回してもらえる可能性が高く報酬が期待できる点。
そして現在の性風俗店の中で圧倒的に店舗数が多く、求人が多いということがメリットとして挙げられるでしょう。

デリヘルのデメリットは?

Bad, Noメリットばかりのように感じるデリヘルですが、光があれば影ができるようにデメリットも当然に存在しています。
デリヘルで働くデメリットとして風俗嬢の多くが口にするのが、やはり移動時間があることによる時間ロスです。
店舗型の風俗店の場合、自分に与えられたプレイルームや待機所で待っていればお客さんが勝手にやってきます。
準備ができればすぐにプレイができ、終われば次の準備をしてまたお客を相手にすれば良く、時間のロスがありません。
一方でデリヘルの場合、どうしてもお客さんが希望するプレイ場所にドライバーが運転する車に乗り、送迎してもらえなければ意味がありません。
エリア内の同じラブホなどに呼んでくれれば時間ロスもないですが、そうそう上手くはいかないものです。

繁華街のラブホから取付道路近くのラブホ、自宅までさまざまなところに呼び出されるのがオチであり、出勤時間内に何人のお客を取りたいという目標を決めてもなかなか上手く行かないことが多いとも言われています。

風俗バレせず自由に働きたいならデリヘル

風俗バレせずに自由に自分のライフスタイルを崩さずに働きたいと思っているなら、デリヘルほどに便利な仕事はありません。
時間のロスがあるなどのデメリットはあるものの、そんなデメリットを補って余りあるほどに大きなメリットばかりなのです。

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

第1位 Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

第2位 ミミロケ

LINE風で簡単操作の「ミミロケ」!

スカウト機能ありで、操作が簡単です。他の高収入求人サイトが「使いづらい」と思ったら、無料登録してみよう! まだ新しい求人サイトですが、今後に期待できます!

詳しく知りたい方はこちら

デリヘル・ホテヘル
melodeoをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました