性病のリスクを減らすために風俗嬢が知っておくべき事

風俗で働いている限り性病への不安を完全に排除することはできないでしょう。
しかし怖いと分かっているからこそ、リスクを減らす努力ができるのです。
風俗嬢が知っておくべき対策法と、かかりやすい性病をまとめて紹介します。

性病は粘膜の接触によって感染するものがほとんどです。
私は生本番はしないから大丈夫」そう思った嬢は少し学び直す必要があります。
確かに性器は粘膜ですが、口やアナルも粘膜です
また、素股でも粘膜同士は触れ合っているので感染のリスクがあります。

おすすめ高収入求人サイトの紹介

Qプリ保証で祝い金10,000円面接交通費2,000円必ずもらえます!
そんな高収入求人サイトはQプリだけ!

それだけが人気の理由ではありません!
  • 女の子目線でサイトが作られているから店舗情報が詳しく記載されています!
  • スカウト機能があるから希望のお店から勝手にオファーが届きます!
  • Qプリ保証が使える!(やっぱりイチオシ!
Qプリで自分に合うお店を探してみよう!

Qプリの詳細はこちら

プレイ前のシャワーは大事

お風呂風邪予防の手段として手洗い・うがいが有効ですが、清潔にしておくというのは大事なことです。
指先や体についた菌を洗い流しておけばリスクは減ります。
また風俗嬢は1日に何度もシャワーを浴びることになりますが石鹸やボディーソープを使いすぎると荒れてしまうので注意が必要です。

お客さんの粘膜を観察

一緒にシャワーを浴びている時に相手の体を観察します。
一番見たいのは性器ですね。
不自然に腫れていたり、できものができていないか、出血がないかを確認してからプレイをするべきでしょう。
もし可能なら口内も見せてもらいたいものです。
見るだけで分かる性病もいくつかあります。

NSなんて以ての外!コンドームの利用で格段にリスクを下げられる

性病予防を呼びかけるサイトなどでは「不特定多数との行為は避けましょう」とありますが、仕事なのでそうもいきません。
そうなればコンドームが活躍する時です。
コンドームは正しく利用しなければいけません。
生フェラも危険です。
一番のオススメはシャワー中に十分に勃起させて体を拭き終わったらコンドームを付け、装着後に嬢は石鹸を使って手洗いした後プレイをするというものです。
なかなか難しいと思いますがリスクは減ります。
また勃起が不十分だとうまく機能しないのがコンドームの欠点なので中折れしてしまうお客さんには注意が必要です。

プレイ前後にうがいを習慣づける

粘膜に菌が付着しないように努力をしますが、完全には防げません。
そうなればついてしまったものを洗い流さなければいけませんね。
生フェラもしてないから大丈夫、と思っていてもキスでうつるものもありますし、手指についた菌が何かの拍子に口元についてしまっているかもしれません。

排尿も大きな予防手段

排尿女性は性器と排泄器官が近いためにお互いの常在菌が行き来してしまうほどです。
人間の手指は思った以上に多くの場所に触れているため、菌が付着していることが良くあります。
そのため恋人同士のセックスでも行為後に排尿を勧める専門家が多く、尿道に入り込んでしまった菌を尿で洗い流すと性病のリスクは減ります。

定期健診をきちんと受ける

多くの風俗店が定期健診を義務化していますが、待遇として書いてあるだけで実施していない店も多くあります。
もし実費になってしまうとしても自分の身を守るために受けた方が良いでしょう。
性病の種類によっては自覚症状が出にくい上に、早期に治療をしないと治りづらくなってしまうものもあるので異変を感じたら早めの受診がオススメです。

傷口があったら

お客さんでも自分でも傷口があったら注意が必要です。
皮膚はバリア機能を持っていますが、傷口は粘膜同様に病気がうつりやすい部分です。
傷口同士が接触するという偶然はなかなか起きないかと思いますが、傷口と粘膜の接触は十分に考えられます。
気をつけても接触してしまうような場所に傷口があるのであればどう対応するべきなのか店の責任者と話し合った方が良いでしょう。

風俗嬢が気をつけるべき性病は?

ウイルスHIV(エイズ)

性病とは言えないかもしれませんが、性的接触が大きな感染経路です。
今現在では完治する病気ではないため、早期に発見し上手につきあっていく方法を見つけることが大切になります。
性的接触による感染率は他の性病と比べるとそれほど高くはありません。
血液、精液、膣分泌液にウィルスが多く存在するため、キスではうつりませんがフェラではうつります。

梅毒

近年感染の拡大が問題になっている梅毒ですが、無症状の期間が長いために知らないうちに他人に感染させてしまいます。
感染してから3週間はほぼ異変はなく、その後痛みのないシコリや腫れが出ます。
3ヶ月ほどすると体中にアザや赤茶色のできものができます。
これらは放っておくと自然に消えるため、見過ごしてしまうことも多いです。
治療は感染期間に合わせて飲み薬を処方されます。
感染日を特定しにくい風俗嬢は長期間の服用を求められることがあるので、定期的に検査をする必要があります。

クラミジア

男女ともに自覚症状があまりないために感染しやすいのはクラミジアです。
女性の自覚症状として性交痛、不正出血、下腹部痛などがあります。
また咽頭クラミジアと言い喉にも感染するのでフェラでも感染します。
こちらの自覚症状も風邪と変わらないためなかなか発見されづらい病気です。
しつこい風邪だと思わず性病科を受診しましょう。

淋病

女性はほとんど自覚症状がないのに対し、男性は激痛を伴います。
しかし男性側の自覚症状が出るまでの個人差が大きいため、その前に感染拡大してしまうこともあります。
淋病も喉の感染が多いものです。
咽頭淋病の場合は自覚症状が出にくいので、注意が必要です。

カンジダ

女性のほとんどが膣内に持っていると言われるカンジダ菌が体調不良やストレスを原因に以上発生してしまうのがこの病気の特徴です。
男性が発症することは少ないのですが気をつけなければいけないのは、口内で発症する口腔カンジダです。
口内が白くカビが生えたようになるため口を開けて見ればすぐに分かります。

ヘルペス

唇にヘルペスができてしまう人は多いと思いますが、そのまま接客をすると相手の性器にもうつってしまうので注意が必要です。
再発率も高く慣れてしまっている人もいると思いますが、他人にうつす病気だということを自覚する必要があります。

もしもかかってしまったら?

質問風俗嬢は体が資本なので体調の変化には敏感です。
特に性器周りに異変があればすぐに気づくでしょう。
自覚したらすぐに病院を受診します。
もしその時点で性病と診断を受けたら、その時点で決まっている出勤日を全てキャンセルしましょう。
収入がゼロになるということを意味しますが、コンドームをつければ大丈夫、店には黙っておけばなどとは考えないでください。
性病は正しい知識を持っていても完全には防げませんし、コンドームも万能ではありません。
気をつければ大丈夫」という考えが性病を蔓延させてしまいます。

どれくらい休まないといけないの?

病気の種類によって違いますが、2~3週間は休むことになるでしょう。
指示通り薬を使い、治療を受け、再検査の上、菌がなくなったことを確認して初めて出勤できるようになります。
店が提携している病院の場合はいつから出勤を許可してもらえるか聞くことができますし、そうでない場合は「いつからセックスを再開していいか」と聞けば良いでしょう。

まとめ

性病感染率は本番行為があるソープが一番高いと思われていますが、実は風俗のどの業種で大きな差はありません。
それはリスクが高い業種にいる嬢達がきちんと自己管理をしているからだと言えます。
反対にヘルスは本番がないからと生フェラ、生素股が一般的でこれらは性病感染のリスクから考えてかなり危険な行為です。
さらにはあわよくば本番をしてしまおうというお客さんによってさらに危険度が上がります。
風俗で働く限り常に性病のリスクと隣り合わせだということを自覚し、自衛する方法をきちんと学ばなければいけません。

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

第1位 Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

第2位 ミミロケ

LINE風で簡単操作の「ミミロケ」!

スカウト機能ありで、操作が簡単です。他の高収入求人サイトが「使いづらい」と思ったら、無料登録してみよう! まだ新しい求人サイトですが、今後に期待できます!

詳しく知りたい方はこちら

風俗全般
melodeoをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました