職業がキャバ嬢というのは恥ずかしいことなんでしょうか?

もしあなたが現役キャバ嬢あるいはこれからキャバ嬢になろうとしている女の子だとして、人に職業を聞かれたらどう答えますか?
率直にキャバ嬢と答える子もいれば、恥ずかしい気がして別の職業を口にする子もいるのではないでしょうか。
キャバクラやキャバ嬢に対するイメージは人それぞれ。
キャバ嬢であることはダメなことでも何でもありませんが、ちょっとした答え方やニュアンスの違いによっても相手に対する印象がずいぶん変わるのも事実です。
せっかくなら嘘をつかずに、なおかつ良いイメージを与えられれば理想的ではないでしょうか。
そこで今日は、キャバ嬢やキャバクラに対する一般的な世間の見方や評価を中心に、その理由やそれに対する付き合い方などを紹介していきます。
現役のキャバ嬢や今後働くことを考えている女の子は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

キャバ嬢=底辺と思っている人もいるのは確か

ピラミッド率直に結論から言うと、キャバ嬢に対して非常に低い評価をしている人は確かにいます。
では、それはどのような人たちなのでしょうか?
まず初めに、キャバ嬢に対する評価は男性か女性かによって、さらに男性なら客としての利用経験、そして女性なら自分自身や親しい知人にキャバ嬢経験があるかどうかによってかなり変わります。
やはり人は自分自身の経験を基準に考えることが多いので、例えばキャバクラを利用したことがありそこでの経験に良い思い出がなければ、その人にとってキャバクラ=悪いというイメージが出来上がります。

キャバ嬢に対してマイナスイメージ、さらに言えば底辺とさえ考えている人がいることも、その点を考慮すればある意味当然と言えるかもしれません。
キャバ嬢の働く姿勢や考え方は、実に様々。
中には見た目や身だしなみ、コミュニケーション力などを上げるために非常に努力している女の子もいますが、その逆のような子もいます。
お客さんに少しでも多くのお金を払わせることしか考えていなく、お酒を飲んで適当に笑っていれば良いといったようなタイプの子です。

もし男性がこのようなキャバ嬢につかれたら?または自分や知り合いが働いているお店でこんな子がいたら?「キャバ嬢は底辺」と考えてしまうのもやむを得ないのではないでしょうか。

キャバ嬢に好印象を持っている人もたくさんいる

ではみんながみんなキャバ嬢に対してそのようなネガティブなイメージを持っているかというと、決してそんなことはありません。
全く逆の好印象を持っている人もいるのです。

前述の通り、キャバ嬢をしている女の子の中には、地道な努力を惜しまない子がいます。
お酒や若さだけを頼りにするのではなく、接客力、営業力、コミュニケーション力、マナー、そしてもちろん見た目にも気を遣い、内面的にも外面的にも磨きをかけてお客さんを満足させようとする女の子です。
年齢の割に気が利いて会話力が優れているな、という印象を持っていた女の子が実は現役または元キャバ嬢だった、というのは結構よく見られるパターンです。

また、キャバクラのバイトをする理由のほとんどがお金目的なのは間違いありませんが、その使い道によっても印象は左右されます。
例えば大学の学費を稼ぐため、エステサロンなど自分のお店を持つため、国家資格を取得するためなど、明確な目標や将来に向けたビジョンがある場合。
逆に好きなホストに貢いだり、ブランド品を買いあさったりすることしか頭にない場合。

もちろん自分が稼いだお金をどう使うのも自由ではありますが、どちらが相手に好印象を与えるかは明白ですよね。
男性から見ても女性から見ても、「目標に向けて努力している子」というのはどんな職業であれ良いイメージを持たれるものです。

キャバクラ未経験者は冷めた見方をする傾向に

眼一方キャバクラと全く縁がない人はどのようなイメージを持つものなのでしょうか?
一般的に、男性がキャバクラに行かない、女の子が自分自身も知り合いもキャバクラでバイトをしていないということは、=興味がない・必要ないと考えているケースが多いです。
ということはそこで働いているキャバ嬢に対しても、冷めた見方をする人が多いということですね。

先に述べたように夢や目標に向けての一時的なバイトとか、大学生の女の子が月に数日お小遣い稼ぎにするとかであれば、一定の理解は示すでしょう。
しかし学校に通うわけでもなく、将来のことを考えるわけでもなく、ただその場限りのバイトとしてキャバクラを選ぶ女の子に対しては、風俗嬢と同等と考える人も少なくないようです。

その世界に詳しくない人からすると、キャバクラというサービスにはどうしてもお酒やぼったくりという単語が付いて回ります。
実際にはトラブルも違法性もない立派な優良店も真面目な女の子もいくらでも存在するのですが、一部の評判の良くないキャバクラ店やキャバ嬢が、一般評価を下げてしまっていることは間違いないでしょう。

相手に合わせて柔軟な対応をするのがベスト

このように、キャバ嬢に対する評価はマイナスからプラスまで実に様々です。
そのため、誰に対しても同じように接するよりは、相手に応じて微妙に対応を変えるのが賢い選択と言えます。

例えば、元からキャバクラやキャバ嬢にポジティブなイメージを持っている人が相手なら、恥ずかしいとも思わず自信を持って自分の職業を伝えられますよね。
仮に相手が持っている印象が今の自分とかけ離れてプラスだとしたら、「私はまだまだですが」「そんな風になりたいです」など、謙虚な姿勢を見せるといいでしょう。

逆にマイナスのイメージを持っている人に対しては、相手の意見も尊重しつつ、自分がキャバクラで働いている理由や将来の夢なども織り交ぜながら話すのがオススメです。
過去や現在にキャバクラで嫌な経験をした人に対して理解・共感・同情を示しつつ、さり気なく「自分はそれとは違う」アピールをするということですね。

ただしあまりにも頑固な考えを持っている人や先入観にとらわれている人には、おそらく通用しません。
その場合は正直に伝えて玉砕するよりは、無難な別の職業を答えてしまった方が楽かもしれませんね。

自分次第で仕事に誇りや自信は持てるようになる

Ok結局のところ、自分自身の仕事に対する姿勢次第で自分の考え方も他人の見方も変わります。

もしあなたがキャバクラという仕事に対して真面目に取り組み、お客さんや周りのスタッフに喜ばれるよう努力をし、そこで頂いたお金を将来の夢や自分磨きのために有意義に使ったとしたら、キャバ嬢であることを恥ずかしいと思うでしょうか?お客さんが楽しい時間を過ごし、お店もあなたを必要とし、その結果それにふさわしいお金を頂く。
それは飲食店や他のどのサービス業とも変わらない、ごく普通のことではないでしょうか?
逆に、もしあなた自身がキャバクラという仕事やそこに来るお客さんを低く見ていたり、目先のお金のことしか考えていなかったりしたらどうでしょうか?
きっとそれは勤務態度にも表れ、お客さんやお店にも伝わり、あなたの評判を下げることにもつながってしまいます。

あなたの印象一つで、良くも悪くもそれまでのキャバ嬢に対するイメージをころりと変えてしまう人もいるかもしれないということですね。

まとめ

いかがでしたか?
キャバクラは男性にとっては初心者でも行きやすい定番のナイトスポット、女の子にとっては高収入が望める魅力的なバイトでもある、とても身近な存在ですよね。
それだけに男女が持つイメージや働いている女の子のレベルは、みんな異なります。
まずは自分自身が周りに対して良い評価を得られるよう、自信と自覚をもって仕事に取り組むのが良いのではないでしょうか。

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

第1位 Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

第2位 ミミロケ

LINE風で簡単操作の「ミミロケ」!

スカウト機能ありで、操作が簡単です。他の高収入求人サイトが「使いづらい」と思ったら、無料登録してみよう! まだ新しい求人サイトですが、今後に期待できます!

詳しく知りたい方はこちら

キャバクラ
melodeoをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました