吉原って街の雰囲気が独特だよね?視線とかも気になる

「風俗」や「風俗街」と聞いて真っ先に思い浮かべるのはどこでしょうか。
日本全国に歓楽街は多数存在していますが、なかでも吉原は知名度・規模ともに、まさに国内有数の歓楽街と言うことができるでしょう。

このような吉原の知名度や規模は、単に店舗数が多いといった理由だけではなく、やはりその長い歴史に裏打ちされている部分が大きいでしょう。
古くから遊郭としての歴史を持つ吉原に独特の雰囲気を見出すのは、お客さんとして訪れる男性だけではなく、そこで働こうという女性にとっても同じものなのでしょうか。
吉原の街の雰囲気や、吉原が一般にどのように認知されているか、そして吉原の風俗店について、そこで働く女性の思いなども含め、その特徴などについても解説しましょう。

吉原という街の歴史と、吉原とはどんな街かについて

日本 夜吉原といえば、吉原遊郭という単語を思い浮かべる方も多いでしょう。
時代劇などで吉原という単語を目にしたことがあるという方もいるかもしれません。
吉原は江戸時代に作られた遊郭地域です。
開設されたのは1617年と古く、当時から、単なる風俗店街という性質の場所ではなく、文化・風俗の発信地でもあったようです。

最近では吉原という街や、当時から存在していた遊女・花魁という身分の女性をテーマとするテレビドラマや漫画作品などの影響から、吉原に対する関心も高まっています。
現在の吉原に至るには、第二次世界大戦後の公娼の廃止や、風適法の施行などにより、吉原だけでなく全国的に風俗営業を行うことは難しくなりました。

しかしながら、1985年に施行されたこの風適法を受けて施行された東京都による条例によって、吉原はその実情・歴史的な実績を考慮され、同風適法のいわゆる「特別地域」として、現行の建物を利用してのソープランド等の営業が継続できることとなりました。
一方で新築や改装といったものには厳しく、既存の建物を利用していることから、建物の古さが目立つ店舗があるというのが実態のようです。

日本では現在、ソープランドの新規出店が制限されている地域が大多数であるため、店舗そのものの数は減少していますが、こうした実情から、吉原はソープランドの代名詞ともいえる地域となっています。
現在の吉原では、約160点ほどがソープランドとして出店されており、日本一のソープランド街とされています。
もちろんソープランド以外の風俗店もありますが、やはりお客さん側も、そして働く女性の側も、ソープランドの店舗がメインになってくることでしょう。

吉原の求人の特徴と、そこで働く女性の特徴

miz306 / Pixabay

このように、歴史のある風俗街である吉原は、その独特な雰囲気も含めて現在でも多くのお客さんが訪れる場所となっています。
しかしながら、吉原遊郭はどうしてもその歴史の古さが仇となり、建物が古い、汚いという印象を与えてしまうこともあるようです。

もちろん、それはそれで風情があったり、あるいは新築することができないというやむを得ない事情もあったりはするのですが、訪れるお客さんにはそのような事情は関係がないため、心無い言葉や視線を向けられることはあるかもしれません。
新築ではなく改装の場合であっても、一店舗の判断でできる場合とそうでない場合とがあるようです。
しかしながら、そこで働く女性自身には責任のないことですし、どうにかできるものでもありませんから、働く女性はあまり深く気にすることはないようです。
どうしても古いお店だと気分が悪いという場合には、働く前に綺麗なお店を選ぶ方もいらっしゃるようです。

吉原の求人では、やはりダントツにソープランドが多くなっています。
常に求人が出ている店舗はあまり多くはありませんが、それはやはりひとつの店舗で働きつづける女性が多いことのあらわれとも言えるでしょう。
風俗業界の中でもソープランドは、他のタイプの風俗店よりも給与が高いこともあり、そういった待遇面の理由で吉原のソープを選ぶ女性というのも多いようです。
技術面についても講習が行われる店舗もあり、お店で働いている先輩にあたる女性従業員が講習をしてくれることが多いようです。

このあたりは、高級ソープらしさということができるかもしれません。
一方で、吉原で働いているからこその悩みともいえるのが、金銭感覚であるようです。
吉原のソープランドは先程も述べたように、他の風俗店や他のエリアのお店よりも給料が高いため、どうしても金銭感覚が狂いがちになるようです。
風俗店で働くという選択をする理由は人により様々ですが、やはりもっとも多いのはお金を稼ぎたいという理由、そしてその中でも吉原の高級ソープランドを選ぶということは、短期間にお金を稼ぐことを目的としている方が多いでしょう。

一度正常な金銭感覚を失ってしまうと、出費も急激にかさみ、貯金にしろなんらかの支払いにしろ、次々にお金を使ってしまい、いわゆる「アガリ」のタイミングをのがしてしまうという状況に陥ってしまう女性も少なくないようです。
これはもちろん吉原に限った話ではないのですが、特に大きなお金が動く吉原の高級ソープ街ではその傾向が強く現れるようです。

実際に吉原で働く風俗嬢は、吉原をどう思っているの?

質問外から見る吉原は、やはり一大歓楽街、歴史的にも有名な遊郭、というイメージが根強いですが、実際に吉原の中で働いている女性にとっては、やはり「稼ぎの良い勤務先のひとつ」という選択肢のようです。
同じ風俗業界であったとしても、デリヘルなどのお店よりもお金を稼げるから、という理由で吉原のソープを選ぶ方も少なくないようです。
とはいえ、指名をもらうことやよいお店を探すことの難しさ、競争率などの問題は他地域の風俗業界と同じか、場合によってはより高い競争率となるという実態はあるようです。

とはいえ、お客さんの数や年代は幅広く、かつては40~50台の男性が中心であったのが、最近では20台などの若いお客さんが訪れる機会も増えているということで、あまりお客さんが付かない地域で風俗嬢として働くよりは、吉原というしっかりとした基盤のある地域で働きたいという女性も数多くおり、「遊郭」地域の名残はいまも健在ということができるでしょう。

まとめ

日本一のソープランド街であり、また江戸時代の遊郭地域にルーツを持つ吉原は、やはり男性客・そして風俗嬢ともにある種の独特な雰囲気を感じさせる地域であることは間違いないのかもしれません。
風俗で働こうと考えている女性にとっては、ソープランドという場所は他の風俗店と比べて単価が高く、より少ない日数・時間で多くの報酬を得ることができる可能性がある店舗です。
また男性にとっては吉原の風俗といえば、やはり他の地域のデリヘルやソープランドとは違う、一段格上のソープランドという印象があります。
それだけに、男性客の期待は大きいものとなっているでしょう。

女性側の仕事としては、他の地域でのソープランドと大きく異なることはなかったとしても、男性客にとっては吉原のソープランドに訪れたというだけで、少し特別な感情を抱くこともあるかもしれません。
ある種の、旅行などに近いような、非日常の空間と捉える男性も少なくはないでしょう。

あくまで仕事として吉原で働こうという女性は少なくないと思われますが、吉原は女性にとってはよく稼げる場所でもあります。
それだけに、自分なりの「終わり」つまり、アガリを見据えて働いていくことが重要といえるでしょう。
実際に吉原で働く女性も、そのように考え働いている方が多いようです。

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

風俗全般
melodeoをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました