危険なスカウトマンもいる?絆グループの逮捕ってなんで?

女性であれば夜に繁華街を歩いているときなど、スカウトマン(キャッチ)に風俗の勧誘を受けたことがあるという方も多いと思います。
しかしスカウトマンの中には悪質な人もおり、風俗嬢が騙されるような事件も発生しています。
この記事では実際にスカウトマンが逮捕された事件についてや、スカウトマンと接する時に注意することについてご紹介します。

おすすめ高収入求人サイトの紹介

Qプリ保証で祝い金10,000円面接交通費2,000円必ずもらえます!
そんな高収入求人サイトはQプリだけ!

それだけが人気の理由ではありません!
  • 女の子目線でサイトが作られているから店舗情報が詳しく記載されています!
  • スカウト機能があるから希望のお店から勝手にオファーが届きます!
  • Qプリ保証が使える!(やっぱりイチオシ!
Qプリで自分に合うお店を探してみよう!

Qプリの詳細はこちら

絆グループのメンバーはなぜ逮捕されたのか

逮捕2016年10月に大阪で風俗嬢のスカウトマンが逮捕されるという事件が発生しました。
この事件では大阪市北区の人材紹介会社「絆」の会長である上田和也容疑者(37)ら男3人が逮捕されました。
この絆グループにはスカウトマン200人が在籍していて、「アジア最大級のスカウトグループ」などと自分たちの事を称していました。

捕まった理由は売春防止法違反容疑などで、実際にこのグループから風俗嬢を紹介してもらっていた「かんなみ新地」の性風俗店の経営者なども逮捕されています。
この絆グループは200人のメンバーを数十人ずつ9つのグループに分けていて、大阪のミナミやキタを中心に女性に風俗店を紹介していました。

さらに、その後この「絆」という会社が属していた「DIXエンタープライズ」という会社の社長も職業安定法違反(有害業務の紹介)で逮捕されました。
この「DIXエンタープライズ」という会社には何とグループ全体で1,000人が所属しており、ホストクラブや風俗店の経営も行っていました。
つまり「絆」が勧誘した女性を、同じ「DIXエンタープライズ」に所属している風俗店で働かせていたようです。

この事件で逮捕された理由は紹介した風俗嬢が、勤務先で売春することを知っていながら仕事の紹介をしたことです。
具体的には売春と判断されているのはソープ店だと思われます。
ソープは建前上、お店が場所を提供してお客さんと風俗嬢が自由恋愛の結果セックスをするということになっています。
そのため、こちらも建前上風俗嬢にたいしてお客さんがお金を渡すことはないということになっています。
御存知の通りお客さんはお店にお金を払っていて、そしてお店から風俗嬢にお給料が渡されるわけですが、それでも実質売春をしているという判断を国がすることもできるのです。

なお、売春防止法は「売春する人(=風俗嬢)」も「売春している人を買う人(=お客さん)」も「売春することを知っていながらお店を紹介する人(=スカウトマン)」も違反の対象ですが、「売春する人」には罰則がありません。
それは法律上「売春する人」は保護すべき対象であると考えられているからです。
だから、この事件のようにスカウトマンが逮捕されたとしても風俗嬢まで逮捕されるというようなことはなく、せいぜい事情聴取をされる程度です。

しかし、実際のところ世の中にはスカウトマンが山ほどいるのに黙認されている状態です。
また、風俗嬢にとってスカウトマンはお店の紹介をしてくれるので便利な存在であるというのも事実です。
今回の事件では恐らくスカウトマンが嘘をついて風俗嬢を勧誘し、意図せずにソープで働くことになってしまった風俗嬢が警察に訴えたため事件になったと考えられます。

スカウトマンには危険な人もいる?

危険 マーク上記でご紹介した事件では、スカウトマンが強引な方法や嘘で騙すことによって女性を風俗店で働かせたと考えられます。
そして、実際にそのような悪質なスカウトマンはまだまだ存在します。

関東なら歌舞伎町周辺や六本木、名古屋なら栄、大阪ならミナミ周辺、福岡なら中洲や天神のように風俗店が沢山有る繁華街周辺で、路上スカウトは女性に声をかけます。
一見するとナンパや居酒屋のキャッチと同じですが、スカウトマンは女性が話を聞いてくれる体制になったら名刺を渡し風俗店の紹介ができると言ってきます。
ほとんどの場合は「お金困ってない?」や「今どれくらい稼いでるの?もっと稼げる方法あるよ」などと風俗のお給料が高いという面を利用して勧誘してきます。

スカウトマンは紹介した女性が勤務先のお店で稼いだ金額の5%~20%程度がもらえます。
そのためスカウトマンにとって女性を勧誘し、風俗店で働かせることが稼ぐための手段です。

普通に声をかけてきて、「風俗店の紹介をするよ」という程度であれば、それほど悪質なスカウトマンではありません。
嫌であれば無視したり断ればいいのです。

しかし、お金を稼ぐためにどんな手段を使ってでも女性を風俗店で勤務させようとするスカウトマンもいます。
そのような悪質なスカウトマンは脅したり、騙したりして女性を風俗店で勤務させるのです。
中には風俗店と組んでいるスカウトマンもいて、そのような場合には紹介された風俗店も悪質な場合が多く、お給料や待遇が約束と違っていたり、何だかんだと理由をつけて勧誘のときよりもサービスがきついお店を紹介される場合もあります。

悪質なスカウトマンに騙されないために気をつけること

具体的に悪質なスカウトマンの手法やそれをさけるための対策をご紹介します。

スカウトマンに声をかけられても連絡先交換だけ行いしばらく連絡を取ってみる

電話多くの場合スカウトマンは善人のフリをして声をかけてくるので、悪質かどうかを判断するのは難しいです。
そのため、もし風俗業界に興味があってもスカウトマンに声をかけられた日は連絡先を交換する程度にしておきましょう。

連絡先も電話番号や本メールアドレスを教えるのは避けてLINEやカカオトークのIDの交換をするのが良いでしょう。
しばらく連絡を取ってみて怪しい雰囲気などを感じたらすぐにブロックしてしまえばいいのです。
ブロックしたとしても、スカウトマンは一人の女性に固執するよりも沢山の女性に声をかけたほうが効率が良いので、しつこく勧誘されるようなことはほぼありません。

逆にスカウトマンに声をかけられてすぐにお茶をしたりするのは絶対に避けましょう。
直接会話をしてしまうと勧誘を断りにくくなってしまいますし、ノリがあってしまってついその場で勧誘を受け入れてしまう可能性があります。
スカウトマンは女性をその気にさせることが仕事なので、女性にOKさせるためなら楽しい雰囲気も作りますし、ノリもいくらでも合わせられます。

実はスカウトマンは元ホストも多く、イケメンで話がうまいという特徴があります。
そのためつい話に載せられてしまうこともありますし、下手するとその日のうちにホテルに連れて行かれ弱みを握られてしまう可能性もあります。

女性が風俗店で働こうというときにはお店はいくらでもありますし、スカウトマンもいくらでもいます。
安直な考えやノリで決めてしまうと後から後悔することになるので気をつけましょう。

芸能事務所やファッション誌のスカウトマンには注意する

悪質なスカウトマンは、風俗店の勧誘ではなく「芸能モデル」や「ファッション誌の読モ」をスカウトしていると声をかけてくるパターンもあります。
女性にとってこのような路上スカウトは興味がなくても嬉しいものなので、つい話をしてしまうことがあります。
色々ときらびやかな芸能界の話をして女性の気を引いた上で、その業界で仕事をするためなど理由を付けて結局風俗店で働かせるのです。

このようなスカウトの対策として、渡された名刺に書かれている芸能事務所についてネットで検索するようにしましょう。
今時は本当に芸能界とパイプがあるような事務所は必ずホームページがあります。
また、ホームページがあったとしても所属しているタレントがAV女優ばかりという事もあります。
そのような事務所が持ってくる仕事はアダルト系ばかりなので、結局AV女優や風俗嬢にされてしまいますので注意しましょう。

まとめ

悪質なスカウトを行った大阪の絆グループの事件と、そのような悪質なスカウトマンに騙されないための対処法をご紹介しました。
スカウトマンに対してはまずは警戒して接するのがよく、声をかけられてもLINEやカカオトークIDの交換で様子を見るようにしましょう。
また、芸能界や読モのスカウトも悪質な風俗スカウトマンである可能性があるので、必ず事務所名をインターネットで検索するようにしましょう。

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

第1位 Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決めて!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

第2位 ミミロケ

LINE風で簡単操作の「ミミロケ」!

スカウト機能ありで、操作が簡単です。他の高収入求人サイトが「使いづらい」と思ったら、無料登録してみよう! まだ新しい求人サイトですが、今後に期待できます!

詳しく知りたい方はこちら

風俗全般
melodeoをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました