18歳の若さでもただ股開いてるだけでは稼げない風俗業界の変化

バブル期には、風俗嬢になれば若い子はすぐに大金を稼げるような時代が確かにありました。
しかし経済悪化などの理由で、今や18歳の若さでもただ何となく風俗のお仕事をしているだけでは稼げない時代になってしまいました。
この記事では若い子でも簡単に稼げるわけではなくなった風俗業界の変化と若くても稼げない風俗嬢の特徴をご紹介します。

風俗業界でも若ければ稼げる時代は終わった?

お金日本経済はアベノミクスによって回復していると言われていますが、庶民の生活ではまだそれを実感するレベルに達していません。
バブル期と比べればまだま不景気ではるかに庶民の生活は苦しく、お金を湯水のように使うということもなくなりました。

風俗業界で稼ぎやすい女性の特徴は「若いこと」と言われています。
もちろん若いに越した事はありませんが、今や若いだけで稼げるほど風俗業界も甘い世界ではありません。
社会的な経済不況の影響は風俗業界にも当然あります。

長年続くデフレによって、お客さん一人あたりの単価がさがってしまっています。
お客さん一人を相手にするだけで済む時代ではなくなり、短時間で多くのお客さんの相手をし続けなくてはいけません。
そのためには若さに頼った適当な接客では駄目で、お客さんの心をつかみ指名を返させるスキルが求められます。

また、風俗業界はつてほどタブーな業界ではなくなりました。
テレビやインターネットで風俗業界について語られることも増えて、風俗業界といえば一大決心をして飛び込むような時代は過ぎ去り、若い女の子たちにとってはお給料の高いバイトの一つとして選択肢の中に増えています。

だから最近では簡単に風俗業界に参入する女性が増えて、一般人や昼職でも副業として風俗業界で働き始める女性が増えました。
その結果、風俗で働く女性は増え全体的なレベルも上がっていて、若いだけではなく可愛い女性も増えているのです。つまりただ若いだけでは駄目で、可愛さを備えていたり、見た目が劣っているならばそれを補う接客術やトークスキルが求められるようになったのです。

このようにデフレと風俗業界の普及によって、若ければ何の努力もしなくても次々とお客さんが来る時代は過ぎ去ってしまい、お客さんを獲得するための努力を求められる女性にとっては厳しい時代になりました。

男性の変化も風俗嬢が稼げない原因になっている

経済悪化を始めとした時代の変化はお客さんである男性にも影響を与えています。
風俗業界が若くても簡単に稼げるわけではなくなった理由となっている男性の変化には以下のようなものがあります。

稼ぎが減った

お金経済の悪化によって、かつてのように豪遊できるようなお給料をもらっているお金持ちの男性は減りました。
風俗業界のメインターゲットである30代前半の男性でも平均年収は438万円程度で、税金や生活費などを支払えば1ヶ月あたりに自由に使える金額は独身であっても10万円以下です。
もちろんそのお金は趣味や遊び、お酒などにも使うので風俗に使えるお金はせいぜい月5万円程度です。
5万円ではせいぜいソープに1回かデリヘル2~3回が限度です。

男性の草食化

ご存知のように最近の男性は草食化していると言われています。
それは普段から女性を口説いたりすることが減るだけではなく、風俗行くのはもったいないからオナニーですませようとする男性も増えているのです。

風俗を使う年齢層の男が減った

日本は少子高齢化と言われています。
若者の数は年々減っており、老人世代は増えています。
風俗店を利用するのは性欲がある若い世代が中心ですので、お客さんになる可能性がある世代時代が減ってしまっているということです。

このように、日本社会は風俗で遊ぶ世代の男性が減ってしまい風俗店の客入りも悪く、しかも彼らの風俗に行きたいという気持ちも下がっています。
そしてさらに風俗に行きたいと考えている男性でも、経済的な理由で風俗は月に1~2回程度しか出来ない高い遊びになってしまっているのです。

若くても稼げない子の特徴

稼ぐここまで、風俗嬢が稼げなくなってしまった社会的な原因をご説明してきました。
とはいえ今でも風俗嬢は他のお仕事比べてお給料が高いお仕事であることには間違いありません。
高級ソープの人気嬢であれば月に100万円以上稼ぐことも決して珍しくありません。
しかし、人気ではない普通の風俗嬢は月に50万円もらえれば十分稼いでいる方で、風俗嬢一本でやっていても月に20~30万円程度の人も多いのです。

若い風俗嬢であってもそれは例外ではありません。
特に若い風俗嬢は経験が少ないためお客さんへの接し方が下手で、若さの分新規客を集める代わりに、サービスが悪いため指名を取れず結局あまり稼げないということも多いのです。
若いのにただ股を開いているだけでは稼げない風俗嬢特徴は以下の様なものがあります。

マグロ

若い子の中には風俗として働いている時に全くやる気を出さずに仕事して割り切ってやっていることを隠そうともしない風俗嬢がいます。
そういう子はプレイ中はただベッドに横になり、お客さんが勝手に気持ちよくなって射精するのを待っているマグロになります。
男性は射精することだけを求めて風俗に来るわけではありません。
女性が気持ちよくなっている姿や感じている声を聞くことによって満足心を得られるという男性は多いのです。
そういう男性にとってマグロな女性は、どれほど若くても楽しいと感じられないため二度と指名されません。

会話ができない

会話若ければ仕方ない部分もありますが、お客さんとまともに会話ができない風俗嬢もいます。
18歳などの若い子にとって風俗嬢としての会話は、それまでの学校や家族との会話とは大きく異なります。
ただ自分の意見を言えば良い訳ではなく、お客さんの話を聞き気分良くなってもらう必要があります。
そしてお客さんの話はほとんどつまらない話ばかりですが、それでも真面目に聞いているフリをしなくてはいけませんし、笑ってあげなくてはいけません。
ほとんどの若い子は未だこのような会話スキルがないため、男性にとっては話していても楽しくないという印象になってしまいます。

心遣いが出来ない

男性が何をしてほしいのか、を理解するためには沢山の男性と接したことがある経験が重要です。
しかし、当然若い子は男性と接する機会も少ないため、男性の気持ちを想像することができません。
タバコを吸う時にライターに火を付けてあげたり、シャワーを浴びながら男性の体を隅々まで洗ってあげたり、プレイが終わったらすぐに離れずにイチャイチャしてあげるなどの心遣いは、やはりある程度年齢が高い女性の方が優れているのです。

仕事に嫌悪感を持っていてやる気がない

若い子は特に、風俗嬢という仕事に自分自身で嫌悪感を持っていることあります。
性的なサービス自体に嫌悪感があり、来店する男性に対しても嫌悪感があります。
稼ぐための手段として割り切って風俗嬢である自分を受け入れていないと、仕事中もやる気がなくなってしまいます。
男性は、風俗嬢のやる気に敏感で、頑張ってくれる風俗嬢に対しては愛着を持って指名するようになります。
しかしやる気がなくいやいやサービスしている風俗嬢を見るとテンションが下がり、指名を返すようなことはありません。

まとめ

若い子でも簡単に稼げるわけではなくなった風俗業界の変化と若くても稼げない風俗嬢の特徴をご紹介しました。
たとえ18歳の若さでもただ股を開いているだけでは稼げない業界であることがおわかりいただけたと思います。
逆に、若さに加えてベテラン風俗嬢のような接客術を持っていれば人気嬢になり月100万円を稼げるお仕事でもあるので、若いのに全然稼げないという方は是非普段のサービスを見直してみてください。

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

第1位 Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決めて!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

第2位 ミミロケ

LINE風で簡単操作の「ミミロケ」!

スカウト機能ありで、操作が簡単です。他の高収入求人サイトが「使いづらい」と思ったら、無料登録してみよう! まだ新しい求人サイトですが、今後に期待できます!

詳しく知りたい方はこちら

風俗全般
melodeoをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました