出稼ぎって交通費の支給は何日以上勤務ってノルマがある?

出稼ぎとは稼げる求人を探し、自分が今住んでいるところとは違う地域のお店に稼ぎに行くことをいいます。
地方から東京へ、都内から旅行シーズンを狙って地方へと行くパターンが多く、バックや交通費の待遇が良い代わりに、条件があることが多いです。
交通費のノルマはどんなものがあるのでしょうか。

おすすめ高収入求人サイトの紹介

Qプリ保証で祝い金10,000円面接交通費2,000円必ずもらえます!
そんな高収入求人サイトはQプリだけ!

それだけが人気の理由ではありません!
  • 女の子目線でサイトが作られているから店舗情報が詳しく記載されています!
  • スカウト機能があるから希望のお店から勝手にオファーが届きます!
  • Qプリ保証が使える!(やっぱりイチオシ!
Qプリで自分に合うお店を探してみよう!

Qプリの詳細はこちら

出稼ぎのノルマ

だいたい勤務日数のノルマがある

カレンダー出稼ぎは大抵どこのお店も勤務日数の最低限のノルマが決まっており、週5日出勤でオープンからラストまでとハードなことが多いです。
わざわざ稼ぎに出ているということからハードなノルマが課せられるのでしょう。
面接の時に多少は出勤日数のノルマについて交渉は出来ると思いますが、それほど甘くはないので覚えおいて下さい。

出勤日数、出勤時間についてはノルマが課せられますが、風俗店によくある指名や売り上げのノルマはそこまでキツくなさそうです。
むしろ、無いお店もあるでしょう。
出稼ぎは短期間で集中して稼ぐ場合が多いので、いちいち指名のノルマを課さなくても毎日の出勤で稼ぐのです。
ほとんど毎日お店にいる嬢であれば、よく通うお客さんは自然と顔を覚えてくれるため指名をする確率は上がり、出稼ぎということからお店はフリー客も回してくれます。

お店も出稼ぎには少しは配慮をしてお客さんを回してくれるので、期待に応えるかつ、稼ぐためにも仕事にはきちんと取り組んで下さい。
出稼ぎであるため苦手なお客さんや嫌なお客さんに当たっても、多少適当な接客でもバレはしません。
本指名客の心配をしなくて良いところは出稼ぎのメリットです。

勤務日数のノルマがあるため待遇は良い

ハードな勤務日数のノルマがあるのでバックを始めとする待遇は良いです。
具体的にはというと、本指名やネット指名など指名に関することについてはあまりぐちぐち言われません。
短期間しかお店に在籍しないため指名されまいがされようが関係はないのです。
指名以外の待遇は、バックや住居についてでしょう。
出稼ぎの目的は稼ぐことで、とにかくバック率が重要となってきます。

だいたい出稼ぎを受け入れているお店は人が集まるシーズンに嬢が足りない、普段から人手があまりいない、ということが多いです。
そのため、どうしても人手が欲しいと、バックの条件が良い場合が多いでしょう。
基本的に出稼ぎを受け入れているお店は保証金が設定されており、出勤すれば必ず給料が貰えるようになっています。

住む場所は、お店が所有しているアパートやマンション、寮を貸し出してくれることが多いです。
かなり格安で住めるため言葉に甘えてお世話になりましょう。

交通費について

勤務日数ノルマをクリアすれば貰える

お金出稼ぎは遠い地域に稼ぎに行くパターンがほとんどで、電車やバス、かなり遠い場合は飛行機で行くこともあります。
自腹で行くとなるとかなりな値段になってしまい、出稼ぎに来る嬢が少なくなるため受け入れるお店が交通費を出すことが多いです。
ただし、無条件で出してくれるわけではありません。
必ずノルマがあるので、事前にお店に何をクリアすれば支給してくれるのかを確認しておきましょう。

どこのお店も交通費は出勤日数ノルマを達成したかどうかで出してくれます。
いくらわざわざ出稼ぎに来てくれているからといい、そう安安と交通費を出してくれるわけではないのです。
出勤日数ノルマで多いのは、片道の支給は○日以上の出勤、往復分の支給なら更に○日以上の出勤、となります。
分かりにくいためもう少し分かりやすく例えると、片道の支給は5日以上、往復の支給は10日以上となるのです。
このように決められた日数ノルマをクリアしないと1円も交通費を出してくれないので注意して下さい。

勤務日数ノルマは交通費によって変わる

どれくらい勤務したからいいのかは交通費の額、相場により変わってきます。
交通費が少なければ少ないほど勤務日数ノルマは減り、逆に交通費が多ければ多いほど勤務日数ノルマは増えていくでしょう。
なるべくノルマを少なく抑えたい人は高速バスや電車など安い手段で、快適に向かいたい人は飛行機や新幹線を利用しても良いと思います。

なぜ交通費により勤務日数ノルマが変わるのかというと、かかるお金が手段によって違うからです。
1日幾らという計算になり、およそ2千円から3千円が1日の交通費となります。
ある程度値段によりどれくらいのノルマ日数になるのか分かるので、 見てみましょう。

高速バスや深夜バスで1万円ほどの交通費になったとします。
上記で紹介した1日に支給される額を当てはめて計算すると、およそ4,5日です。
つまり、往復の勤務日数ノルマは4,5日となります。
飛行機を使用した場合の交通費を往復で5万円と仮定し、1日2千円から3千円に当てはめて計算してみましょう。
往復額を支給する際のノルマは20日から25日となり、片道分のノルマは10日となる計算です。

交通費を貰うために気をつけること

必ず領収書を貰う

領収書お店から交通費を出してもらうには必ず領収書がなければいけません。
これは風俗店だけではなく他の全ての仕事でも同じで、領収書が無い支払いは何があっても対応をしてもらえないのです。
口だけでは本当に仕事に関係があるのか、本当に自分で支払ったのかが怪しいため領収書を求められます

出稼ぎに行く場合はどうすればいいのかというと、行きの時点で往復分のチケットを購入し、その分の領収書を出してもらいましょう。
バスであれ飛行機であれ新幹線であれ、全ての乗り物は事前に往復分のチケットを買うことが可能です。
帰りに慌てて購入しようと思っても混んでいて買えない、というパターンもあるため事前購入がおすすめです。

また、往復分の領収書を手に入れるためにも行きに往復チケットを購入する必要があります。
帰りにチケットを買った時に帰り分の領収書を出してもらえますが、それをお店に郵送しなければならないのは面倒です。
わざわざ領収書を送り、お店からの振込を待たなければいけません。
時間と手間がかかるため、それならば事前に往復分のチケットと領収書を手に入れた方が楽なのです。

1日でもノルマを満たせないとアウト

交通費の支給は契約できちんと決められたものになるので、たとえ体調を崩して1日だけ休んだとしても日数が足りなければアウトになります。
どれくらいの日数を出勤するから交渉次第となりますが、何があろうと決められたシフトは全て出なければいけません。
やむ終えない場合以外は交通費のためにも出勤して下さい。

もし出勤日数ノルマが達成出来なかったとしても、片道分の出勤ノルマをクリアしていれば片道分は出してもらえます。
だからと言って、片道分の交通費だけ貰えればいいやと、わざと欠勤することだけはやめましょう。
どれだけ交渉したとしても1日でも出勤日数が足りなければ交通費は貰えない、それだは覚えておいて下さい。

まとめ

交通費は出稼ぎ対応をしているお店であればどんなに高額であろうと必ず出してくれます。
ただし、それぞれ出勤日数ノルマがある場合が多いため事前にきちんとお店に確認を取りましょう。
また、どのような交通機関を利用するのかもお店に伝えおいた方がいいです。

飛行機で向かい領収書も渡したのに振込額が高速バスだった、という事件がありました。
お互いに意思疎通を図ることが大切です。
手間をなくすためにも行く前に往復のチケットを購入し、忘れずに領収書をもらうようにて下さい。

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

第1位 Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

第2位 ミミロケ

LINE風で簡単操作の「ミミロケ」!

スカウト機能ありで、操作が簡単です。他の高収入求人サイトが「使いづらい」と思ったら、無料登録してみよう! まだ新しい求人サイトですが、今後に期待できます!

詳しく知りたい方はこちら

風俗全般
melodeoをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました