みなさん風俗店での源氏名はどのように命名していますか

風俗店で働く場合にまず面接時に聞かれる質問のうちの一つに源氏名の命名があります。
そもそも源氏名とは水商売や風俗、ホストなどの夜系のお仕事では必須アイテムと言っても過言ではありません。

なんで源氏名が必要?

夜系の業界全てにおいてよく言われているのは「本名で働くと夜から上がれない」一般の方にもわかりやすいように通訳すると、本名を使って水商売や風俗で務めると長い間その仕事を辞めることができなくなってしまう、という意味合いです。
中には風俗嬢として長く働いていきたいと思っている女の子もいるとは思いますが、なるべく早く風俗は切り上げて普通の仕事に就きたい、もしくは将来的には結婚したいと考えている女の子も多いからです。
なおキャバ嬢やホストも同様です。
これはあくまでもジンクスなので風俗で稼ぎ出す金額にゴールがありそれが終わったらキッパリと引退を決めている人の場合は大丈夫ですが、ジンクスを信じる人の場合は一応実名は避けたほうが心理的には安心かもしれません。

夜 街また夜の業界では源氏名という仮面をかぶった方がいい女優/男優になれると考える人も少なからずいます。
プライベートとお店でのキャラクターが全く違う人も多いですが常におもてなし接客をすることは人間ですから難しいですよね。
一般的な接客業なども全く同じことがいえますが誰でも表と裏の顔があります。
夜の業界は売り込む商品は本当の意味で自分自身です。
特に風俗の場合は本来不特定多数の興味がない男性とは共有しない自分自身の肉体を取引しているのですから、お店での自分作りの演出は大切です。
源氏名―たかが名前、されど名前、と言ったところでしょうか。

しかし一番重要な理由は安全面です。
本名で仕事をするとお客さんがたまたま友人の友人だったり、知人の友人だった場合「あの子風俗で働いているよ」と言われたり、最悪言いふらされてしまったりしますし、
本名を知っていることでSNSの友人の友人などにお客さんがいた場合身バレしてしまう可能性もネット社会では大いにありうるからです。
それだけでもかなり避けたい状況ではありますが更に最悪な状況も想定できるからです。
ここでいう最悪な状況とは本名で勤務してしまったばかりに、SNSなどを駆使して身元を判別しようとしたり、ストーカーしやすくなってしまう点です。
安全のために仮の名前をつけましょう、といったところです。

源氏名の決め方

ところで風俗嬢の女の子はお店に入店(働き始める、の意)する時どのようにして源氏名を命名しているのでしょうか。
源氏名はひらがなでもカタカナでも漢字でもOKです。
また名字の設定もするお店もあります。
ただし、お店によっては漢字で一文字の名前しかダメとか、外国人ふうの名前はダメなどの決まりがあったりもしますが、実際にお店に行くまでよくわからないと思うのであまり深く考えなくてもいいと思います。
基本的には特に決まりはないので自分が気に入った名前を店長さんなりマネージャーなりに提案してみるといいでしょう。

酒ただし、その名前がお店の子にすでに使われていた場合や、
「かな」という女の子が既に在籍しているのに「かなこ」にしたり、
「さゆみ」という子が既に在籍していて「さやみ」などの源氏名を提案するとややこしいからと却下されてしまいます。
お店の人もお客さんも勘違いしてしまうのでトラブルのもとになってしまいそうですよね。
そのお店のカラーというのも存在するのでギャル系のお店なのに「信子」とかにするとちょっと渋いかな…?と改名を求められたり、逆に面白いからいいよとOKがでる場合もあります。
また逆パターンで人妻系の風俗店なのに「キララ」とか「キャサリン」などの源氏名はお店のカラーに合わないと判断されることが多いようです。

また売れる子が多い傾向にある源氏名はちょっと華やかそうだけどよくある名前や、親近感のある名前です。
例えば、「ゆう」「あい」「りな」「りさ」「えり」「なつ」「もえ」「るい」「みさき」「さき」「まみ」「あゆ」「りか」「もも」「りお」「しおり」「あみ」「なな」
学生時代の同級生でもいるようなごくごく普通の名前ですよね。
しかもカワイイ印象もある名前でもあります。

酒風俗に限らずキャバクラ、スナックなどでもこういった源氏名を使う人は多く、
普通っぽい名前だからお客さんにも名前を気に入られる場合も多いようです。
とは言っても逆に思いっきり源氏名臭がする名前のほうが好き、という風俗嬢もいますし、名前がちょっと変わっていても本人が可愛らしくて接客が上手ければどんな源氏名を使っても売れますし、女の子のやる気がなくて態度も悪ければどんなに「いい感じの」名前を付けたとしても売れる事はありません。
どんな源氏名で働くかによってお客さんに与える印象は少しは変わることは間違いありませんが、結局は接客次第といったところです。

ですから風俗や水商売でも「それ絶対本名じゃないでしょ」みたいな源氏名の子や、「キラキラネーム調」のような源氏名の女の子もたくさん存在します。
一例を出すと「ここな」「あげは」「りおん」「しおん」「うらら」「かりん」「ここあ(心愛)」「みるく」「ノア」「モカ」「ぴいな(姫奈)」「あみん(愛ん)」「ぽえむ(星影夢)」「ぷりん(姫藻)」「きてぃ(姫星)」「なでぃあ(愛々)」…
近頃増えているキラキラネーム系の名前もここまで来るとせめて漢字にしないほうがお客さんに覚えてもらえそうです。

実際に風俗嬢で、みるくちゃんやかりんちゃん、ここなちゃんなどはちょくちょくいるのでちょっと変わった名前でも別に問題はないとは思います。
ただ名前映えというものもあるので、どちらかと言うと和風な顔なのに「エリーゼ」など外国人系の名前をつけるよりは「伊織」など日本人らしい源氏名にしたほうが名前のイメージと見た目がマッチしてお客さんにも認識してもらいやすくなるでしょう。
また中には、画数で名前を決める風俗嬢もいます。

漢字の画数によって金運が上昇したり、人気が上昇したり、仕事運が上昇すると言われています。
姓名判断も流派が沢山あり、画数の解釈の仕方が異なるので知識がないと正しい画数を導き出すのは難しいとは思いますが、気になる人は占い師などプロフェッショナルに画数をどうしたら仕事運がアップするのか、お店で人気が出るのかを聞いてみたらよいかもしれません。

そこまではちょっと…(人に風俗の源氏名をどうすべきかなんか説明するのは恥ずかしい)という人は書籍やネット上でも色々とソースが転がっているので自力で良さそうな名前を考えてみるのもいいかもしれません。
しかし頑張って考えても同じ名前の女の子が既に在籍していた場合はNGになってしまうので、候補を最低でも三つは用意したほうがベターです。
また、中にはお気に入りのホストくんの名前を拝借する風俗嬢もいます。

仕事とはあまり関係ないことですが、同じ業界で同じホストを指名している風俗嬢がいた場合に「ホスラブ」などで大いに叩かれることもあるので面倒なので辞めたほうがいいかもしれません。
(お客さんでホスラブを読んでるよ!という人は少ないかもしれませんが。)

自分で命名するか店長が命名するかどっちか

お店の判断なので「いいな」と思う名前があったらそれでいいか確認するのが一番良いでしょう。
なお特に何も浮かばない場合は店長の独断で勝手に源氏名を命名されることもあります。
何にしたらいいかわからない場合は風俗系の雑誌やウェブサイトで風俗嬢の源氏名の研究をして気になる名前をいくつか覚えておくと面接時に提案しやすくなるかもしれません。

オススメ風俗求人サイト

当サイトおすすめの優良風俗求人サイトを紹介します!

第1位 Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決めて! Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い風俗求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

第2位 ミミロケ

LINE風で簡単操作の「ミミロケ」! スカウト機能ありで、操作が簡単です。他の風俗求人サイトが「使いづらい」と思ったら、無料登録してみよう! まだ新しい求人サイトですが、今後に期待できます!

詳しく知りたい方はこちら

風俗全般
melodeoをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました