風俗で働く時の良い店・悪い店の判断基準は?デブスが在籍とか?

風俗で働こうと思ったとき、もし稼ぎたいと思うのなら、当然気にするべきはお店の選択です。
いくら女の子が頑張ったとしても、お店が流行っていなければお茶をひく可能性は十二分にありますし、最悪の場合は全く稼げないまま終わることになってしまいます。

しかし、働くときに大切なのは何も稼ぎだけではありません。
いくら稼げるお店でも、店員がひどかったり、贔屓が凄まじいお店だと、精神的苦痛によってストレスが溜まり、身体を悪くしてしまうこともあるでしょう。
そのまま治療のためにお金を使い、そして治療が終わって風俗に行きまたストレスを溜め……と、最悪の悪循環を生み出してしまう可能性すらあります。
では、どのようにすれば働いていい店、悪い店を見分けることができるのでしょうか。
ここでは、悪い風俗店に引っかからないように、良い店、悪い店の見分け方を紹介していきたいと思います。

おすすめ高収入求人サイトの紹介

Qプリ保証で祝い金10,000円面接交通費2,000円必ずもらえます!
そんな高収入求人サイトはQプリだけ!

それだけが人気の理由ではありません!
  • 女の子目線でサイトが作られているから店舗情報が詳しく記載されています!
  • スカウト機能があるから希望のお店から勝手にオファーが届きます!
  • Qプリ保証が使える!(やっぱりイチオシ!
Qプリで自分に合うお店を探してみよう!

Qプリの詳細はこちら

いい店・悪い店の見分け方とは?

お金良い店といえば、もちろん仕事が楽でたくさん稼げるお店でしょう。
逆をいえば、悪い店は仕事が厳しくて全然稼げないお店です。
しかしながら、当然のように良い店はほとんど存在しません。
逆に、悪い店はたくさん存在しています。
風俗で働くのならば、少なくとも悪い店には引っかからないようにしたいですよね。
よって、風俗で働くときは、下記のポイントに絞って働こうとしているお店を見てみましょう。

客向けホームページと求人内容に相違がないか?

どんなお店も、求人内容には良いことばかり書きます。
「ソフトなサービスで楽に稼げちゃう!」
なんていうのは、悪い店の常套句です。

まずは求人ホームページと、お店のホームページに違いがないか調べましょう。
例えば、「ソフトサービスで大丈夫」と求人ページでは謳っているのに、お客さん向けのホームページでは「過激サービスであなたをもてなし」などと書かれているのなら、そのお店のことは疑ったほうがいいかもしれません。

 店員の態度

面接や、電話での店員の態度はお店の良し悪しに大きく関わってきます。
もちろん、普段の勤務時間での精神的な疲弊具合にも関わってきますが、これは客入りにも関わってくるのです。
お客さんの気持ちになってみると、女の子と遊ぼうと電話予約をしてみたら威圧的な店員が出てきたことにどう思うでしょうか。
気の弱い人ですと、次に電話することも億劫になりますし、風俗以外にも性欲解消の手段が多数存在する昨今ですから、風俗にいく気が抜けてしまうかもしれません。
そういうわけで、店員の態度が悪い店はあまり良い店とはいえないでしょう。

在籍している女性

在籍している女性も、1つの判断基準になります。
例えば、デブスと呼ばれる、ふとましい女性だとか、一般的に見てあまり容姿の優れていない女性が在籍しているお店は、よほど安くなければ客入りが少ないでしょう。
そういった女性が在籍しているお店はリピートするお客さんが少ないので、結局稼げない可能性が高いのです。
不細工な女性につかれた男性は、よほどサービスがよくない限りは再訪しようと思わないでしょうし、当然ですよね。

女性なら誰でも採用するようなお店は、特殊なコンセプトを掲げているお店を除いて基本的に悪いお店といえるでしょう。
また、鬼出勤嬢が多い場合もあまり稼げないお店である可能性が高いです。
というのも、いつ見ても代わり映えのないホームページは、お客さんに飽きられてしまうからです。
一部の嬢が大量に出勤しているようなお店は、避けたほうが無難でしょう。

待機所やお店の状態

客室これはあらかじめ分かることではありませんが、体験入店をしてみたり、新人期間中に入ってみて、部屋の状態が悪い場合は決して良い店ではありません。
というのも、女性が多くの時間を過ごす待機所・お店が汚い場合は、女性の状態に関して無頓着な場合が多いのです。
お店にとって女性は大切な商品なのですから、その精神状態をケアするのもお店の仕事のひとつです。
それを悪い状態のまま放っておくお店が、良いお店といえるでしょうか。

そういう意味で、老朽化以外の理由で女の子がよく使う部屋汚い場合は、悪いお店と判断できます。
ソープなどは建物を立て直すことが出来ないため、どうしても建物が老朽化している側面があるからです。

サービスを行っているかどうか

頻繁に割引サービスを行っているお店は、客にとっては良いお店かもしれませんが、働く嬢からすれば良いお店とはいえません。
10分間割引サービスなどを行っている場合ですと、時間あたりの料金が安くなってしまう可能性もあります。
普段より長くお客さんと過ごしているのにも関わらず、バック金額は変わらないので、損をした気分になってしまうことでしょう。
サービスを頻繁に行ってるのは、そうでなければお客さんが入ってこない証拠であり、客入りにも疑いがあります。

講習があるかどうか

ソープで講習があるのは普通ですが、デリヘルなのに講習がある、といわれることがあります。
そのようなお店は特殊なサービスをしていたり、かなり厳しいお店であることが多いのです。
どんなことをしてもお金を稼ぐというのならいいかもしれませんが、出来るだけ楽に稼ぎたいという場合は後ろに引いたほうが懸命でしょう。

もちろん風俗店の講習ですから、無償で店舗の男性とプレイを行わなければならないわけですし、それが嫌な人は講習の有無も確認したほうがいいと思います。

出勤の管理体制

チェックリスト出勤や女の子の予定について、しっかりと管理しているお店はいいお店である場合が多くなっています。
逆にそのあたりが適当なお店は、表面上はいいお店かもしれませんが、その他衛生的な面の管理も適当な場合があり、そういう意味ではある程度きちんとした管理体制がしかれている場所のほうが安心できるのではないでしょうか。

しかし、一方で出勤しないような嬢に罰金を取るお店は悪い店でしかありません。
女性とお店は持ちつ持たれつの関係なのですから、女性から一方的に罰金を取り立てるのは、悪い店である証拠でしょう。

自分の容姿のレベルがお店の中でどれくらいか

お店に在籍している女の子と自分の容姿のレベルを見比べてみましょう。
普通ならば、明らかに自分よりも不細工な女性たちの中でトップに立ちたいと思うかもしれません。
しかし、それよりも、できるだけ美人の集う店に行ったほうが稼げる場合が多いと思います。
不思議なことに、店で一番ルックスのよい女性よりも、美人ばかりがいる店で一段劣るルックスであるほうが稼げるそうなのです。
もしかしたら、男性にとっては絶世の美女よりもずっと親しみやすいのかもしれませんね。

自分に合った店を選ぼう! 良い店・悪い店の判断基準まとめ

一般的な基準での良い店・悪い店の判断基準を書いてきましたが、場合によってはこれが絶対の尺度にならない場合もあります。
例えば、とにかくたくさん稼ぎたいという人にとっては客入りのよいお店のほうがいいお店でしょう。
しかし、ほどほどの状態でほどほどに稼ぎたいという人にとっては、あまりにも忙しいお店はあまり良いお店とはいえないかもしれません。

このように、どの店が良い店・悪い店なのかは人の価値観によって大きく変わってくるのです。
なので大切なのは、そのお店の趣旨が自分の目的と合致しているかどうかです。
もし不安なら、一度店長に尋ねてみてはどうでしょうか。
店長の態度次第で入店を決めるのもいいでしょうし、面接の段階で一度店長と顔を合わせたほうがいいかもしれません。

どんなにいいお店でも、普段接するスタッフが横暴ですとストレスにしかなりません。
自分のストレスに対する耐性なども含めて、一番いいお店を選びたいところですね。

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

第1位 Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

第2位 ミミロケ

LINE風で簡単操作の「ミミロケ」!

スカウト機能ありで、操作が簡単です。他の高収入求人サイトが「使いづらい」と思ったら、無料登録してみよう! まだ新しい求人サイトですが、今後に期待できます!

詳しく知りたい方はこちら

風俗全般
melodeoをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました