風俗嬢のみなさんは週に何日出勤しますか?鉄マンなら6日とか?

風俗は普通の仕事と違い、高額なお金を稼げるところが特徴的です。
そのため、これから風俗で働こうと思っている人はどれくらいで出勤すればいいのか、わからないこともあるでしょう。
そこで今回は、おすすめの出勤回数についてご紹介します。

おすすめ高収入求人サイトの紹介

Qプリ保証で祝い金10,000円面接交通費2,000円必ずもらえます!
そんな高収入求人サイトはQプリだけ!

それだけが人気の理由ではありません!
  • 女の子目線でサイトが作られているから店舗情報が詳しく記載されています!
  • スカウト機能があるから希望のお店から勝手にオファーが届きます!
  • Qプリ保証が使える!(やっぱりイチオシ!
Qプリで自分に合うお店を探してみよう!

Qプリの詳細はこちら

何日ぐらいがベスト?

カレンダー労働基準法では、1週間のうち多くても連勤は週6日までに定められています。
なので、がっつり稼ぎたい人は週6日でシフトを入れていますし、過去に入れたこともあるでしょう。
しかし、これはあくまでも普通のバイトの話。

普通の嬢は、多くても週4回から週5回のようです。
ただ、風俗一本で生活している嬢の中には、週6日働いている人もいます。
これは一般的に、鬼出勤と呼ばれています。
普通のバイトと掛け持ちするのなら、週2か週3、風俗一本で生活しようと思っているのなら、週5か週6のシフトを組んだほうが、ゆとりができるかもしれません。

鬼出勤とは?

鬼出勤とは、週6日間フルで働くことを意味します。
休まずに、真面目に働くことは、どの職種でも大切なことです。
ただし、鬼出勤すると、精神を病んでしまうといわれています。
好きでもない人とプレイをすることや、性感染症のリスクが上がってしまうことを考えると、病むのは当然のことなのかもしれません。
特殊な仕事だからこそ、精神的にも肉体的にも疲れてしまうのかもしれません。
鬼出勤を考えている人は、お金のためと割り切ってしまうのがベストです。

鬼出勤が向いていない人とは?

たくさん稼ぎたいのなら鬼出勤がいいという意見が多く見られた風俗ですが、中には鬼出勤が向いていない人もいます。
ではどんな人が向いていないのでしょうか?

別の仕事と掛け持ちしている人

風俗で働いている人の中には、昼間別の仕事や別の風俗店と掛け持ちしている人もいるでしょう。
そんな人が鬼出勤してしまうと、精神的にも肉体的にもボロボロになってしまいかねません。
風俗は、家計のほんの足しだと考えているのなら、鬼出勤は避けるようにしましょう。

粘膜が弱い人

業種にもよりますが、あそこの粘膜が弱い人は鬼出勤はあまりできません。
どうしても擦れる回数が増えると、痛みが出てしまい仕事ところではなくなります。
なので、本番をするソープや、本番OKにしているデリなどは、鬼出勤を考えてる人におすすめできません。
その状態で無理して働いてしまうと、性感染症になってしまう確率も上がってしまいます。
ピンサロやおっパブなど抜き専門の風俗店を選ぶのが賢い選択でしょう。

レア出勤で稼げている人

風俗の用語の中には、レア出勤と呼ばれる言葉もあります。
レア出勤とは、鬼出勤の反対の言葉で、たまにしか風俗店に勤務しない状態のことです。
場合によれば、数ヶ月に一回なんてこともあるようです。
あまり稼げないのでは?と思ってしまいますが、レア出勤をしている人は客から人気があるので、鬼出勤をしなくても楽に稼ぐことができます。
また、店からも特別待遇を受けられるので、普通の風俗嬢よりも稼ぎやすくなっています。
なので今、レア出勤で十分稼げているのならわざわざ鬼出勤する必要ないでしょう。

風俗の勤務体系とは

カレンダー基本的に風俗は、自由出勤となっています。
普通のバイトとは違い、自分でシフトを組めるのである程度融通を聞かせることができます。
しかし、中には自分の希望よりも多くの日数出勤してほしいと言われることもあります。

希望は週2回から3回なのに、気づいたら週6回、オーラス(オープンからラスト)出勤していたという風俗嬢もいます。
鬼出勤したくないのに、してしまうといつか精神的にも肉体的にも限界を感じてしまい病んでしまいます。
大抵そういう店は、風俗嬢の数が足りていません。
なので、シフトに融通を利かせたいのなら女の子がたくさんいる、大きい店に入店するようにしましょう。

生理休暇がある

風俗では、生理休暇というものがあります。
生理休暇とは、労働基準法では認められている正式なものではありますが、一般的な会社では、なかなか休んでいる人は見ないでしょう。
しかし、風俗店で生理休暇と言うと当たり前になっています。

風俗嬢は膣も商売道具の一つです。
その時に無理やり、客とプレイしてしまうと雑菌などが入り込んでしまい、炎症や病気を引き起こしてしまいかねません。
性病のリスクも上がってしまいますので、無理して出勤することやめましょう。
ただし、パンツを脱がない業種なら休む必要も無いでしょう。

当欠する人もいる

当欠とは、当日欠席するという意味です。
シフトに入っていたけれど、なんらかの理由で当日休んでしまうことです。
普通のバイトで、当欠してしまうと信用を落としかねませんが、風俗では、当欠が当たり前になっていることもあるようです。
しかし、そんなことをしてしまうと自分の評判は落ちてしまいます。
厳しい店だと、ペナルティーがある場合もあるので、よほど体調が悪くない限りは無理してでも、出勤するべきでしょう。

風俗の出勤時間について

時計風俗で働くためには、出勤時間も決めなければなりません。
出勤時間も人によってまちまちですが、風俗一本で生活しようと思っているのならなるべく長い時間、出勤した方がいいようです。
急病や生理などで稼げないことを考えると、長い時間出勤していた方がいいに越したことはありません。
ただし、毎日オーラスするのはあまりおすすめできません。
大抵の性病や炎症は、ストレスを溜め込んだときや、体の免疫力が落ちた時に発症しやすいです。
なので、毎日体を酷使していると、性病などを引き起こしやすくなります。
そうなると、よっぽど嬢の扱いが適当な店でない限り、出勤停止を言い渡されます。
せっかく頑張ったのに、稼げなくなってしまいますので元も子もありません。

貯金もしておこう

風俗で稼いでいるのなら、ある程度貯金もできるはずです。
もちろん人にもよりますが、一般の OLが 1年かかって貯金する額を、簡単に貯金できると言われています。
しかし、その分ホストなどに費やしてしまう人もいるようです。
何らかの理由で、お金が必要ならば貯金をしておくようにしましょう。
また、 普段から貯金をおくことによって、急病や出勤日が少なくなった時でも生活をすることができます。
借金を増やさないためにも、 日頃からコツコツと金を貯めておくことが大切です。

長時間出勤が向いていない人とは?

長時間出勤が向いていない人は、他のバイトと掛け持ちをしている人です。
無理してしまうと、精神的に病んでしまいまし、病気にもかかってしまうかもしれません。
そのなると病院代を余計に払わないといけなくなりますので、無理しないことが大切です。

また、長時間出勤していても待機時間が長すぎると、稼げないことに病んでしまうことがあります。
あまり稼げないと思ったのなら、鬼出勤でも時間を減らしてみるといいかもしれません。
毎日オーラスをするのではなく、短時間勤務をすることによって精神的にもかなり楽になれます。
その後に、別の仕事で働くことによって、お金の心配もなくなるでしょう。

まとめ

風俗は、普通の仕事と比べても破格のお金を稼げることが魅力的な仕事です。
しかし、体力的にも肉体的にも労力をかなり消費しまうので、自分の限界が分かっていないと、どん底まで病んでしまいます。
そうならないためにも、なるべく早い段階で自分のベストの出勤日と出勤時間見つけておきましょう。

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

第1位 Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決めて!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

第2位 ミミロケ

LINE風で簡単操作の「ミミロケ」!

スカウト機能ありで、操作が簡単です。他の高収入求人サイトが「使いづらい」と思ったら、無料登録してみよう! まだ新しい求人サイトですが、今後に期待できます!

詳しく知りたい方はこちら

風俗全般
melodeoをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました