デリヘルと箱ヘルはどちらが稼げる?比べて良し悪しはある?

デリヘルと箱ヘルの違い、良し悪しについて、どちらも経験してみて感じたことをお話ししたいと思います。
どちらが良いかの判断は、実際に働かれる方が「どう働きたいか」
何を優先し、どこを妥協するか」が基準になりますので、その参考になればと思います。

 デリヘルと箱ヘルの違い

一言に風俗と言いますが、風俗にもピンサロ、ヘルス、ソープランドなどいろいろな種類があり「ヘルス」とは、簡単に言えば口や手で男性をイカせる仕事です。
ソープランドは基本的に本番ありですが、「ヘルス」では本番はありません。
挿入はNGなので、あくまで口や手を使って・・・もしくは素股などの技を駆使します。
その「ヘルス」を「デリバリー」、つまりお客様指定の場所へ配達されて行うのがデリヘル。
箱の中、つまり店舗で行うのが箱ヘルです。

 デリヘルと箱ヘルの良いところ悪いところ

Good, Badデリヘルの方が、若干バック率が良い傾向があります。
店により様々ではありますが。
たとえばお客さんが20000円払ったとして、デリヘルだと12000円くらいは譲の給料としてもらえます。
箱ヘルだと10000円くらいになります。
ただし、デリヘルはお客さんの元への移動時間が必要になるので、その時間は無給になります。
箱ヘルは移動がないため、時給に換算すると結局あまり差はないかもしれません。
移動手段が店の車でドライバーさんが送迎してくれるなら無給とはいえ、移動時間が良い息抜きの時間になりますので、それはそれで良いものです。

ドライバーさんは女の子にいろいろ気を使ってくれますし、愚痴を聞いたりもしてくれます。
ホテルや自宅や店舗などサービスの「現場」から離れて、車に乗って移動していると
外の世界に出られていい気分転換になります。
男性店員の間でも、女の子たちは商品なわけですから、いろいろ接し方の決まりがあるようです。
とても労わってくれる方が多いです。

お客様は、お気に入りのデリヘル嬢を見つけると何回も指名してくれますので、
固定客が多ければ多いほど、楽してたくさん稼げます。
逆に、指名してくれるリピート客がいないと、出勤しても仕事がゼロということが起こります。
これが多いと、せっかく覚悟して風俗の仕事をしているにも関わらず、稼げないということになります。

最初はフリーのお客様ですが、その方たちが指名してくれるようになると、そのお客様が何を求めているか、何をすれば良いのかが分かって来ます。
そうなると、接客もラクになり楽しく働けるようになります。
デリヘルのお客様は、店というよりも個人につく傾向がありますので、良いお客様を獲得し維持していけるかどうかで、稼げる、稼げないが決まるかもしれません。
箱ヘルの場合は、コースの時間が比較的短く単価が安いので、本数をこなさなければ稼げない印象です。

ですが、お客様は店についていますので、フリーの客数は多いです。
固定客がいないと稼げないデリヘルに比べると、出勤すれば稼げると言えます。
こちらも固定客はいた方が断然良いですが、固定客が取りずらい方でも、稼ぎやすいかと思います。
お茶をひくことはないようです。
だた、一本に対する単価が低いので同じ金額を稼ぐために必要な接客の数が、
デリヘルよりも多くなります。

お金のんびり接客のデリヘルに比べると、稼働率が高く感じるかもしれません。
それほど広くはない店の中で、ひっきりなしに接客していると少し気が滅入るかもしれませんが、
何といっても箱ヘルは、その店舗の中という安心感があります。
トラブルがあっても、そばに店の人がいるというのは安心なのではないでしょうか。

店員がそばにいるからか、本番強要は箱ヘルの方が少ないです。
もちろんあるのはありますが、わりとあっさり諦めてくれます。デリヘルは、完全にお客様とデリヘル嬢の密室になるため、本番強要は当り前という風潮があります。(中にはわきまえていらっしゃるお客様も、たくさんいますが)
箱ヘルのようにコース時間が短く、することをやってさっさと終わり というあっさりな感じは気が楽ともいえるでしょう。
お店の回転さえ良ければ、それも良い点かなと思います。

箱ヘルの場合は、決まったコース40~50分で慌ただしく接客が終わり、それでおしまいですが
デリヘルは会ってみてロングに延長ということがたびたびあるので、その場合お得感がアップします。
デリヘルの場合は、いちばん短いコースで60分(それより短いコースもありますが、オーソドックスな最短時間が60分)それ以上のコースになると、お客様もあまりガツガツしておらず
まったり過ごすことだったり、いろんなおしゃべりを楽しんだり、一緒にお風呂に入ってじゃれ合ってみたりと、まるで恋人同士のように楽しい時間を過ごすことを望まれていたりします。

風俗で働くというと、底辺のイメージがありますが、雑な接し方をしていては、お客様も楽しくありません。風俗は立派な接客業だと思って、やりがいを持って働くといい結果につながります。
そうして掴んだロングのリピート客が、いちばんありがたいお客様になります。
デリヘルの場合慣れて来ると、派遣先へ自分の車で行くようなこともあります(自走といいます)

箱ヘルはお客様から出向いて来てくれますので、移動のことは気にする必要がなく、
服装も店で決まっているため余計なことに労力を使わなくて良いのがメリットです。
毎回、今日はどの服を着て出勤しようかと考えるのは面倒です。

ホテルもうひとつ。
デリヘルの場合、呼ばれた先が汚い自宅、ボロいホテルということがあります。
このときのガッカリ感が大きく、その場所で嫌でも時間を過ごさなければならない時はかなり苦痛です。
箱ヘルだと、必ず店なのでその心配はないですね。
デリヘルだと、ドアを開ける瞬間まで相手がどんな人なのか分からない状況でお客様のところに出向くので、フリーのお客様のときは もし知ってる人だったら・・等、不安が尽きません。

 まとめ

デリヘルと箱ヘルの仕事について、簡単にまとめて来ましたが、
どちらも良いところ、悪いところは同じです。

良いところもあれば、悪いところもあり、どちらが良いとも悪いとも言えません。
どちらを選んでも、大事なのはその仕事を選んだ側の仕事に対する気持ちです。
風俗では女性はモノとして扱われるようなイメージがありますが、意外なことにお客様もスタッフも、
ちゃんと女性を大事に扱ってくれます。
心を込めて丁寧に接客していれば、お客様のことで嫌な思いをすることはありません。むしろ、いろんな話が出来て、自分にとってプラスの経験を積むことが出来ます。
いつも差し入れを持ってきてくれるお客様がいたり、人との繋がりがあったかいと感じることもあります。

たった1~2時間のために大金を使ってくれているのだと思うと、ありがたいことだと思います。
もうひとつ、その業界で大事なことは「演じる」ことだと言われています。
癒しの女を演じることがとても大事なことなのです。
もちろん、どうしても気持ちが仕事に向かない時や、どうしても合わないと思うお客様、
プレイが苦痛に感じる時もあるでしょう。
あって当然です。

それでも、その感情をあからさまにしていると、仕事になりません。
演じましょう、演じることです。
常に、笑顔を心掛けて丁寧な気持ちで向き合っていると、仕事終わりに「今日もがんばった!」という爽快感を得ることが出来ます。箱ヘルもデリヘルも、とてもやりがいのある仕事だと思います。

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

風俗全般
melodeoをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました