風俗の客層で、池袋は昔は評判が悪かったけど今はどうなってる?

風俗で働くときに、その地域の客層の良し悪しは重要なことです。
客層が良ければストレスや疲労が軽く、稼ぎやすいからです。
逆に客層が悪ければ、どんなに稼げる店でも長くは続けられないでしょう。
池袋は昔から客層の悪い地域と言われてきました。

池袋=客層が悪いというのは風俗で働く者の常識だったのです。
「実際に池袋で糞客にあたったことはないけど、池袋の客層が悪いというのは知っている」そんな人もいるのです。
では、実際のところ池袋の客層は悪いのでしょうか?
そのあたりを解説していきます。

おすすめ高収入求人サイトの紹介

Qプリ保証で祝い金10,000円面接交通費2,000円必ずもらえます!
そんな高収入求人サイトはQプリだけ!

それだけが人気の理由ではありません!
  • 女の子目線でサイトが作られているから店舗情報が詳しく記載されています!
  • スカウト機能があるから希望のお店から勝手にオファーが届きます!
  • Qプリ保証が使える!(やっぱりイチオシ!
Qプリで自分に合うお店を探してみよう!

Qプリの詳細はこちら

実際池袋の客層は悪かった

いいえ池袋は「埼玉県民の土地」と呼ばれるほど、埼玉からの流入が多い土地です。
その理由として池袋の交通の便の良さがあります。
池袋には多くの路線が集結する交通のかなめであり、池袋駅の利用人数は一日250万人にのぼると言われています。
そんな池袋の風俗と客層について語るには、池袋の成り立ちから説明しなくてはいけません。

巨大なターミナル駅である池袋には1950年ごろから百貨店が立てられ、巨大な繁華街が生まれました。
その繁華街の中には当然風俗店も含まれていて、池袋の風俗は利用人口の多さから景気が良かったのです。
客入りがよくて稼げるお店が多いということで、風俗嬢も沢山呼ぶことができるようになりました。

ただ、池袋にできる風俗はすべて激安店だったのです。
なぜそうなったのかというと、原因は池袋の風俗需要にあります。
池袋の風俗に求められるのは、リーズナブルで手軽に遊べる店だったのです。
高級店などのサービスがほしい時は、新宿や吉原に行く人ばかりでした。
池袋で高いお金を出して、高級なサービスを受けたいという人はいなかったのです。

高級店に行くのなら、伝統的な風俗街なら外れないというイメージでした。
ネットがなく店ごとの情報が今のように普及していない環境では、そのようなイメージは揺るぎのないものでした。
そして「安く遊びたいのなら池袋」というイメージが、風俗業界や風俗で遊ぶ人全員が持つイメージだったのです。
そのイメージははネットが発達した現在でも変わることはありませんでした。
今でも池袋のソープやヘルスは激安店が多いです。
そして客層とお店のランクには密接な関係があります。
安く遊べる店には、それだけ悪い客層がつくのです。

安く遊べる店の客層は自然と悪くなる

悪化激安店にはがっついてくるお客さんが多いのです、これは地域に関係のない風俗業界の必然と言えます。
その理由はやはり金銭的な余裕でしょう。
ソープでいえば高級店のように、1回のプレイに5万円以上も払える人はやはり余裕がある人です。

激安店にしか行けない人は、やはり余裕はあまりない人が多いでしょう。
そして余裕がない人は、払ったお金の元を取ろうとします。
なので激安店にがっつき客が多いのは必然なのです。
また、激安店はバックが少なく、回転率で稼ぐ一面があります。
その分、一定数いる糞客に出会う可能性も高まるのです。
例えば高級店だったら一日2~3本ぐらいですが、激安店なら一日5本以上回すこともあります。

倍以上のお客さんと対面しているのですから、いろんな人に出会ってしまうのは仕方のないことでしょう。
つまり、池袋には激安店が多く、激安店の客層は悪いものなのです。
池袋=客層が悪いというイメージの正体はこんなところにあるのです。

さらに池袋のイメージが悪くなった理由

悪化「池袋ウエストゲートパーク」などのヒットで池袋にはギャングのような若者がたむろしているというイメージが定着しました。
そのようなことから池袋のイメージは悪化していったのです、それは現実とはかけ離れたものでした。

都民かそうでないかで人間はそんなに変わりませんし、治安の悪さもほかの地域とあまり変わりません。
でも悪いイメージは広まりやすく、記憶に残りやすいものです。
現実とは関係なく池袋に悪いイメージを持つ人が増えたのです。
そのような悪いイメージは風俗にも影響しました。
すなわち、池袋は客層が悪いというイメージです。
本当は地域に関係なく激安店には悪い客層になるのが自然なことなのです。
でも、池袋についた不当な悪いイメージがそんな「池袋の客層=悪い」というものを加速させました。

たとえば、普通に激安店で働けば、一定数の糞客に出会ってしまうはずです。
ほかの地域だったら「まあ、こんな客もいるよね」ということで終わってしまうでしょう。
ですが、池袋だと「やはり池袋だから客層が悪いんだ」と勘違いしてしまうのです。

このような悪いイメージを払しょくするのは容易なことではありません。
客層とは感覚的なものですし、データで統計を取るわけにはいかないのです。
いろんなお店で働いた風俗嬢や店員でもない限り、一度池袋で糞客に当たると「やはり池袋の客層は悪い」と決めつけてしまいます。
その勘違いを改めるには、地域全体で雰囲気を変える必要がありました。

区役所の新庁舎ができたあたりから変わった

2015年に池袋の豊島区役所が新しくなりました。
それに伴い池袋のイメージアップに地域全体で取り組んだのです。
その結果「住みたい地域ナンバー1」に池袋が輝きました。
池袋の持つ悪いイメージからの脱却に、大きな一歩を踏み出したのです。
さらに、ネットの発達によって状況は大きく変わりました。
情報は手軽に共有化されるようになったのです。

たとえば「池袋だから客層が悪い」と誰かがSNSで発言したとしましょう。
ただの愚痴です、でもそんな愚痴でもネットが発達しなかったときや「池袋ウエストゲートパーク」が流行っていたときは説得力があったのです。
今では「どこでも悪い客層はいるよ」と誰かがフォローしてくれるでしょう。
現実からかけ離れた悪いイメージが広まらなくなってきたのです。
区役所の新庁舎ができたことで、池袋の悪いイメージは説得力が無くなってきたといえます。

池袋だから客層が悪いということはない

お金 木池袋の風俗は客入りがよく稼げる地域です。
そして池袋の風俗店は、リーズナブルな値段で遊べるお店が多いのが特徴です。
それらソープやヘルスの激安店は回転率で稼がなくてはいけません。
そして回転率が高ければ、それだけ糞客に出会う確率も上がってきます。

もう「池袋だから客層が悪かった」というのは死語と言えるでしょう。
客層に影響するのは、地域よりも別のことです。
一番は店のランク、激安店だから客層が悪くなるということです。
安く遊びたい人は、あまりゆとりや余裕がなくがっついてくる傾向にあります。
さらに激安店はバックが少なく、そんなバックでがっついてくる客の接客をするのは疲れることです。
疲れた状態で、さらに糞客を接客するのは悪い思い出としていつまでも記憶に残ります。

そんな悪い思いでが積もり積もって「池袋=客層が悪い」となってしまうのです。
つまり客層が悪いのは地域のせいではありません、店のランクによるものです。
きちんとリフレッシュして悪い記憶を忘れるか、同じくらいいい客層のお客さんのことを覚えておきましょう。
そうすれば池袋の悪いイメージは払しょくされるはずです。
インターネットの発達した今、池袋だから客層が悪いというのはナンセンスなことと言えるでしょう。

まとめ

池袋は巨大な繁華街と流入人口を持つ巨大なターミナル駅です。
治安が悪いイメージは過去のものになり、とても働きやすくなりました。
池袋だから客層が悪いというイメージは過去のものです。
客層は地域ではなく店のランクによることが大きいのです。

どうしても糞客は一定数いるので、当たったときは割り切って接客しましょう。
そして店員にNGにしてもらいましょう。
そうすれば、池袋はとても稼げる地域と言えます。
客層に不安になる必要はありません、池袋でガンガン働いてガッツリ稼ぎましょう。

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

第1位 Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決めて!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

第2位 ミミロケ

LINE風で簡単操作の「ミミロケ」!

スカウト機能ありで、操作が簡単です。他の高収入求人サイトが「使いづらい」と思ったら、無料登録してみよう! まだ新しい求人サイトですが、今後に期待できます!

詳しく知りたい方はこちら

風俗全般
melodeoをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました