風俗嬢は病む仕事。脱法ハーブでもやらなきゃ接客やってられない

風俗で働いている女の子ってうつになったり精神的にヤバイ子が多いというイメージを持っていませんか。
掲示板などを見ても脱法ハーブでもキメてブリった状態でないと仕事なんてやってられないなんて書き込みが見られます。

ここまで精神的に辛い仕事ならやりたくないと思うのは当然ではないでしょうか。
風俗嬢になると脱法ハーブが必要なくらいに精神的に参ってしまうというのは本当なのでしょうか。

おすすめ高収入求人サイトの紹介

Qプリ保証で祝い金10,000円面接交通費2,000円必ずもらえます!
そんな高収入求人サイトはQプリだけ!

それだけが人気の理由ではありません!
  • 女の子目線でサイトが作られているから店舗情報が詳しく記載されています!
  • スカウト機能があるから希望のお店から勝手にオファーが届きます!
  • Qプリ保証が使える!(やっぱりイチオシ!
Qプリで自分に合うお店を探してみよう!

Qプリの詳細はこちら

必ず病むという誤解

風俗の仕事をすると、カラダを使って性的なサービスをし、その対価にお金をもらうといった特殊な環境からどうしても精神面を病んでしまうというイメージをお持ちの方は多いのではないでしょうか。
しかし現実的には正常な精神面の持ち主が風俗業界で働き始めたからといって、脱法ハーブなしでは風俗嬢としてやっていけない状態なるとは限らないのです。
よくあるパターンとしては、そもそもが病んでいる状態で風俗嬢を始め、さまざまな苦労や精神的な負担がかかってより悪化してしまったというケースです。

つまり風俗嬢をしたからといって、必ず脱法ハーブなどに手を出さなければならないほどに精神面を病んでしまうということはありません。

どんな仕事でも精神を病む人は病む

泣く風俗嬢=特殊な仕事=精神を病む。あまり事情をご存じない方はこのような固定観念を持ってしまうもの。
しかしどんな仕事をしていても、心を病んでしまう方はいますし、他人から見ると人生を終わらせてしまった方が楽なのでは?と思えるような苦境に立たされていても、へっちゃらな方もいらっしゃいます。

ごくごく普通のサービス業や営業職でもコミュニケーションを取ることが苦手であるため、辛いと思う人もいれば単純な流れ作業が精神的に苦痛だと感じる人だっています。
ずっと文化系の環境にいた方が入ってみた会社がゴリゴリの体育会系でその社風が全く合わず心を病んでしまうケースだってあり得ます。

要は人それぞれに合う合わないというものがあったり、心が痛いようなことやストレスにさらされても、それを心の中に溜め込まず、上手に解消することができる人間かどうかに掛かってきます。
つまりどんな職業であれ、本人の受け止め方次第、溜まったストレスの解消ができるかどうかによって精神を病む病まないといったことは決まってきます。

まして友達などから勧められ、合法はもちろん違法なハーブや薬物などに手を出してしまうのも、その人次第ということになります。
風俗嬢でも仕事にやりがいを感じてポジティブに取り組んでいる女性やストレスを上手に解消して高い報酬を稼いでいる女性は沢山いるのです。

精神的に病むとはどういう状態?

メンヘラだとかうつで引きこもりなんてことは簡単に皆さん口にしますが、精神的に病んでいるかどうかというのは、どういう状態になった場合を指すのでしょうか。
精神を病んでいると表現される代表的なものといえば、やはり「うつ病」ですね。
うつ病とみなされる状態としては、何事に関しても関心や興味を抱くことができずやる気が起きないといったこと。

泣く仕事はもちろん、外に出る気持ちや食事をしようとするような意欲すら起こらず、この状態が一日中続くという状態。
なかなか眠ることができないため、朝方などに眠くなり、そのまま睡魔に負けて寝て遅刻などを繰り返す。
食事を摂ることが出来ないなどが挙げられます。

上記に紹介したような症状がほとんど毎日起き、約2週間程度続けていると「うつ病」と診断されることが多いようです。
生きていれば何もする気がおきない日が1日や2日あっても不思議ではありません。

そういった状態でもしっかりと食事をとれているようなうつ病である可能性は限りなく低いです。
ですから、必要以上に精神疾患を疑うのはやめるべきです。
なぜならば誰でも最初はぷちうつ病状態から始まるから。
その状態から勘違いだと判断してストレス解消などリフレッシュをすれば、うつ病になることはありません。

ぷちうつ状態から、もしかしてうつなのかも?と思い込み、やばいやばいとどんどんとネガティブな感情になってしまうからこそ、本当のうつ病に発展し、本格的に病んでしまうことになるのです。
本格的に病んでしまい、合法だろうと違法だろうと薬物やハーブなどの禁断のアイテムに助けを求めてしまう状態になってしまうのは、嫌(けん)と言われる不快感や不安感、そして恐怖心といったネガティブな感情に背中を押されてしまうから。
これをしっかりと覚えておきましょう。

ヤバくなったらリフレッシュする

うつ病などのいわゆる「病んでいる」状態になってしまうのは、どんな職業でも同じでその人次第。
その上で原因は嫌といわれる「嫌なことが積み重なってしまった」ことによって引き起こされます。
ですから、嫌なことを積み重ねなければ問題がないということです。
そのためには嫌なことが起こっているなと思ったときには、リフレッシュを図ることが重要なのです。

プチ旅行をしてみる

旅行リフレッシュ方法の一つとしておすすめなのはプチ旅行をするということです。
風俗の仕事で辛い重いが積もってしまったのであれば、近場などでいいのでプチ旅行をして温泉などを楽しむのもおすすめです。
風俗嬢の場合なら夏休みや冬休み、GWやお盆、年末年始などどうしても女の子が少なくなる時期であれば、小旅行がてら出稼ぎに行くことも可能です。

予めリサーチし、リゾート地であるかどうか。
また客層やお客の質といったものもリサーチするとリフレッシュがてら稼ぐことも可能です。

ショッピングで発散

風俗嬢であれば一般の仕事をしている女性よりも、ある程度に豊富な経済力を持っている方が多いでしょう。
ある程度の経済力があるならショッピングをすることでもストレスを発散できます。

洋服やバッグなどの装飾品。
特にメイク道具やコスメ商品などは風俗の仕事にも役立つものですからおすすめです。
買いたいものが買えないということはほとんどないでしょうから、嫌なことなどは忘れて思い切りショッピングに集中することがポイントです。

毎日できるストレスケア

前述に紹介したストレス解消法は、ある程度の長い時間がないと実行に移すことは難しいものです。
できれば嫌なことがあった場合には、その日の内に解消するのが一番です。

アロマでリラックス

アロマ風俗嬢の中でも意外と行っている方が多いストレス解消法がアロマです。
スタンダードなものだとペパーミントやラベンダーといったもの。
寝る前はもちろん、バスルームでも寝起きなんかにも用いられています。

頑張ったことが確認できるものを

風俗の仕事は誰にでもできる仕事ではありません。
自分が頑張っていることを一目で分かるような工夫をしましょう。
それは「貯金」をすること。
日々に増えていく貯金額を見ていれば、特殊な世界において自分は努力をし頑張っていることを目で見て実感することが出来ます。
ご褒美として何かを購入するのも良いですが、散財しすぎて貯金額がゼロでは悲しすぎますよね。

まとめ

風俗嬢になれば、精神を病んでしまい、脱法、合法に関わらず、ハーブや薬物に逃げてしまうほどにキツイ仕事というイメージをお持ちの方は多いもの。
しかし現実的には、もともと精神疾患がある方やストレス解消を知らない女性がなるケースになります。
また、風俗のみならず今の仕事が自分に合ってなかったり、どうしても溜め込んでしまう体質の方なら誰でも病んでしまう可能性があります。

風俗嬢として働き、精神を病んでしまわないためには、上手なストレス解消法を見つけ、日々の「嫌」を溜め込まないようにしましょう。

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

第1位 Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決めて!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

第2位 ミミロケ

LINE風で簡単操作の「ミミロケ」!

スカウト機能ありで、操作が簡単です。他の高収入求人サイトが「使いづらい」と思ったら、無料登録してみよう! まだ新しい求人サイトですが、今後に期待できます!

詳しく知りたい方はこちら

風俗全般
melodeoをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました