指名取るために、風俗でもお客さんに営業メールはした方が良い?

風俗で稼ぐには指名の数がポイントで、指名数が多ければ多いほど儲かるシステムになっています。
そのため、指名をしてくれるお客さんを増やそうと努力をしている嬢は、営業メールを送っていることがあるそうです。

おすすめ高収入求人サイトの紹介

Qプリ保証で祝い金10,000円面接交通費2,000円必ずもらえます!
そんな高収入求人サイトはQプリだけ!

それだけが人気の理由ではありません!
  • 女の子目線でサイトが作られているから店舗情報が詳しく記載されています!
  • スカウト機能があるから希望のお店から勝手にオファーが届きます!
  • Qプリ保証が使える!(やっぱりイチオシ!
Qプリで自分に合うお店を探してみよう!

Qプリの詳細はこちら

風俗における営業メール

きっかけ作り

風俗では厳密に言うと営業メールというものはありません。
キャバクラであればお店から、営業メールで客と連絡をとれ、アドレスやLINEを交換しろ、活用して会話しろと言われます。
お客さんを呼び込むための必須テクニックとなっているので、キャバ嬢は寝る間も惜しんで本指名客に営業メールをひたすら送信するのです。

風俗嬢はキャバ嬢ほど営業メールを送る必要はなく、送らなかったからといってお店から怒られることはありません。
強制されているわけではないからです。
嬢によっては営業メールを送っていない人もいます。

ナンバー嬢は営業メールを送っていることが多いそうです。
理由は、送らなりより送った方が、お客さんにとってお店を訪れる何かしらのきっかけになるからでしょう。
意外にも営業メールを喜ぶ風俗客は多いです。
営業メールのテクニックさえ理解していれば本指名客は通ってくれます。

給料の額を増やすための手段

給料営業メールを送ることでお客さんからの指名数が増える可能性があり、もし増えたら稼ぎも増えることになります。
指名の数だけどんどん手取りが増えていくため、風俗嬢からしたら万々歳でしょう。

指名数と稼ぎが増えたことにより、お店から目をかけてもらえるようにもなります。
お店からしたら売り上げが良い風俗嬢は大切な存在なので、少し贔屓して推してくれるようになるかもしれません。
お店側の配慮によりバック率が上がることも。
本指名が増えれば増えるほど良いことばかりなのです。

お客さんを選んで営業メールを送る

全てのお客さんに営業メールを送る必要はありません。
このお客さんはメールを喜ぶタイプ、逆にこのお客さんはメールを面倒だと思うタイプ、と事前に見極めておく必要があるのです。
また、仕事用とはいえ、メアドやLINEを教えてもよさそうな相手、駄目な相手を理解しておくことが大切です。

お客さんのほとんどはメールをもらったら喜ぶパターンが多く、露骨な営業メールでなければお店を利用してくれると思います。
メールが面倒だと思うお客さんは、事前にメールはいらない、と伝えてくれると思うのでそれに従いましょう。
無視して営業メールを送ってしまうと悲惨で、嬢を指名してくれなくなるかもしれないのです。

メアドやLINEを教えも良さそうな相手の見極めは簡単です。
お客さんの方からメアドを聞いてこない場合は、嬢の方から連絡先を聞いて下さい。
客自身から聞いてこないということはしつこいメールを送ってないはずです。
風俗客の方からしつこく連絡祭を聞いてくる場合は注意が必要で、店外デートや食事と彼氏を気取り様々な面倒なメールを送ってくるパターンが多いため危険です。

営業メールのコツ

写真を付ける

写真本文だけのメールを送るだけでも良いとは思いますが、そこに写真を付けるだけでお客さんからの反応はだいぶ変わります。
写真も送ってくれるほど自分のことを気に入ってくれている、と思わせる効果があるのです。
とはいえ、適当な写真ばかりを送っていても意味はないので、写メブログに載せるような多少凝っている写真にしましょう。
そこら辺の風景や物を撮影した写真を付けてもまったく意味はありません。
本文にリンクしているような写真にして下さい。

どのような写真がおすすめかというと、手料理はかなりおすすめで、普段自炊をしない人でも写真のために何か料理作ってもいいと思います。
おすすめの理由としては、メールでの話題作りや話を広げられること。
繰り返しメールをやり取りしているとそのうちに話題が尽きてしまい、返信が面倒になってくると思います。
そのような時に手料理の写真を付けることで話に花を咲かせられるのです。

手料理の他に自撮りもおすすめです。
新しい化粧方法をした自分や、美容院後の自分など、普段とは違う自分を見てもらうようにしましょう。
普段と同じ自分の自撮りを送っても反応に困ると思います。
新しくランジェリーを購入した、という風俗嬢だからこそ可能な少し過激でエロを感じる写真も効果的です。

?を付けた疑問文を使う

質問話を盛り上げたり、返信してもらうようにするためにも「?」を使用して下さい。
ただ、あまりに乱発してもくどいだけになるので、理想は1つのメールに1つになります。
お客さんが返信したくなるような疑問文を考えてみて下さい。

お客さんの名前を書く

必ず1回は文中にお客さんの名前を入れてあげてましょう。
それだけでお客さんは喜びます。
何回も入れると文章がおかしくなってしまう可能性があるため、適度な数を入れれば大丈夫です。

NGメール

来てほしい時にだけメールをする

普段はまったくメールを送らないにも関わらず、稼ぎたい時にだけ営業メールを送るというのはいけません。
ノルマや稼ぎのために必死なことは分かりますが、普段何も連絡をよこさない嬢が送信してきてもお客さんとしては複雑な気持ちになります。
喜ぶお客さんもいますが、だからといって期待通りにお店に来てくれるかは微妙なところ。

ピンチな時にお店に来てもらえるように普段からメールをやり取りする必要があります。
キャバ嬢みたいで面倒だと思うかもしれませんが、1日に1,2通でいいので少しくらいはメールでやり取りしておきましょう。

お店に来て欲しい時に送るメールの内容も重要で、露骨な営業メールは避けた方がいいと思います。
「暇だからお店に来て」というストレートな内容はNGです。
会いたい、遊びたいという言葉を選んで送信して下さい。

コピペメール

メール本指名客が多ければ多いほどメール作成が面倒になり、1通1通の内容を考えて打ち込むのが大変だと思います。
そのため、たまにコピペメールを送信している風俗嬢がいますが、それは避けた方がいいでしょう。
毎回本文が同じだとバレますし、いくつかパターンがあったとしもと使い回しをしていたらいつかはバレます。
名前を修正し忘れたりすることもあるのです。

コピペの利用は構わないので、バレないように細心の注意をして下さい。
お客様の名前をきちんと修正しているか、短いスパンで使い回しをしていないかど確かめてから送信しましょう。

本文の内容が要件だけ

メール内容が要件だけだと素っ気ないためお客さんは微妙な気持ちになります。
「暇だからお店に来て」という本文だけだとあまりにも寂しすぎます。
せめて世間話など雑談も少しは書いて下さい。

長文

先ほど紹介した通りに要件だけだと寂しすぎるからといい、あまりにもメール内容を書きすぎてもいけません。
長文になり、読む方からしたら非常に面倒くさいです。
適度な長さにして下さい。

まとめ

風俗嬢にとって営業メールは稼ぐための手段となるのでキャバ嬢ほどとは言いませんが、ある程度お気に入りのお客さんには送信しておいた方がいいでしょう。
ただ、あまりにも露骨すぎる営業メールは嫌われてしまうため、普段から雑談を交えつつやり取りする必要があります。
営業メールでお客さんからの指名数を増やすことにより売り上げが上がり、お店から期待されるでしょう。
ナンバー入りするための方法でもあるので、可能ならば常日頃からお客さんとは営業メールでやり取りしておきたいですね。

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

第1位 Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

第2位 ミミロケ

LINE風で簡単操作の「ミミロケ」!

スカウト機能ありで、操作が簡単です。他の高収入求人サイトが「使いづらい」と思ったら、無料登録してみよう! まだ新しい求人サイトですが、今後に期待できます!

詳しく知りたい方はこちら

風俗全般
melodeoをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました