ロングコースは嬉しいけど風俗客と150分は苦痛じゃない?

風俗はプレイできる時間が限られています。
業種によって様々ですが、例えばピンサロは30分から、ヘルスなら60分、ソープなら90分というように最初にプレイ時間を選択してもらうシステムになっています。

とはいえ額面通り全ての時間を接客してもらえるわけではありません。
業種によっては着替えや後片付けの時間も含まれているため、実質プレイ時間はもっと少ない計算になります。
フリーで入った風俗で、緊張していたり、酔っ払っていたり、お客さんの中にはイクのに時間がかかってしまうケースがあります。

そうなると予定されていた時間内に射精できず、満足できなかったりします。
そんなお客さんのために延長やロングコースも存在するわけです。
お客さん目線であれば、たまに訪れる風俗は女の子と楽しく会話しながら過ごせる夢空間です。

ただ風俗嬢の中には、同じお客さんと長い時間相手にしなければいけないことがたまらなく苦痛だったりする場合があります。
今回は風俗サービスにおける過酷な延長とロングについて女の子の本音と解決策を探っていきましょう

おすすめ高収入求人サイトの紹介

Qプリ保証で祝い金10,000円面接交通費2,000円必ずもらえます!
そんな高収入求人サイトはQプリだけ!

それだけが人気の理由ではありません!
  • 女の子目線でサイトが作られているから店舗情報が詳しく記載されています!
  • スカウト機能があるから希望のお店から勝手にオファーが届きます!
  • Qプリ保証が使える!(やっぱりイチオシ!
Qプリで自分に合うお店を探してみよう!

Qプリの詳細はこちら

延長サービスの長所短所

置時計
延長とはプレイ終了までの時間を伸ばしてもらうサービスです。
後ろが予約済みならできません。

延長の嫌なところ

延長されるデメリットは、予定外の時間追加にともない接客スケジュールが狂うことです。
風俗嬢は時間を逆算してサービスを考えています。
延長されることでタイムテーブルが狂わされ、やることがなくなってしまう女の子は少なくありません。

また、想定外のサービスによる疲労もあります。
マラソンで例えると、10km走ると思ってた状態から終盤さらに2km追加されるようなものです。
あらかじめ12km走ると想定したのと違い、肉体的、精神的な疲労が伴います。

延長の良いところ

一方延長されるメリットはもらえる料金が割高になることです。
てっとりばやくお金を稼ぎたい女の子としては、もらえる金額が増えるので少し得した感じがあります。
また、イった直後の賢者モードのお客さんなどは女の子と会話したい目的で延長をすることがあります。
この場合、体を使わず喋ってるだけでお金が稼げるので非常に楽な仕事といえます。

ただし、会話が楽だというのは誰にでもあてはまるわけではありません。
風俗嬢の中にはロングコースやベタベタ延長が嫌いでショートしかやらない女の子も存在しているのです。

客との会話が苦手な風俗嬢

会話
匿名で風俗嬢に伺ってみました。
「まず延々説教してくる客と同じ空間に居続けるのが無理、こっちはコミュ障だからこの仕事やってんの」
一見、少ない時間内、低単価で急かされながら接客するより、高単価で時間に余裕を持ってダラダラ会話しながら接客するほうが楽なように感じます。

ところがこれはイメージであり、風俗嬢の性格によっては楽ではないのです。
なぜならタチの悪い風俗客の中には説教じみた会話が好きな人達がいるからです。

このようなお客さんは大抵お酒がはいっています。
気が弱い性格の風俗嬢を指名してネチネチと質問をし、プライベートのことを根掘り葉掘り聞いたり、無視すると説教されたりするのです。

こうなると会話が好きな女の子でもキツいです。
お金をもらってる以上時間まで一緒の空間にいなければなりません。
例えるなら酒癖悪い大嫌いな上司に無理やり付き合わされる部下のようなもので、気持ちいいものではありません。

人気嬢になると風俗客の扱いが上手いので、軽くいなしたりすることができますが、コミュ障風俗嬢となるとそうもいきません。
煩わしいお客さんの対応が下手ということもあり、露骨に嫌がる態度をだして執拗に絡まれてしまい、お店を辞めてしまうケースまであります。
残念ながらそういったお客さんに限って延長申し出てくるのが厄介なところです。

一緒にいるのが苦痛なお客さんに遭遇した時の対処法

「後ろが詰まってる」など適当な演技をして帰ってもらいましょう。
また、延長を断ると怒るお客さんもいるため、30分くらいたった時点でつたえたできない旨を伝えたうえで、とにかくプレイに集中させましょう。

わざと塩対応な地雷接客をして時間を潰すというのもありますが、露骨にやりすぎると火に油を注いでしまいアンケートやネットの中傷など報復されることもあるので注意が必要です。

ロングコースの長所短所

時計
一方ロングコースです。
何分からをロングと呼ぶかはお店や地域によって様々です。
90分以上からをロングということもあれば、150分からをロングと定義することもあります。
6時間以上のコースがあるデリヘル目線だと120分程度はショートの範囲かもしれません。

ロングコースのいいところ

ロングコースのメリットは自分のサービスに自信がもてるということです。
お客さんは顔や接客が未知数の風俗嬢相手にいきなり長時間指名することはあまりありません。
接客サービスや容姿が気に入った女の子だからこそロングコースで本指名されるわけです。
従って、自分の接客や容姿が相手に気に入られてるんだな、と嬉しく思う女の子が多いのです。

それとやはり、お金が稼げるメリットです。
料金も高く、風俗嬢へのバックが大きいです。
接客内容もエッチ以外は会話したりダラダラすごし、ラブホテルならテレビや食事するだけで時間が過ぎていくので、コミュ力の高い女の子にとってはとても楽に稼げるサービスといえます。

ロングコースの嫌なところ

デメリットは延長以上に長時間お客さんと一緒の空間を共有しないといけないことです。
店によってはダブル、トリプルと数時間単位で設定できるので、時間内に何度もプレイをこなさなければいけません。
ロング嫌いな女の子はこの長時間の接客を嫌います。

肉体的な辛さより、恋人でもない風俗客相手にイチャイチャべったりくっついたり、会話しなければいけない状況が苦痛なのです。

効果的な会話方法とは

Ok
「気難しいオッサンの自慢話を延々聞かされるのマジ苦痛、質問ばっかされるのも嫌だけど」
風俗客にかかわらず、男性は女性の前で自慢話をしたり自分を大きくみせようと見栄を張りたがるのは仕方のないことです。
まともにとりあうと疲れるし、かといって塩対応すると機嫌を損ねてしまいます。

ではどうしたらいいのでしょう、こういう場合効果的な話し方があります。
それはオウム返しをすることです。
客「先日香港行ってきてさー」
嬢「え~香港ですかー!」
客「そこでパスポート落としちゃって」
嬢「パスポートを?」
このように、相手の言ったセリフを返すだけでいいのです。

喋った相手は気の済むまでしゃべり続けてくれます。
余計な力を使うと疲れるので、多少驚いたり、興味があるような表情をして相手の力を相手に跳ね返す。
無駄な会話は避け、相手を気持ちよくさせて延々喋らせてあげましょう。
これはキャバクラなどでよく使われる接客テクニックです。
会話上手な人=聞き上手ということをおぼえておいてください。

また、プライベートなことをズケズケ質問してくるウザい風俗客に対しては「架空の自分設定」をあらかじめ作っておくといいでしょう。
例えば小説家などは人物描写を深めるために「登場人物の履歴書」を作ってキャラクターを練り上げます。
これを活用するのです。

あらかじめ全く違う自分の生い立ちを履歴書を書けるくらい細かく設定しておくと、咄嗟の質問にも自然な形で返答することができます。

まとめ

人気嬢はなにげない会話でも相手を気持ちよくさせることができます。
コミュ力は容姿と違い、コツをつかめば誰でも向上させることができるのです。
もし自分の容姿やエッチのテクニックに自信がない場合、「一緒にいるだけで楽しい」と思われるようにコミュ力を磨くと稼げる風俗嬢になれるはずです。

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

第1位 Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

第2位 ミミロケ

LINE風で簡単操作の「ミミロケ」!

スカウト機能ありで、操作が簡単です。他の高収入求人サイトが「使いづらい」と思ったら、無料登録してみよう! まだ新しい求人サイトですが、今後に期待できます!

詳しく知りたい方はこちら

風俗全般
melodeoをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました