講習は必要だと思う?ない風俗店で働くのが良いのかな?

風俗は接客業でもあるので、そこで働く女性は接客の仕方を学ばなければなりません。
そのために催されるのが講習です。
しかし何はともあれ風俗なので講習内容は当然、性的なことをやらされます。
だからその必要性を疑う女性も居るでしょう。
「店長がただやりたいだけなんじゃないの?」とストレートに不満を口にする風俗嬢も居るくらいです。

本記事では、風俗における講習の必要性を考えてみたいと思います。

おすすめ高収入求人サイトの紹介

Qプリ保証で祝い金10,000円面接交通費2,000円必ずもらえます!
そんな高収入求人サイトはQプリだけ!

それだけが人気の理由ではありません!
  • 女の子目線でサイトが作られているから店舗情報が詳しく記載されています!
  • スカウト機能があるから希望のお店から勝手にオファーが届きます!
  • Qプリ保証が使える!(やっぱりイチオシ!
Qプリで自分に合うお店を探してみよう!

Qプリの詳細はこちら

雇用形態的に風俗嬢は講習を受ける義務は無い。

いいえ
まず初めに知ってもらいたいのは風俗嬢にとって講習は、新入社員が受ける研修とは違い受ける義務が無いということです。
このことは雇用形態を考えてみれば分かります。
よく「出勤日や時間帯は完全自由!」なんて風俗店の求人広告に書いてあるのを見かけますよね。
普通、社員だったらそんな勤務形態が認められるわけがありません。
つまり、風俗嬢はお店の一員ではあっても「社員」ではないのです。
むしろお店側がサービスのために業務を委託している「フリーの仕事人」と言ったほうが適切です。
従って、お店が開く講習に参加するかしないかは、理屈の次元では、風俗嬢にとって自由選択の話となります。

しかし参加せざるを得ない。

しかし、合法的であれば何をしても良いというわけではないのと同じ様に、むしろ「円滑な職場関係」を作るため、風俗嬢といえども研修(講習)に参加しなければならないでしょう。
では講習に参加する必要性は、具体的に言ってどんな事項において見出されるのでしょうか。

接客全般・仕事の流れ

まず、お店で何をやるのかを知らなければなりません。
基本的なことでしたら書類を読む程度で分かるかも知れませんが、男性客に対面してからプレイに入るまでには細々とした物事を処理しなければならないとも言えます。
例えばヘルスでしたらフロントに連絡を取らなければならないですし、ソープでしたら男性客をプレイ部屋まで誘導するのも立派な仕事です。
その際、笑顔で男性客の緊張をほぐさなければならない一方で、エロチックなムードを作り上げるのも重要です。
こういったことは自己流で身につけられる部分もありますが、講習においてスタッフから客観的に矯正してもらう必要もあるでしょう。

フェラ

フェラ
しかしより講習の必要性が切実に思われるのはプレイ実技に違いありません。
風俗の世界に入る多くの女の子が既に十分な性体験を積んでいることが多いですが、中には右も左も分からないウブな女の子も居ます。
お金だけのためにこの世界に飛び込んで来てしまったのですね。

そういったウブな女の子は、さすがに処女ではないでしょうがただ捨てたというだけで、ひとつひとつのテクニックが全然未熟である可能性が高いです。
そういう場合一番危険なのがベーシックな技ですけれども、フェラチオです。

性体験が少ないためにフェラの際、歯を立ててしまったりします。
これで男性客に痛い思いをさせてしまっては、お店の看板にも傷がつくというもの。
なのでそういったことを事前に防ぐためにも、男性スタッフたちが体を張らなければならないのです。

素股

素股は風俗でもやっていない限り絶対身につかないテクニックでしょう。
このため、業界未経験の女の子は講習を通じて学ばなければなりません。
対象としてはやはり、デリバリーヘルスで働く女の子が中心となるでしょう。

マット

ソープランドだと、マットプレイが講習で学ばなければならない最重要事項になります。
一見海水浴で見慣れたものに見えますが、ソープのマットはれっきとした業務用です。
どちらが前でどちらが後ろか、男性客にはどのように寝転んでもらわなければならないかなど、詳細に講習を通じて学ばなければなりません。
また、マットプレイでの男性客の上でグラインド(自分の体を滑らせること)も即座に身につくテクニックではありません。
このため1回ではなく何回にも渡って講習を受け、身につける必要が出て来ます。

アナル

もうひとつ、講習で実技習得は難しいでしょうが知識のレベルだけでも学んでおくべきなのは、アナルプレイです。
多くの風俗店、特にデリバリーヘルスではアナルを在籍女性の経験に任せており、本人がオーケーと言ったら有料オプションとして追加されることになります。
しかしアナルプレイは性的交渉の際、最も危険な行為とされているため、これも講習を通してしっかりした知識を身につけておくべきでしょう。

セクハラ講習に発展する可能性は?

以上のように考えると、風俗における講習は「円滑な職場関係」どころか、風俗の仕事を続けてゆくために絶対に必要であることが理解されます。
しかし、これを逆手に取ってセクハラ講習に発展させる男性スタッフ、特に店長が居ることを見逃してはなりません。

どのようにして、それは起こるのか?

疑問
とにかくセクハラ講習は男性店長によって行われる可能性が非常に高いです。
男性スタッフでしたら、周囲の目がありますし上に店長が居るのでビジネスライクな講習が期待できます。
しかし、男性店長にとって風俗店は「俺の城」。
中にはグループ系列を外れた個人経営の風俗もありますので、そこでは理性が崩壊していてもおかしくないわけです。

仕事がそもそも性的サービスのために、また学校で右に倣えの教育を受けて来たために、ウブな新人風俗嬢は男性店長だとセクハラをされているという境界線がはっきりしません。
だから経歴などからウブな娘だと判断すれば、男性店長が講習の名の下にセクハラを繰り返す可能性は非常に高いわけです。

境界線はどこにあるのか?

では、普通の講習とセクハラ講習の境界線はどこにあるのでしょうか。
まず、ボディタッチの有無が重要な境界線になります。
講習といえども男性店長が女性キャスト(風俗嬢)にタッチすることは厳禁です。
「風俗だからそんなことあってもいいんじゃないの?」と思う風俗嬢さんも居られるでしょうが、どんな風俗も建前上は性的サービスを行っていない、それ以外の何かのお店だということに注意してください。
ファーストフードの講習で店長がカラダに触って来たら当然セクハラだと訴えますよね。
それと同じ理屈が、ここ(風俗店)でも当てはまるわけです。

次にフェラの講習などの時(※)、男性店長から「抜きあり(=射精させろ)」と言われたら、これもセクハラです。
境界線を越えてしまったものと考えてください。
(※フェラの講習だけを切り取ってみると、これは女性のほうから男性にタッチしているだけなので、男性側からはまだボディタッチを行っていない、従ってセクハラでないとかろうじて言い逃れができます。ソープのマット実技なども同様です。)

必ず拒否をすること!

拒否
以上のように、男性店長と一対一でやる講習はセクハラ講習に発展する可能性が非常に高いです。
そうだと思ったら我慢せず、すぐに拒否してください。
それでクビになってしまったとしても、全く恥じることはありません。

まとめ

いかがだったでしょうか。
「講習は必要だと思う?ない風俗店で働くのが良いのかな?」という疑問に答える記事を書かせて頂きました。
答えは「必要なので、アリの風俗店で働くほうが良い。」という所になります。
しかし、このことを逆手に取った男性店長によるセクハラ講習というのも確かに存在しますので、風俗嬢とくに新人の女の子は十分に気をつけてください。

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

第1位 Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決めて!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

第2位 ミミロケ

LINE風で簡単操作の「ミミロケ」!

スカウト機能ありで、操作が簡単です。他の高収入求人サイトが「使いづらい」と思ったら、無料登録してみよう! まだ新しい求人サイトですが、今後に期待できます!

詳しく知りたい方はこちら

風俗全般
melodeoをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました