客に聞きたいんだけど、風俗嬢はみんなエッチ好きだと思ってる?

一日に何人もの客たちとエッチなことをする風俗嬢さんたちは、男性客の目にどのように映っているのでしょうか。
サイト上の掲示板なんかを散策してみると、男性客の自分を見る目、発言に不満を露わにしている風俗嬢さんたちがたくさんいます。
そのくらい彼女たちは普段の接客、特に男性客との会話に苛立ちめいたものを感じているのかも知れません。

代弁させてもらうなら、
風俗嬢「男性客のみなさん。もしかしてワタシたちみんな、ただのエッチ好きだと思ってないでしょうね!?」
と彼女たちは言いたいのです。

風俗嬢は普段はもちろん普通の女性です。
年がら年中エッチなことを考えているわけではありません。
むしろ実態は逆で、普段の生活になればなるほどエロスとはかけ離れた気持ちになるはずです。
これに対して男性客から偏見は止まる様子がありません。

彼らからの偏見「風俗嬢=エッチなことが好き」に風俗嬢たちはどう対処すべきか、本記事ですこし考えてみましょう。

「エッチ好きなの?」という質問。

質問男性客からの偏見「風俗嬢=エッチなことが好き」を反映した質問に、「エッチ好きなの?」というものがあります。
部屋に入ってからしばらくして、この質問をされるや否や、カチンと来る風俗嬢さんは少なくないようです。

それはそうです。
「エッチが好きでなんかで、やってるわけないじゃない。お金のためだってこと、分からないのかな?」というのが彼女たちの本音なのですから。
逆に、風俗なんかをやってるとエッチが好きではなくなるというのが実態のようです。
更にそれが加速して「男そのものが嫌いになる」という風俗嬢さんも居るほどです。

確かに、仮にエッチをするのが好きだとしても、好みでもない相手とのエッチをするのは全く別、苦痛の次元でしょう。
こんなことも分からずに「相手が誰であろうとエッチ自体が好きなんでしょ?」みたいに決めつけてくる男性客の質問は、女性としてのプライドを相当傷つけられるものだと言えます。
これは風俗嬢が怒るのも仕方がありませんね。

では、どう答えるの?

「エッチ好きなの?」という質問を、風俗嬢さんたちは好きではありません。
逆に頭にきてしまいます。しかしその怒りを、そのまま口に出すことなどできないでしょう。風俗は接客業なのですから。

では、どのように答えるのが賢いのでしょうか。
もしかしたら「エッチ好きです」とそのまま返すのが得策かもしれません。
なぜなら接客として見たとき、そう答えた方が男性客が気分的に盛り上がるだろうし、変に突っぱねてしまうと男性客のテンションがガタ落ちになってしまうからです。
そうすると、風俗のメインである相手をイカせることが難しくなってしまいます。
これは風俗嬢にも直接、仕事上の負担として跳ね返ってくるので避けたいことですよね。

では、男性客が真に受けたら?

気分が乗って早くイッてもらうためにも、ムカつくけれども「エッチ好きなの?」という質問には「エッチ好きです」と笑って答える。
これが風俗嬢の接客としては正解でしょう。
しかしながら、更に男性客が真に受けて、この答えに食いついて来たらどうなるのでしょうか。
風俗嬢の中には男性客から「じゃあ今度、もっと満足させてあげるから個人的に会おう」なんて誘われた娘も居るようです。

なぜ「エッチ好きです」と風俗嬢に答えられたことから店外デートにつながるのか…。
男性客の思考回路もすごいですが、まさにこの店外デートへの誘いが風俗嬢の怒りの炎に油をそそいでしまいます。
掲示板上では「ウザい」、「キモ客」、「身の毛もよだつ」という毒舌のオンパレードが繰り広げられているようです。

実は「エッチ好きなの?」という質問にカチンと来てはいけない。

Angry 
しかし、やっぱり怒ってはダメなんですね。
風俗嬢は男性客をお金としか見ていないということがよく語られますが、目下の場合はこの見方に徹しても良いかも知れません。
男性客に「エッチ好きなの?」と聞かれたら、とりあえず「好きです!」と答えておけば良い。
それだけです。実にドライな考え方ですが、いちいち男性客との会話に過剰反応していたらキリがないし、仕事にならないというのも一理あるのではないでしょうか。
最初のやりとりに戻ってみましょう。

男性客「エッチ好きなの?」
風俗嬢「いえ、好きじゃないです。お金のためですから!」
これは、ダメですね。
風俗嬢の本音をあまりにも晒しすぎです。
これだと接客の場が凍り付きます。

男性客「エッチ好きなの?」
風俗嬢「はい、大好きです!(だから早くイってお金払って帰ってね!!)」
これが正解です。
カッコ部分を内心呟きながら怒りを静めるべきでしょう。
さて問題は、次のやり取りです。「エッチ好きです」と答えたところ、こう返されたとします。
男性客「やっぱり好きなんだ。じゃあ、今度外でしない?」
これに対して、では、どう答えれば良いでしょうか。

風俗嬢「いえ!男性客とお会いするのは店内だけにしてますので!!」
これだと掲示板で毒舌を吐いている風俗嬢さんたちと大差ないです。
本音を暴露してしまっています。
この答え方が落とし穴になのは、それによりあわよくば太客、本指名客に成長するかも知れない目の前の男性客の芽を摘み取ってしまうかも知れないからです。
ここは冷静に考え、こう答えてみたらどうでしょうか。

風俗嬢「ヤダー!そんなの恥ずかしい!でも、面白そうだね…!!」
この生煮え感がベストです。次みたいのは、みえみえでダメです。
風俗嬢「うーん、どうしようかな…。まだ本指名してくれてないし…。」

結局は男性客にどう思われようが自分のビジネスを貫けば良い。

お金
さっきのやり取り、
男性客「やっぱり好きなんだ。じゃあ、今度外でしない?」
風俗嬢「ヤダー!そんなの恥ずかしい!でも、面白そうだね…!!」
こんな感じで、互いの空気を盛り上げたままにしておくのは、とても重要です。
キモ客だろうが、ウザ客だろうが、同じことです。
きちんと衛生的にサービスさえしておけば男性客は“金の生る木”であることは否定できません。
お金 木
本音を出さずに、男性客とのやり取りを肯定的な方に持って行く。
「肯定的」とは、次の指名に繋がるような雰囲気を作るということです。
これを実践できれば、たとえウソだっだとしても接客そのものは盛り上がって嫌な気持ちはしないでしょうし、何より自分の収入にもポジティヴに反映されて行くはずです。

要は、風俗嬢として働く以上、何を言われようがお店が演出するエロの雰囲気に乗ってみることが大切です。
風俗嬢「ワタシは今は風俗嬢なんかやっているけど、本当は真面目な女の子なのよ!」
といったプライドあるいは本音は、むしろ隠した方が得策です。
風俗をビジネスとして割り切ってできるかどうか、これが問題なのではないでしょうか。

まとめ

いかがだったでしょうか。
風俗嬢「もしかしてワタシたちみんな、ただのエッチ好きだと思ってないでしょうね!?」
この風俗嬢の不満について、風俗嬢自身がどう取り組むべきなのかを考えてみました。

結論としては、「エッチ好き」だと男性客に思われることに、素の自分をブツけないこと。
会話も接客術のひとつだと割り切って、自分の収入にポジティヴに反映されるように応対を心がけてみる。
という所に落ち着きました。

お店に入ったら、エロ風俗嬢を演じてください。
男性客にどう思われようが良いじゃないですか。
その割り切りが、風俗嬢としての成功にあなたを導いてくれるのですから。

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

風俗全般
melodeoをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました