昼と夜で風俗の客層は結構変わりますか?どっちが働きやすい?

同じ風俗店であっても、時間帯によって客層の傾向が大きく違うことがあります。
昼と夜どちらがより稼ぎやすく、働きやすいのでしょうか?昼に来るお客さんに多いタイプ、夜に来るお客さんに多いタイプについて紹介をします。

おすすめ高収入求人サイトの紹介

Qプリ保証で祝い金10,000円面接交通費2,000円必ずもらえます!
そんな高収入求人サイトはQプリだけ!

それだけが人気の理由ではありません!
  • 女の子目線でサイトが作られているから店舗情報が詳しく記載されています!
  • スカウト機能があるから希望のお店から勝手にオファーが届きます!
  • Qプリ保証が使える!(やっぱりイチオシ!
Qプリで自分に合うお店を探してみよう!

Qプリの詳細はこちら

風俗店の昼と夜

風俗店は夜になるとネオンが目立ちますが、昼から営業をしているというお店は少なくありません。
しかし、昼の時間帯と夜の時間帯では同じお店でも雰囲気は違います。

昼はまったりなところが多い

昼も営業しているとはいえ、やはり、風俗店のかき入れ時は夜です。
昼間は来るお客さんも、出勤している女の子もそれほど多くなく、比較的まったりとした雰囲気が漂っていることが多いです。

マニアな店は昼の方が忙しい

マニアックなコンセプトのお店が人妻店などは夜よりも昼の方が客入りは多いことがあります。
とくに、人妻店は昼がメインです。
人妻なのに、夜に出勤しているとむしろ、人妻らしさが無くなってしまいます。

平日の昼に来るお客さんのタイプ

平日の昼に来るお客さんのタイプは以下のようなタイプが多いです。

酔っ払い

酒
早朝から営業している風俗店には開店直後にオール明けの酔っ払いが来ることがあります。
かなり酔っているし、不潔だし、柄は悪いのであまり歓迎したお客さんではありません。
しかし、このオール明けのパターンのお客さん以外はほぼ素面で来店してくれます。

夜勤明け

夜勤明けの人も早朝にやってくることが多いです。
酔っ払ってはいませんが、あまり清潔ではありません。
疲れているのでハードなプレイにはなりにくいですが、ストレスを抱えていたり、妙にテンションが高いことがあります。

割引目当ての貧乏人

平日の昼間は割引しているようなお店には割引目当ての貧乏人が多く来ます。
以下に安くお得に遊ぶかに執念を燃やしているので、あまり良い客層とはいえません。
しかし、リピーターになってくれることもあります。

サボりのサラリーマン

少し時間に余裕のさるサラリーマンなどが短時間で済む箱ヘルを利用します。

平日休みの自営業

平日休みの自営業の人も昼間に風俗店を利用します。
比較的裕福な人も多いので、歓迎したいお客さんです。

定年を迎えた年配層

定年を迎えた年配層も平日の昼間に多く利用します。
割引目当ての貧乏人もいますが、裕福で金払いの良い人もいます。

とにかく風俗が好きな人

平日の日の高いうちに風俗店に来る人は間違いなく根っからの風俗好きです。
プレイ自体はがっつりとやらなければならず、大変なこともありますが、リピーターになってくれることが多いです。

一方で、好きな故にサービスには厳しく、アンケートで辛辣な評価をされることもあります。
逆に、ゆったりと風俗を楽しみたいという人もいて、中にはロングコースでとってくれ、昼寝をするお客さんまでいます。
かなりありがたいお客さんといえます。

夜に来るお客さんのタイプ

夜
昼に来るお客さんのタイプはバラエティーに富んでいますが、夜に来るお客さんはかなりの確率で酔っ払いのサラリーマンです。
なので、客層はあまり良いとはいえません。
しかし、そのお酒が風俗嬢の稼ぎにどう影響するかはケースバイケースです。

フリーのお客さんをゲット

普段はほとんど風俗に興味のないお客さんが酔っ払ったノリできたり、付き合いで連れてこられたりします。
夜はフリーのお客さんをゲットするチャンスが多いのです。

リピートは返りづらい

夜はフリーのお客さんがつきやすいですが、一方で、ノリや勢いで来ているだけなので、リピートは返りづらいです。
逆に、どうせリピーターになってくれないのならと、必要最低限だけのサービスをするのもありです。

アンケートの評価は緩め

ノリや勢いで来たお客さんはそれほど熱心にアンケートを書きません。
アンケート結果にピリピリさせられることは少ないです。

いきにくいことも

泥酔しているといきにくくなります。
それで雰囲気が白けたり、お客さんが不機嫌になったり、女の子が大変な思いをしたりすることもあります。

逆にまったり

酔っ払っているがゆえに、まったりとしたプレイを望むお客さんもいます。
このようなお客さんはとても楽です。

ストレスを抱えていることも

仕事上がりのサラリーマンが多いので、昼間のストレスを風俗嬢にぶつけてくることもあります。

深夜は変な客が多い

夜の時間帯はともかく、深夜になると変なお客さんの率が増えてきます。
とくに、デリヘル嬢は敬遠したい時間帯です。

おおむね昼の方が客層は良い

太陽
一概には言えませんが、傾向としては昼の方夜に比べてが酔っ払いが少なく客層が良い傾向にあります。
根っからの風俗好きが来るので、気に入ってもらうことができればリピートされやすいです。
しかし、その分、サービスには手を抜けません。

一方、夜は酔っ払いが多く、扱いが大変なことが多いです。
しかし、フリーのお客さんが欲しいならば夜の方がおすすめです。
リピートを期待しないならば、ある程度手抜きもできます。

一方で、注意が必要な時間帯は早朝や深夜です。
このような、普段人が活動していないような時間帯に風俗店を利用するお客さんは要注意なことが少なくありません。

稼ぎやすいのはいつ?

昼と夜、どちらか稼ぎやすいのかは難しい問題です。
客入り自体は夜の方が圧倒的に多いですが、夜は出勤している女の子も多いのでライバルはたくさんいます。
しかし、バックは昼よりも夜のほうが高い傾向にあります。

昼ならば月曜と火曜がおすすめ

昼に働くのならばなるべく月曜と火曜に出勤するようにしましょう。
自営業や飲食店、サービス業などは月曜や火曜が休みであることが多いからです。

夜ならばなんといっても金曜日

夜に働くのならば金曜日がおすすめです。
一週間の仕事から解放されたサラリーマンが押し寄せてきます。
一方で、客層は悪くなりがちです。

土日はとにかく稼ぎ時

そして、土曜から日曜の昼にかけては必ずと言っていいほど忙しいです。
できるだけ出勤しましょう。
むしろ、週末に忙しくないようなお店は移った方が良いです。

働きやすさも大切

お金
昼と夜、どちらか稼ぎやすいかも大切ですが、働きやすさも大切です。
たとえば、平日昼間を中心に働くと、周囲に風俗嬢だとばれにくいです。
とくに、家族と暮らしている人は夜に出勤する口実を探すのに苦労しなくて済みます。
子どもがいる人ならば子どもが学校に行っている間に働くことができます。

一方で、夜に風俗店で働く人は昼職との掛け持ちが可能です。
昼に働いている人は風俗一本という働き方以外は難しくなってしまいます。

客層で選ぶならば昼

同じ風俗店であっても、昼と夜の客層には偏りがあります。
客層が良いのは圧倒的に昼です。
昼に来るお客さんは良くも悪くも風俗が大好きで、女の子のレベルの高いサービスを求めてきています。
それに応えることができたら、リピーターとしてたくさん稼がせてくれます。
酔っ払いがくることも少ないです。

一方で、夜は客入りが多く、昼よりもバックが高いです。
しかし、酔っ払いの一見さんが多く、客層はあまり良いとは言えません。
リピートしてくれることもあまり期待できません。
一方で、割り切ればそれなりに手を抜くこともできますし、アンケートにピリピリする必要もありません。

客層で選ぶならば圧倒的に昼がおすすめですが、掛け持ちや家庭の事情、どれくらい稼ぎたいかなど総合的に判断をして決めるようにしましょう。
また、時間帯だけでなく、どの曜日に働くかも重要です。

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

第1位 Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

第2位 ミミロケ

LINE風で簡単操作の「ミミロケ」!

スカウト機能ありで、操作が簡単です。他の高収入求人サイトが「使いづらい」と思ったら、無料登録してみよう! まだ新しい求人サイトですが、今後に期待できます!

詳しく知りたい方はこちら

風俗全般
melodeoをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました