年末年始の風俗の客層が知りたい!面倒臭い客ばっかり?

何かとお金のかかる年末年始、風俗で働いてドカっとお金を手に入れたい。
そう思っている女性の方、多いのではないでしょうか。

確かに年末年始はボーナスも振り込まれ、世間はお祭りムード。
そんなときって何かとお金の周りがよくなって、風俗業界も景気が良くなりそうな気がしますよね。
でもそういう時って一時的な大金が入った男性の来店が多くて客層が悪くなりそう…
労働力に見合った収入になるのかがとても心配。

では実際のところはどうなのでしょうか。
年末年始の風俗業界の客層についてお伝えしましょう。

年末年始の風俗業界の様子は?

お金
年末年始といえば、賞与を手に取ったサラリーマンたちが派手にお金を使う時期です。
飲食業界が忘年会・新年会で慌ただしくなるのと同じく、風俗業界もその2次会、3次会として利用されるサラリーマンで溢れかえり、大変慌ただしくなります。
しっかりと予約をとって来店する個人の客とは違い、飲みに行ったついでに唐突に立ち寄る団体客が多く、とてもバタバタとします。

もちろん羽振りがいいですから、お金はどんどん落としてくれます。
ですので、店舗としての収入はもちろん増益になります。相対的に女性キャストの収入も上がりますが、気になるのはその質ですよね。
フリーで入る一見さんが多いのなら、今後の目で見た長い収入にはつながらないし、お客さん一人あたりの出費額も少なくなります。
紳士的なお客さんばかりで、普通にプレイを楽しんでくれるお客さんばかりならいいのですが、実際のところその質はどうなのでしょうか。

客層は悪くなるの?どんな人が多い?

それでは、実際の客層はどうなるのでしょうか。
年末年始の社会の動向から考察してみましょう。

先ほども話に出した通り、年末年始は賞与が振り込まれることから、風俗に足を運ぶお客さんは多くなります。
そして宴会帰りの団体客がとても多く、仲間連れでワイワイと訪れるお客さんがとても多くなります。
基本的に風俗業界は泥酔したお客さんは断りますが、仲間と会話をしながら来店されるぐらいの酔いだとそのほとんどを受け入れます。
アルコール
明らかにお店にとって迷惑だとわかるお客さん以外は基本的にはウェルカムです。
ですので、ある程度お酒が回っていて、上機嫌な方を相手にすることは年末年始においては当然のことであるといえます。
もちろん年末年始以外でもお酒に酔ったまま来店する方はおられますが、やはり年末年始の多さは比較するまでもありません。
そのあたりは普段と違うということを覚悟しておかなければなりません。

そしてお酒に酔っているということは、ある程度男性からの要求にも答える必要が出てきます。
お酒に酔っていると、その本性がどうしても出しやすくなってしまいます。
日頃出しあぐねている性癖を女性キャストに向けてここぞとばかりに発揮したくなるものです。
キスがとても好きな人、少し女性をいじめたくなる人、罵声を浴びせてほしい人、足の匂いや脇の匂いを嗅ぎたい人、それはもう様々です。
風俗の種類にもよりますが、よりお客さんとのプレイ時間が長く、密室での接客が多い業種ほど、その要求は色濃く反映されていきます。

特にソープやヘルスなど完全密室でのプレイという業種では、とにかくガッツキたいという方が多いため、普段よりは手厚くプレイする必要があるといえるでしょう。

もう一点、お酒に酔っている男性には良い面と悪い面があります。
お酒に酔っている男性は基本的にはアルコールが入っていない状態と比べて、感度が低くなっています。
わかりやすく言えば、感じにくく、射精しにくいのです。

この良い点としてはいわゆる“連射”が少ないということでしょう。
アルコール抜きでしっかりと風俗に来られる方は、心構えも気持ち的に整った状態で来られる…つまり本気で“ヌきにくるのです”こういったお客さんは時間を余すことなく使いたいため、“連射”を要求してくることも多々あります。
この“連射”、1回目は良いものの、2回目が大変なんです。

感度も落ちているし、時間もかかる、そしてとても疲れるのです。
予定もなしに、飲み会がてらにフラッと来られるようなお客さんはここまで要求しない方がほとんどです。
ですので、その点では良いかもしれませんが。
飲み会
しかし、感度が低いということはそれだけ射精がしにくいということ。
そもそも射精しにくいとなると、女性キャストの労力は増えることを意味します。
単純な労働量の増加ということはとても大変なことです。
風俗界では早漏の男性のほうがウェルカムという風潮からも、時間をかけて射精させることがいかに大変かということがわかりますね。

このように、年末年始のお客さんの質としては相対的に悪くなってしまう傾向にあります。
一見さんが多い、要求が多い、奉仕時間が多い、とどうしても身体を酷使して、数をこなさなければ、収入の大幅アップは難しいといえます。
一見のお客さんに対しても、言葉巧みにオプション料金をつけさせたり、今後のリピーターになってくれるようにうまく自分の客にできれば、名を売る絶好のチャンスともいえますので、そのあたりは腕の見せ所なのかもしれません。

こんな客がいるときもある!最悪はお店に通報!

注意
年末年始には、どうしても客層が悪くなってしまうのは先ほど述べた通りです。
しかし時によってあまりにもひどい客がいる場合もあります。
最悪な客にあたってしまった場合は、風俗業界自体に嫌悪感を抱いてしまうことも少なくありません。

よく見られる客としては、お酒の勢いに任せ、過度な要求を突き付けてくる客があげられます。
本番禁止店で、本番行為を強要してきたり、スキン装着を拒否したり、お金にモノを言わせて要求をのませようとする人もいます。
お酒によっていると、行動も荒くなりますので、女性器をかなり激しくまさぐられたり、痛い思いをすることも少なくありません。

さらに大学生くらいの男性に多いパターンでは、仲間との悪ノリで、不快感のある要求をしてくる男性もいます。
そういったオプションがないにも関わらず飲尿を要求されたり、本気で連絡先を聞き出したりするといった話も耳にします。
正月ノリとでも言いましょうか、ハメの外し方を間違う男性が多くなるのもまた年末年始の特徴です。
自分の身は自分で守る、お店の協力を得ながら、強く向き合わないと危険な目に合うことも理解しておくべきでしょう。

まとめ

年末年始やお正月という季節柄、普段は貧乏でなかなか風俗に行けない客層も一気に風俗に足を運びますので、客層はどうしても悪くなってしまいます。
もちろんその分給料はぐっとあがります。
しかしどうしても労働量が多くなってしまうのが現状のようです。

労働量と比べて楽に稼ぎたいという女性は、閑散期から、自分を気に入ってくれる方をゲットし、指名料やオプション料など+アルファの収入をしっかりと築いておくことがとても大切といえるでしょう。
年末年始だからいっちょ風俗で荒稼ぎ!と考えていると、あまりの忙しさ、そして客層の面倒臭さに面食らってしまうかもしれませんね。
風俗の業種によっても、大変さはかなり変わってくるので、
そのあたりをしっかりと天秤にかけて自分の要求に見合うようにお仕事を選びましょう!

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

風俗全般
melodeoをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました