歯の矯正をしているんですが風俗で働くことはできますか?

歯の矯正は、歯並びが悪いのを正常にすることをいいます。
代表的な矯正装置の付け方の種類としては、金属ブラケット・審美ブラケット・セルフライゲーションブラケット・裏側矯正・ハーフリンガル矯正・マウスピース矯正の6つになります。

それぞれに特徴があり、矯正していることがわかるもの・わかりにくいもの・わからないもの・一時的なものなどがあります。
料金相場は80万から100万で、期間としては1年から長くて3年ぐらいかかる場合もあります。
矯正治療は生まれつき歯並びが異常だった場合は保険適用になる場合もありますが、基本的にはすべての費用は実費になり、歯の状態によっては、料金がもっと高くなる場合もあります。

矯正治療している子供はよくみかけますが、大人になって働きながら治療している人はほとんど見ることはありません。
とくに風俗嬢は見た目が勝負のところもあるので、口をあけるとギラギラした金具がついていると、お客さんに不快感を与えることもあるので心配になります。
また、口で性的サービスをする場合もあるので躊躇(ちゅうちょ)しますね。
歯の矯正中で風俗嬢になれるかご紹介します。

矯正歯科の特徴

歯 矯正
これから歯を矯正をする風俗嬢のために、どのような特徴があるか簡単に説明します。
金属ブラケットは、歯の表に金具(ブラケット)とワイヤーのようなものが見えるようになります。
審美ブラケットは、歯の表にワイヤーをつけます。
金具は両端につけるので、金属ブラケットより目立ちません。

セルフライゲーションブラケットは、金属ブラケットと見た目は同じものになります。
摩擦が少なく痛みが軽減できるのが特徴になります。
裏側矯正は、歯の裏に金具とワイヤーをつけるようになります。
ハーフリンガル矯正は、上の歯は裏に金具をつけて下の歯は表に金具をつけるようになります。

マウスピース矯正は、ワイヤーや金具は使用しません。
マウスピース(透明な入れ歯)のようなものになり、取り外し可能になります。
※マウスピース矯正以外は、固定でつけたまままになりますが、これは着脱式になり、1日17時間以上装着して矯正するようになります。

マウスピース矯正は、お客さんとのサービス中は外すことでいつもと変わりはありませんが、他の矯正は普段と違ってきます。
以下の説明はマウスピース矯正以外の矯正だった場合になります。

歯の矯正で風俗嬢が気をつけること

風俗嬢のサービス内容で口を使う行為は、キスとフェラチオになります。
それぞれ矯正しているときにしたら、どうなのか見ていきましょう。
風俗嬢であるなしに関わらず男性とする時には気になりますね。

通院している医師に聞ければいいのですが、「キスして問題ないですか?フェラチオして問題ないですか?」とは聞きにくいことです。
女性が発信している情報を整理した内容になります。

キス

キス
レンチキス(ソフトな唇が触れる)は問題ありませんが、ディープキスをする場合は、口の中に舌を入れて絡ませるようになるので、お客さんが嫌がらないのか、器具によって舌が傷ついたりしないのか心配になります。
体験談で、ワイヤーが男性の舌に刺さったような情報もありましたが、事前にワイヤーの確認をすれば問題はありません。

矯正金具が表についているタイプ(金属ブラケット・審美ブラケット・セルフライゲーションブラケット)は、見た目の問題はありますが、口の中で舌を絡ませる場合は普段と変わらないディープキスができます。
矯正金具が裏についているタイプ(裏側矯正・ハーフリンガル矯正)は、見た目の問題はありませんが、舌が金具にあたって不快感があります。
これは人によって感じ方の違いなので、お客さんによっては嫌だと言う人もいるかもしれません。

フェラチオ

矯正金具が表についているタイプ(金属ブラケット・審美ブラケット・セルフライゲーションブラケット)は、歯の表の金具にペニスが当たらないように口の中に入れれば、あとは普段通りのやり方で問題はありません。

矯正金具が裏についているタイプ(裏側矯正・ハーフリンガル矯正)は、ペニスの咥え方によっては金具にペニスがあたるので、フェラチオは工夫しないとペニスを傷付けることもあります。
唇で歯を隠すようにして舌をうまく使って金具にあたらないようにする必要があります。

出っ歯はどうしているのかな

出っ歯
歯の矯正をしていない出っ歯の風俗嬢はキスやフェラチオはどのようなテクニックを使っているのでしょうか?
参考にしてみましょう。

出っ歯の人も矯正の人と同じように苦労があり、キスやフェラチオが下手だと言われています。
キスは前歯が男性の歯にガツンとあたることもあり、イテテと雰囲気がぶち壊れることもあります。

出っ歯でキスをするときの注意点としては、男性が唇に近づけてくるときに、相手の顔を両手で持ってゆっくりと唇が触れ合うようにすることがポイントになります。
ゆっくり唇があたることで、お互いの歯の形状を舌で確認することができるので、ガツンとなることはありません。
いきなりキスをしたい場合は、男性と向かいあってあなたが頭を左に傾けることで男性の歯とあなたの歯がぶつかることはなくなります。

フェラチオは、ペニスにどうしても出っ歯があたる場合があるので上唇で歯を隠してストロークするか、舌でペロペロして手で触ることで代用しているようです。
激しいストロークのフェラチオを要求されたら少々唇が疲れることがあります。
もし、改善したい場合は、出っ歯の矯正をするしかありません。
というように出っ歯も苦労してキス・フェラチオを工夫してサービスしているのです。

矯正中は風俗に行かない方がいいのか?

金具をつけた矯正中の場合は、まずは見た目によりお客さんがつかないようになるかもしれません。
あなたが綺麗でスタイル抜群であっても、ニッと笑った時に歯についている金具を見て「えっ大丈夫?」と思うでしょう。
サービス内容が限定的になったりする場合もあるのでお客さんの満足度の低下にもつながります。
また、キス・フェラチオ仕方によっては、お客さんが傷つくこともあります。

トータルで考えた場合、矯正するのであればマウスピース矯正にした方がいいと思います。
ただ、マウスピース矯正は1日長時間装着しないと矯正できないものになるので、風俗嬢として働く時間は短くなる欠点はあります。

矯正中でも風俗店で稼げるところはないのか?

質問
性的サービスがあっても働ける風俗店としては、ソープランドになります。
ソープランドは風俗業界のなかで唯一本番行為があるサービスになります。
ソープ嬢はキスやフェラチオがメインではなく、本番での射精になるので、矯正中でも仕事が可能になります。

性的サービスがない風俗店では、性感エステかオナニークラブになります。
性感エステのソフトサービス店に行けば、マッサージが主体でフィニッシュは手コキになるので、口を使用することはありません。
オナクラもコスプレ衣装を着てポーズを取ったりして、お客さんのオナニーをしてるところを見るサービスになるので口を使用することはありません。

矯正中で、稼ぎたい方はソープ・性的サービスがない方がいい方は、エステかオナクラになります。

まとめ

矯正歯科には主に6つの方法があり、矯正していることがわかるもの・わかりにくいもの・わからないもの・一時的なものなどがあります。
歯の矯正で風俗嬢が気をつけることは、キスとフェラチオになります。
裏側に金具がついているタイプは、ディープキスでは舌が金具にあたって不快感があります。
フェラチオはペニスの咥え方によっては金具にペニスがあたるので傷付けることもあります。

出っ歯の風俗嬢もキスとフェラチオには苦労しています。
矯正中は、ソープ・性感エステ・オナクラがオススメになります。
ご参考にしてください。

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

第1位 Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決めて!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

第2位 ミミロケ

LINE風で簡単操作の「ミミロケ」!

スカウト機能ありで、操作が簡単です。他の高収入求人サイトが「使いづらい」と思ったら、無料登録してみよう! まだ新しい求人サイトですが、今後に期待できます!

詳しく知りたい方はこちら

風俗全般
melodeoをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました