前の風俗店を辞めたり理由は?面接で聞かれたら何て答える?

風俗店に勤務している女性が、ある事情でお店を移籍するケースは珍しくありません。
しかし、次の移籍先のお店に面接を受ける際、辞めた理由を聞かれてしまうことは多いです。

辞めた理由を聞かれてしまった場合、どのように答えればいいのでしょうか。
詳しく見ていきましょう。

おすすめ高収入求人サイトの紹介

Qプリ保証で祝い金10,000円面接交通費2,000円必ずもらえます!
そんな高収入求人サイトはQプリだけ!

それだけが人気の理由ではありません!
  • 女の子目線でサイトが作られているから店舗情報が詳しく記載されています!
  • スカウト機能があるから希望のお店から勝手にオファーが届きます!
  • Qプリ保証が使える!(やっぱりイチオシ!
Qプリで自分に合うお店を探してみよう!

Qプリの詳細はこちら

稼げなかったとは言えない?無難な答えを用意しよう

風俗店を移籍する場合、色々な理由があると言えるでしょう。
中には前のお店が稼げなかったため、退店を決めたという方も多いです。
この手の質問を苦手に思っている女性も多いですが、ここは無難な答えを用意しておき、正直に答えるのは避けておいた方が賢明であると言えるでしょう。

たとえば、「カラーが合わなかったから」という理由では、売れない言い訳をしているのかな?と思われてしまいがちですし、「スタッフとの折り合いが悪かったから」という理由では、協調性がないと判断され、不採用になってしまう可能性があります。
無難な答えとしてオススメなのが「勤務時間が合わなくなったから」という理由があります。
カレンダー
週3の約束だったのが、週5のシフトで出てほしいと言われて、都合が合わなくなるケースは実際に多いですし、それなら仕方がないだろう…と思って貰える可能性が高いからです。
また、無難なところとして、「知人にバレそうになったから」という身バレを理由とする方法もあります。

もしも、面接を受けるお店が、高級店なら、「さらにレベルが高いお店にチャレンジしてみたかったから」などの前向きな理由も、好印象を与えることが出来る可能性があります。
さらに稼ぎたいという風な理由であれば、前向きで、努力家なイメージを与えることが出来るので、オススメです。

クビになってしまったことは正直に言う?

質問
前の店を首になってしまった…という場合、前の風俗店を辞めた理由を聞かれてしまった場合、恥ずかしくて言えないという方も多いでしょう。
実際に、クビになってしまった場合には、お店側の印象も良くないので、面接時と条件が違ったなど、無難な理由にしておいた方が良いでしょう。

場合によっては、お店全体が暇店であり、女性全員がお茶をしているというお店もあります。
しかし、クビや稼げなかったことを言ってしまうと、変に誤解されてしまいそうなので、言わない方が良いことも多いです。
場合によっては、どうして稼げなかったのかと、突っ込まれて聞かれてしまうこともありますので、十分に注意をするようにしましょう。

また、ストーカー行為をされてしまい、お店を移ることにしたという理由などもオススメです。
深く質問攻めにされた場合には、この店で働きたかったという熱意を伝えるようにして誤魔化してみることも一つの方法です。

未経験と嘘をつくのは避けておこう

人によっては、前のお店を辞めた理由を聞かれるのが嫌で、面接の際には、未経験であると嘘をついてしまう方もいます。
しかし、未経験と言ってしまった場合、風俗店によっては、未経験者は全員講習を受けなければいけないのが基本ですので、講習を受けたくなければ、正直に経験者であることを伝えた方が得策であるといえます。

特に、高級店やソープ店などは、未経験者では採用して貰えないところも多いため、経験があった方が有利に働くことが多いです。
辞めた理由を聞かれるのが嫌だという方も、初心者だと嘘をつくのは避けておいた方が良いと言えるでしょう。

その他に、辞めた理由でオススメなのは?

その他にも、辞めた理由として、オススメなのが、「店で貴重品の盗難に遭ってしまい、信用することが出来なくなってしまった」などの理由です。
盗難に遭ってしまうのは、貴重品管理ができないのではと思われてしまう可能性はありますが直接お仕事と関係はないので、採用して貰える可能性はあります。
泥棒
また、「集団待機よりも個室待機のお店が良かったから」という理由もオススメです。
女の子にとっては、集団待機より、個室待機が良いのは常識であり、個室待機を行っているお店はそれをウリにしていることが多いです。
このため、それなら採用しようと判断して貰える可能性もあります。

「お店に清潔感があり、雰囲気が良かった」なども、オススメです。
お店側からすると、お店に対して良い印象を持ってくれる女性は採用したくなるものです。
単純に「あまり稼げなかったから」という理由でも、お店によっては、採用して貰える可能性があります。

女性が稼ぎを求めるのは今の時代では、当たり前ですし、稼げるお店ばかりではない…と理解してくれているお店であれば、採用して貰える可能性はあります。
しかし、「リピーターが取れなかった」だとか「本指名が取れなかった」などの、マイナスな理由は避けておきましょう。
これでは、指名を取ることができない女性であると判断され、即不採用になってしまう可能性があります。

前のお店の辞め方は?

そもそも、別のお店に移りたいと考えた場合、どのようにお店を辞めればいいのでしょうか。
握手
風俗業界は、非常に広い世界のように見えて、狭い世界であると言えます。
前のお店で、スタッフとトラブルを起こしたり、嬢と喧嘩をしたり…ということを繰り返していると、何かのタイミングで噂になり、他のお店の人に知られてしまうことがあります。
辞める際には、複雑な事情を考えたり、揉める必要はありません。

別のお仕事をするので、辞めますなどの理由で良いと言えるでしょう。
風俗店は、なかなか辞めることができないだとか、辞め方が分からないという方も多いですが、2週間前に事前に伝えることによって、辞めることは可能です。
入店しておいたときに、いつぐらいまでに辞めるということをあらかじめ伝えておくと話はスムーズであると言えるでしょう。
たとえば、目標金額を設定しておき、その金額を達成したら辞めることにしますと最初に伝えておくと、余計なトラブルが発生しません。

また、必殺技としては、親や彼氏にばれてしまったという理由がオススメです。
なかなか辞めさせて貰えないという場合には、この方法を使うことで、辞めさせて貰えると言えるでしょう。

聞かれなくとも、面接で聞かれるかもしれないと思っておく

手帳
前のお店を辞めた理由を聞かれるのはろくな店じゃないだろうと思っている方もいらっしゃると思います。
しかし、昼職のお仕事では、前のお仕事について聞かれるのは常識であり、十中八九聞かれる質問であると言えるでしょう。
風俗のお仕事でも例外ではなく、経験があるかどうかは聞かれると考えておいた方が良いでしょう。

むしろ、質問をしないお店は、避けて置いた方が良いかもしれません。
面接で聞かれてしまってから慌てるよりも、あらかじめどのように答えるか答えを想定しておくようにしましょう。
お店側も、余計なトラブルや、ワガママ嬢が入店してしまうことを防ぐため、質問リストとして、この質問を必ずしているところは多いです。
外見は重要ですが、良嬢を雇いたい…というお店は多いので、あらかじめ想定しておくことで焦らずに済むと言えるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
風俗店を移籍するに当たって、前のお店を辞めた理由を聞かれてしまうことは多いです。
面接で聞かれたら、無難な理由を用意しておくようにしましょう。
面接の準備をしておくことで、当日に顔色が変わってしまったり、言わなくていいことを言ってしまい、不採用になってしまうことを避けることが出来ます。

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

第1位 Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

第2位 ミミロケ

LINE風で簡単操作の「ミミロケ」!

スカウト機能ありで、操作が簡単です。他の高収入求人サイトが「使いづらい」と思ったら、無料登録してみよう! まだ新しい求人サイトですが、今後に期待できます!

詳しく知りたい方はこちら

風俗全般
melodeoをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました