髪触ってくる客にイラつく。風俗で働く子ならわかるよね?

風俗嬢が座談会しているサイトを訪れてみると「髪触る客にイラつく」という意見を大変多く目にします。
続けて出てくる言葉は「殺意」…。
何か不穏な雰囲気すら漂って来そうです。

「でも、どうして?」と、男性客たちは思うかも知れません。
「それが、あなたの仕事でしょ?」
いや、そんなことを言ってしまったらたら火に油を注ぐだけです。
この件に関していえば、風俗嬢たちの怒りはおさまりそうにありません。
髪触るキモ客」という主題の座談会は、異常な熱気を帯びてしまうのです。

どうして風俗嬢さんたちは、髪を触られるのがそんなに嫌なのでしょうか。
彼女たち座談会から、共通する意見を取り出してみました。

忙しいの!


風俗嬢たちが髪触る客にイラつく理由、その一番は、
仕事が妨げられるから
という所にあるようです。

「リアルタイム状況」と題し、出勤中の女の子たちの現況を配信(?)している風俗店のホームページなどをのぞいたことがあるでしょうか。
デリバリーヘルス系の店がよくやっています。
それを見て何よりも驚くのは、女の子たちのスケジュールが非常にタイトだということです。

或るデリヘル嬢なんかは、30分プレイして、30分で移動、次のお客も30分プレイして、さらに30分移動…なんて風に、予定が“短冊(たんざく)”みたいに成っています。
こんなのことして果たしてカラダもつのか?と心配になる反面、こうタイトなスケジュールだと、髪をセットし直す時間なんて無いだろうと合点も行きます。
だからこそ、風俗嬢たちは男性客に髪を触られるのが嫌なのです。
短髪の男性には分からないでしょうが、女の子の髪は十分に手間をかけてセットされています。

ちょっと触れるだけでもバランスが崩れてしまいます。
揃えた前髪がグシャグシャになったり、そろえた全体が膨張してしまったり…。
しかし風俗嬢は、30分プレイしたら、30分の移動で、また次の30分の客の所に行かなくてはならないのです。
軽いセットの乱れなら、移動中の車でできるかも知れません。
しかし、デリヘルの移動車なんて、アルバイトのおじさんかお兄さんが持ち込んだ自家用車が良いところなので、そんな車中でできることは限られています。

だからと言って、手を抜くことはできません。
次の男性客は、前の客の痕跡が残った女の子が登場するなんて夢にも思ってもないからです。
こんな風に考えると、風俗嬢が髪触る客にどれだけイラついているか、「殺意」さえ抱く理由が分かります。
彼女たちにとって、仕事のためにセットした髪触られることは立派な営業妨害なのですね。

汚い!


風俗嬢が髪を触られるのを嫌がる理由。
2つ目は、もっと露骨に、「男性客の手が汚いから」です。

確かに分からないでもないです。
男性客が自分の下着や靴下を脱いだ手、ペニスをしごいた手、はたまた手マンをした手などで自分の髪に触れて来るのです。
まず、臭いがつきます。
髪は勤務中洗えないので、女の子はずっと、その臭いを引きずることになります。
広い意味で言えば、プレイ中のローションなどそういったものの臭いも、男性が髪に触れればついてしまうでしょう。

不思議なことで、ペニスとかアナルとかそういう臭う所を普段から扱っている風俗嬢は、臭いというものに非常に敏感になります。
違いが分かるオンナに成ってしまうのです。
このため髪についた臭いは、風俗嬢の鼻によって敏感にキャッチされてしまいます。
そして気になる臭いから、自分の髪の汚れをも連想します。
実際には目立って汚れていなくてもです。
こういった悪循環が、仕事中の風俗嬢に過度のストレスを与えてしまうのですね。

痛い!

他に風俗嬢が髪を触られるのを嫌がる理由としては、もっとシンプルに、「痛いから」というのもあります。

髪を一か所にまとめていたりすると、一部を撫でられるだけで変なチカラがかかって髪が引っ張られるようになってしまいます。
男性の場合、髪を束ねるなんてことはまず無いので、こういった彼女たちの痛みは感知しにくいところでしょうね。
でも実際痛いので、イラだちは風俗嬢の顔に露骨に出てしまいます。
男性客としては、そんなキレ顔は絶対拝みたくないでしょうが…。

キモイ!


ここまで、どちらかというと物理的な被害の観点から、風俗嬢が髪触る客を嫌う理由を見て来ました。
しかし彼女たちのお話を辿ると、意外にも“精神論”に行き着くこともあります。
それはいろいろな角度から口にされているのですが、まとめるなら、「男性客が恋人プレイを求めてくるのがキモイ」とでも言えそうです。

どういうことでしょうか。
これは、男性客が風俗嬢の髪を触る心理を考えてみれば分かるでしょう。
ベッドで横になって抱き合い、そして髪を撫でる(触る)…。
こんなことは明らかに、愛し合う恋人同士がやることですよね。
その雰囲気に風俗嬢はどうやら耐えられないみたいなのです。

もうちょっと角度を変えてみましょう。
プレイ上、フェラをしているとします。
ロングの髪の毛の女の子は顔が隠れますよね。

しかし男性客は、その“すだれ”のようになった髪を手でのけて(触って移動させ)、風俗嬢のフェラ顔を拝むのです。
恋人の様な、いつくしむ目をして…。やはりこれにも、風俗嬢は耐えられないみたいです。

キスはどうでしょう。
恋人気分の男性は、やはり「女性側が喜ぶと思って」キスの最中、相手の頭を撫でたりします。
確かに、相手が恋人だったら喜ばれるかも知れません。
しかし風俗嬢は恋人ではないのです。
彼女たちは仕事をしているだけです。
しかも「喜ぶと思って」男性客がやっていることは、100パーセント彼女たちの仕事(次の客への準備)を邪魔しているわけです。

そういうわけで何が目的であろうとも、男性客が自分の髪の毛を触ることを風俗嬢たちは我慢できないようです。

まとめ


いかがだったでしょうか。
風俗嬢たちがプレイ中、髪を触られることを嫌がる共通の理由を幾つか取り出してみました。
① 忙しい仕事の妨げになるから。
② 臭いがつくから。
③ 痛いから。
④ 単純に男性客の恋人気分がキモイから。
これが上に見たところです。

きっと風俗のお仕事をしている女性なら誰でも、思い当たるところがあるでしょう。
本記事から知ってもらいたいのは、こういったこと(①~④)が風俗嬢さんたちの共通認識として「ある」ということです。
だから、もしこれを読んでいる風俗嬢さんが居たら、髪を触られるのが嫌だという自分の悩みは、おかしなものではなく、誰でも持っているものだと自信(?)を持って見つめ直してください。
そして「困る」と、きちんと男性客に伝えるべきでしょう。
雰囲気的にそれができなかったら、お店に相談するのも手段のひとつです。

現場での解決策として、他に風俗嬢さんたちが実践しているのは、男性客が髪を触りに来たら、サッと「ガードする」というものです。
…ちょっと面白いですよね。
右手で触りに来たら、左手でその手をガードし、さらに左手が来たら、右手でガードし…と、なんか総合格闘技みたいです。

いずれにせよ、風俗嬢さんたちはプレイを「お仕事」として割り切ってやっています。
基本お金のために働く彼女たちと、少なからず女性との恋愛ムードを楽しみに来ている男性客。
この考えの違いが、「髪に触れる」というちょっとした出来事で爆発してしまう。
そんな風に、本記事を書きながら気づいた次第です。

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

第1位 Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

第2位 ミミロケ

LINE風で簡単操作の「ミミロケ」!

スカウト機能ありで、操作が簡単です。他の高収入求人サイトが「使いづらい」と思ったら、無料登録してみよう! まだ新しい求人サイトですが、今後に期待できます!

詳しく知りたい方はこちら

風俗全般
melodeoをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました