風俗嬢のみなさんは洋服代に平均どれぐらい使っていますか?

風俗嬢問わず女性は洋服代に平均どれぐらい使っているものなのでしょうか。

一般的に洋服代は収入の8%から10%と言われています
まずはじめに、一般的に洋服代は収入の8%から10%におさめるのが理想といわれています。
つまり月収が15万円の女性なら15000円、20万円の女性なら20000円以内におさめるのが理想ということです。

風俗嬢のみなさんは月収はどれぐらいでしょうか。
風俗一本の方と、副業の方、また職種によっても収入はかわってくると思いますが、大体20万から250万としますね。
そうなると目安としては2万から25万ということです。
差が大き過ぎて参考にならないと思いますが、収入の8%から10%におさめるのが理想ということを頭にいれておくと、わかりやすいのではないでしょうか。

あくまで理想ですし、毎月服を買うわけでもなければ、冬場になるとコートなどで出費も増えてしまうと思いますので年収単位で考える方がいいと思います。

洋服は風俗嬢にとって大事な装備です


風俗店の種類を大きく2つにわけると店舗型と無店舗型のお仕事があります。
店舗型のお仕事は、ソープや箱ヘル、ホテヘル、その他のマニアックな専門店が主になります。
こういったお仕事はドレスや制服やベビードールなどの、いわゆる衣装で接客をすることになります。

衣装はお店からのレンタルであったり、自分で用意することもあるでしょうが、私服ではありません。
一方、無店舗型のお仕事であるデリへルの場合は、制服着用のお店も一部ありますが、大抵の場合、私服で勤務することになります。
つまり、私服がそのまま衣装になるということです。

デリへルの場合お客様は、風俗嬢本人に実際会ってからプレイ時間を決めるのが一般的です。
会ってからプレイ時間を決めるまでの間のわずか数分の間に収入が決まるわけです。
数分の間で出来ることなんてどうしても限られてきますよね。
デリへルの場合、他の職種に比べると第一印象がより大事になってきます。
はじめに、洋服は風俗嬢にとって大事な装備と言ったのはこういうことです。

限られた時間の中で少しでもこの子と一緒に過ごしたいと思ってもらうためには洋服も大事になってくるのです。
もちろん顔やスタイルは好みのタイプの方がいいですが、髪型や話し方、愛想のよさ、匂い、そして洋服といったようなあらゆる装備でいかによく見せるかということです。

極端な話になりますが、同じスペックの女性でも、ジャージやスウェットを着用している女性と清楚なワンピースやセクシーなミニスカを着用している女性なら、大抵のお客様は後者の方と長くいたいと思うのではないでしょうか。
安くない金額を頂いているわけですし、ある程度は服装に気をつけなければいけません。

しかし、なにも高いものを着ればいいというわけではないのです。
プライベートでは自分の好きな服装をしていても、出勤の時はお客様受けのよさそうな服装を選ぶことが大事なのです。
ちなみに、プライベートの自分と勤務時の服装で雰囲気を替えるのも知人バレ対策にオススメです。
洋服に興味がない女性もデリへル勤務なら、必要経費と思って気をつかってみることをオススメします。

双方に言えるのは下着という装備


デリへル勤務の方は特に服装が大事だと言いましたが、店舗型、無店舗型ともに言えるのは下着も大事な装備品ということです。
男性は視覚からの刺激が興奮に繋がりやすいので、下着も大事です。
ヨレヨレの下着はもちろん、上下バラバラだとテンションも下がってしまいます。
高級店になると下着のメーカーを指定しているお店もあるくらい重要なのです。

洋服でも言いましたが、高いものならいいわけではないです。
あくまで、お客様目線になって考えて、ウケがよいものを選ぶことが大切です。
安くてもセクシーな下着や、最近ではセーラー服モチーフの下着なんかもあります。
自分のお気に入りの下着とは別に、割り切って仕事用の下着を用意してみるのもありではないでしょうか。

お客様にとっても大事なアイテム


風俗嬢のみなさんにとって洋服と下着は大事なアイテムですが、お客様にとっても大事なアイテムということです。
先程、極端な例を出しましたが、それだけでなく大事だということです。
少し掘り下げて説明しましょう。
まず洋服です。

洋服はお店のカラーに寄りますが間違いないのはダントツで清楚系ファッションです。
男性で清楚系ファッションが嫌いな人はいないのではないでしょうか。
昼は淑女、夜は娼婦といった言葉があるように、男性はこういった女性が大好きです。
清楚系の服装で第一印象をよくしておいて、いざプレイが始まると積極的なんていうのが理想なわけです。

待ち合わせタイプの風俗でも清楚系のファッションだとどんな男性も気兼ねなく歩けますね。
具体的に言うと、育ちの良さそうなお嬢さんといった感じのワンピーススタイルや、いわゆるコンサバ系、赤文字系の雑誌に載っているようなファッションです。

そして次に人気なのはセクシー系です。
男性は視覚からの刺激によって興奮するものです。
単純にセクシー系のファッションだと、これから始まるプレイに期待を持てるということです。

あまりにも露出しすぎて下品になるといけませんが、身体のラインがわかるようなタイトな服だったり、谷間を強調したもの、脚を綺麗に見せるようなミニスカートやスリットが入ったもの、薄めの黒ストッキングなんかが人気です。
ちなみにですが、背中が開いたものやヘソ出しのものになると男性の支持はそこまでないようです。

清楚系やセクシー系がいいと説明しましたが、結局のところは、清潔感があって自分に似合う服装ということが大切です。
リピートのお客様になると、洋服を褒めてくれたり、プレゼントしてくれるお客様も中にはいます。

そんなお客様に対しては、頂いたものを着てみたり、いつもと違った服装をしてみたりするのも効果的です。
ちはみに、この時ばかりはジャージやスウェットも効果的な場合があります。
リピートのお客様にだけという特別感ですね。
そして次に下着です。

洋服はデリへル勤務の方だけの話になってしまいましたが下着は違います。
お客様の服を脱がすことはあると思いますが、逆に脱がされることもありますよね。
下着に関しては特にこれがいいというものはありませんが、ギャップを意識してみるのもいいかもしれません。

一般的には、清楚な白は憧れだったり、女性らしい淡いピンクや水色なんが人気とされていますが、ここで先程の、昼は淑女、夜は娼婦パターンです。
清楚なワンピースを脱がして見ればセクシーな黒や赤の下着だったり、ひもパンやTバック、バックが総レースといったような下着で意図的にギャップを生み出すのもいいかもしれません。

もちろん女性らしい淡い色のものや可愛いレースやフリルのものも良いですが、男性女性問わず、誰しもいいギャップには弱いものです。

風俗嬢にとっては必要経費なのです

洋服と下着についてお話ししましたが、これらは風俗嬢にとってはとても大事な必要経費なのです。
つまり風俗嬢以外の女性より洋服代がかかっても仕方ないことなのではないのでしょうか。
中には、憧れのブランドの洋服やバッグを我慢することなく手に入れたくて風俗をしている女性もいると思います。

そういった女性にとってはストレス解消にもなりますよね。
ファストファッションやネット通販などを使ってお客様受けのいい服装を研究してみるのもいいかもしれません。

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

風俗全般
melodeoをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました