サンキューは地雷接客でも激安店だから仕方ないよね?気楽ていいよ

ここでは、激安店での地雷接客に、お客はどう考えているのかを中心に書きたいと思います。
タイトルにも書きましたが、お客は地雷接客でも、サンキューグループ等の超激安店でも、低価格=低サービスと覚悟している場合が多いです。

ですから、割高な他のデリヘル・ホテヘルも潰れずにやっていけてるんですね。
いつもいつも超激安店の地雷接客に当っている不幸なお客も、たまには「少々高いけど普通のサービスをしてくれる」お店にコールしちゃう場合があります。
勘違いしないでくださいね。

サンキューグループの各店の全ての風俗嬢が地雷接客をしているわけでは無く、ほとんどがまともな通常以上の接客を行って頂いていることは間違いありません。
その日の気分や、体調によって地雷接客になる場合もありますが、いつもいつもそういう事ではありませんので、誤解の無いようにして下さい。

おすすめ高収入求人サイトの紹介

Qプリ保証で祝い金10,000円面接交通費2,000円必ずもらえます!
そんな高収入求人サイトはQプリだけ!

それだけが人気の理由ではありません!
  • 女の子目線でサイトが作られているから店舗情報が詳しく記載されています!
  • スカウト機能があるから希望のお店から勝手にオファーが届きます!
  • Qプリ保証が使える!(やっぱりイチオシ!
Qプリで自分に合うお店を探してみよう!

Qプリの詳細はこちら

サンキューは有名だからすぐ話題に・・・


サンキューグループは全国展開していて、若干有名になりすぎている感じがします。

ですから、何かあると直ぐ「超激安店のサンキューは・・・」といった口コミが拡散するわけですね。

しかし、サンキューグループに限らず、風俗嬢による地雷接客は良くあることです。
確かに地雷接客によって、その嬢の回転率は上がるかもしれません。
しかし、いつもでもそういう事ばかりしていると、中々リピーターを捕まえることが出来なくなるのも事実です。
サンキューだからという訳ではありませんが、お客の層も地雷慣れしているお客も多いことは確かです。

ベテランのユーザーになると、地雷接客されそうだと思った瞬間にキャンセルを入れることもあります。
また、写真と少しだけ違うだけで、そう思ったお客がキャンセルする場合もあります。
更には円盤(基盤)を強要しても納得しない嬢だと「地雷接客」だと言い張る困ったお客もいます。
風俗嬢も人間ですから、好き嫌いもあったり、これだけは譲れない一線を持たれている嬢も多くいます。

そうした内容が、お客に地雷だと認識させてしまう場合も多く、一概に超激安だから地雷接客されるケースが多いというわけではないのです。
風俗嬢にとっては無料オプションだし問題ないと思っている嬢も多いようです。

風俗営業の店全般に言えること


では、ここで地雷接客と判断されるケースとはどんなことか、ここで言う地雷接客とは、お客側に立った判断で、そう受け取られてしまうケースを指します。
そういう地雷接客だと誤認識されてしまった場合の対応方法等を書きたいと思います。

まず、よくある地雷接客だと思われてしまう行為としては、お客側がシャワーも無しにサービスを受けようとする場合があります。
お客はどうにか時間内で満足しようとシャワーも浴びずにプレイに臨もうとする場合、圧倒的に大多数の風俗嬢は、シャワーをお願いするのですが、それでも風俗嬢が嫌がると、客は逆に風俗嬢の地雷接客と思い込んでしまうケースがあります。

当然ですが、応対する風俗嬢は早くこの場から逃れたいために自然と地雷接客になってしまいます。
致し方ないと言えばそうですね。
また、キスをするかしないかで判断されてしまうようなケースもあります。
多くの風俗嬢と知り合いの私もほとんどがキスはさせません。

AFが大丈夫なのに軽い口づけもダメな嬢が多いようです。
これは昔から風俗嬢の「矜持(きょうじ)」みたいなもので、好きな彼氏となら出来るけど、商売でやっている場合は出来ないという自分自身への誇りをここで示そうとしていると思います。

これに対しお客の方は、今書いたようにAFですらOKなのに、なんでキスさせないのかということになり、地雷接客だと思われることがあります。
そう思うお客は、余り風俗に慣れていないかバカかですね。
但し、対応方法としては、あからさまにキスを拒否すると、お客からは分かってもらえる場合が多いですが、いい気分はされません。

ですから、やんわりと避ける方が良いですね。
次に、むやみに身体を痛がるというクセの女の子もいて、地雷接客と言われる場合があります。
少しお客が触っただけなのに、「アイタタタ・・」と腕が痛いとか、腰が痛いとか言い出す嬢ですね。

何もしていないと思っている客は、なんでだよ、の世界になります。
これと類似している地雷接客は腹痛ですね。
来るなりイキナリ「すみません、おなかの調子が悪いんでトイレ借ります。
」なんてのは一番地雷と判断されやすい行為ですね。

確かにそういう時もあるかと思いますが、店のスタッフにお願いして外してもらうかしないといけないと思います。
このケースは風俗に限らず、セックスしたくない女の子が彼氏に言い訳するネタとしてもよく使いますね。

次の地雷と思われる行為は、プレイそのものが事務的であること。
感情の「か」の字も入っていないパターンですね。
「はい、次はこれで」等のベルトコンベアで作業されているように思われるケースがあります。
その嬢の性格だとしても、プロとして風俗していたら明らかにこの動作は地雷と見られても仕方ないですね。

対応策と言っても、態度を改めるしか方法は無いですね、この場合。
地雷接客と間違われやすい行為として、次には「ダメダメ嬢」ですね。
「あれはダメ」「これもダメ」とあれこれ「ダメ」を連発する嬢がいます。
例えば、下半身のお触りはダメ、乳首触るのはダメなどありますが、お客としては、お金出しているんだからダメダメは無いでしょうの世界になってしまいます。

この他、地雷接客と思われる行為として、羅列しますと、「笑わない、話さない嬢」、逆に「話ばかりする娘」「シャワーに思い切り時間かける嬢」こんな感じの行為は自然とお客が嫌がる行為であり、お客からすると地雷接客だと思わせることになります。
これらの地雷接客だと勘違いされないための対応策は、まず「お客のことを嫌ってはいない事を言うべきです。

「決して嫌いなんじゃないけれどね・・・」の一言が初めにあった場合と、そうでない場合では随分お客の受け止め方が変わりますのでご参考までに。

自分の身になって考えてみれば分かること


何気ない自分の行為が、お客にとっては地雷営業だと言われることを先ほど書きましたが、風俗嬢側から見た場合、どうしても我慢できないお客も中にはいます。
体臭がくさくて我慢できない客、近寄っただけで口が臭くて嫌な気分になる客、何かというとボディタッチして乱暴なお客、強引に大切な部分に指を入れてくる客など物理的に接客不能になるようなお客もたまにいます。

しかし、少々デブ男で頭が禿げてるだけとか、風俗嬢を馬鹿にした態度をとるとか、接客不能にまではならない客に対して風俗嬢側が地雷接客してしまうケースも多いようです。
心当たりのある嬢は多いんじゃないでしょうか。
その時の体調や気分で左右される接客態度で接客しているからそのような地雷接客を自らやってしまう訳ですね。

プロの仕事ではないわけです。
お金の為に働くのだから少々のことは乗り越えなければならないと、きついようですがそう思いますね。
何も好みのお客だけ取ってればいいよっていうお店もないでしょうし、つらいこともあると思いますが、基本稼がないといけませんので、こうした客にも笑顔で接客が基本姿勢になりますし大切なことだと思います。

気楽に商売。
今日もお盛んね!ってね
いままで硬い話が続きましたが、最後にサンキューのような超激安店で風俗嬢をするには、お店で決められているルールと、お客をゲットするルールの二つを使い分けながら気軽に商売するのが一番楽な働き方だと思います。

いきなりのお客からのチェンジ、あるいはキャンセル、頭にきますよね。
更にお店から「容姿不問で、誰でも働けますよ」って言ってるのに、「お前は顔がブッスだから、下半身で稼げ!」とか「もっと痩せろ」と言われた日はバッドデイですね。
こうした時、ちょっと気に食わない客が付くと、地雷接客になっちゃうパターンがありますが、一人一人リピーターの可能性もあり、明日のハッピーデイに結びつくこともあるかもしれません。

そうした気分で、頑張ってお客を盛んにしましょう。

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

第1位 Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決めて!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

第2位 ミミロケ

LINE風で簡単操作の「ミミロケ」!

スカウト機能ありで、操作が簡単です。他の高収入求人サイトが「使いづらい」と思ったら、無料登録してみよう! まだ新しい求人サイトですが、今後に期待できます!

詳しく知りたい方はこちら

デリヘル・ホテヘル
melodeoをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました