水商売でいう色管理ってどういう意味?もしかしていけないこと?

俗に言う「色管理」とは、水商売のオーナーや店長が自分の店で働く女の子を自由自在に操って働かせたい場合に、その女の子と恋愛関係になってしまうことを言います。
この時のセリフで良く出てくるのは、男側では、「お前のことを愛しているから、言ってるんだよ」とか「お前がいなけりゃ、俺、こんな商売やってないよ」なんて言う店の男もが多いようです。

また、そうした従業員管理方法は風俗業界だけでなく、多くの会社や組織でも見られる現象です。
男と女がいる職場で、上下関係がある場合には必ずこういった「色管理」というものが存在します。
「色管理」している意識が無くともそうなってる場合が多いようです。
いわゆる恋愛感情を利用した、ビジネス管理ですね。

昔は「ジゴロ」とか「ヒモ」って言った時代もありましたが、これらの男たちは、女性が稼いだ金で生きているという男たちです。
ここで言う「色管理」の主人公は、お店や商売の上で、管理するために行う色事師とも言うべき男たちなのです。

この管理方法が悪いこと、良いことの二つに一つを選べと言われたら、良い方と言わざるを得ません。
男性側は、お店の売上を上げるために努力したいし、女の子をしっかりとコントロールしたいと思う事は自然であり、女の子はそうした責任を持っている男性に認めらえたいとか、
融通を聞いてくれるようになり男性責任者とか、他の店の女性にいい顔をしたいとか、お互い損得づくで付き合っているのだと思えるので、良い方を選びました。

非常に悲観的な見方をすると、そういった恋愛感情と言う大切な感情を商売に利用するなんて悪いことだという意見もあります。
しかし、単純な恋愛感情も中にはありますし、本当に男性がその女性の事が好きで付き合っているのかもしれません。

お互い融通を利かせ合って上手く商売を乗り越えて行くという風にも見えます。
キャバクラなんかでナンバー1の女の子やナンバー2の女の子とスタッフが付き合っている事も珍しくはありません。

こんな場合、店責者は、身体が一つしかないので複数の女性と付き合う訳にはゆかず、自身の子飼いのスタッフに命令して無理矢理「色管理」させることも多々あります。
この店責者が店にそういうスタッフがいない場合等に、店責者が複数の女性と付き合ってしまったらもう終わりですね。

店内、痴情沙汰の爆発になります。
1対1だからこそ色管が有効で、ここで嫉妬や妬みの感情が入れば、そもそもの管理が出来なくなってしまいます。
一方では、二股をわざとかけて、お互いの女性を競わせるという高等テクニックを使う店責者もいます。

おすすめ高収入求人サイトの紹介

Qプリ保証で祝い金10,000円面接交通費2,000円必ずもらえます!
そんな高収入求人サイトはQプリだけ!

それだけが人気の理由ではありません!
  • 女の子目線でサイトが作られているから店舗情報が詳しく記載されています!
  • スカウト機能があるから希望のお店から勝手にオファーが届きます!
  • Qプリ保証が使える!(やっぱりイチオシ!
Qプリで自分に合うお店を探してみよう!

Qプリの詳細はこちら

色管理って何のため、自分は偉いの?


さて、この色管理、通称「色管」、何のためにするのかは、簡単な話で、店内や常連客で金離れの良い客に自身の色管を行っている女性を付かせること、この場合、他の女の子が嫌がるようなお客のパターンが多いですね。

「だから、頼むよ、みんな嫌がってる客だけどお前がいてくれなきゃダメなんだ」みたいな会話が、毎夜どこかのクラブ、風俗でささやかれている常套文句です。
また、一方では、店内の女の子を管理する目的でも色管は使われます。
従業員の女の子が、最近仕事に身が入らない理由を聞きだすとか、働いていて誰と誰の仲が悪いとか、友達だとかを見分けたり、最近男が出来たとかといった類の情報の仕入れ元として利用されるケースです。

したがって、色管の対象となる嬢はある意味店内でも顔が広く、聞き上手で影響力のある娘が選ばれます。
当然、店責者も男ですから女の子の好みは有りますが、こと色管については関係ありません。
色管の場合、かえって店責者の好みに合うような女の子は選ばれない方が多いと思います。

今言ったような女の子、つまり聞き上手、影響力がある女の子は、外見もそんなに悪い子ではないのですから好みを言っている場合ではないのです。
好みの女の子を色管すると、シンドイ思いをするのは男性の方です。

好きな女にこんなことさせられないとか、あんなお客に俺の女を付けさせたくないとか、まさかあいつに惚れているんじゃないかとかいった、商売とは関係の無い感情が湧き上がってしまうためです。

一方、女性側に立って考えれば、店責者が自分を気に入ってくれているという思いが強く、ライバルである他の女性よりも自分が選ばれたというエリート意識が目覚めてしまします。
「私じゃなくて、○○さんの方が素敵よ」とか「私はそんなにいい女じゃないよ」なんて自嘲気味に言ったりしながらも、『(自分を選んでくれたんだ)』とか『(あの娘より私が良かったのね)』等、色管対象者の女の子の自尊心をくすぐるようなパターンが色管の基本ですね。
これがパーフェクトに出来る店責者の店は繁盛します。
絶対です。

管理途中でも、決して管理がばれないような工夫をいっぱい持っています。
女の子の方も、本当に自分を愛してくれているんだと錯覚してしまいます。
ベテランの女性キャバクラ店員になれば、それを見分ける力が出来ていますが、ベテランと言うとアラサー世代ですので、色管に敢えて乗っかる事もするようです。
自分の言い分を聞いてもらえる。
自分を権威付けしてくれるといったメリットがあり、つい繋ぎの意味で付き合ってみたりしてしまうケースも多いようです。

色管理されてしまった経験を持つ女性の話


私の知り合いで、それこそ30代前半の女性がいました。
外見上はどう見ても20代中盤から後半ぐらいにしか見られないのですが、実は33歳でした。
その彼女、店内ではリーダー格のような存在になり、チーママ系の仕事ぶりで、お客からも、スタッフからもましてや同僚の女の子たちからも慕われていました。

そんなある日、メチャ美形でナイスバディのすぐに店内ナンバー1になれるような嬢が入店してきたそうです。
よくあるパターンで店内ではお客にはベッタリ系接待、店スタッフには女王様系接触といった感じで、トラブルメーカーに育ちそうな感じになってきました。
そうしたある日、店長から冒頭で申し上げた、見た目20代、実は33歳の女性に、店長からアプローチを受けたそうです。

ありきたりの閉店後の食事会から始まり、自然と付き合いが始まりました。
店内では、噂、嫉妬、ねつ造、ごまかしの横行する世界ですが、その女性は全てを把握しており、ちょうど付き合っていた店長さんにその内容をこと細かに話ししていたそうです。

ある日、店長からトラブルメーカーの女性についての対応を頼まれたそうです。
好きな店長のためだったら、嫌でもやらなきゃ店長が困るとの思いで、そのトラブルメーカーと接触、女同士の話や具体的に友人になって、態度を改めるようになったとのことで、結局そのトラブルメーカーは、その店でナンバーワン、歴代最高売り上げを上げるまでになりました。

この話を聞いて私は、「あ、色管してるな」と思いました。
誰もが嫌がる仕事をやらしている。
しかも、店の商売にとっては最大の売上を上げてくれている事から、この色管理は大成功と言うことになります。

普通、こうした場合今も続いている話ですが、その店長は他の女性と結婚してしまい、実年齢33歳の女性は他の店で働くことにしたそうです。
色管はこの意味では、賞味期限があるようで、そうそう何年も続くものではないと思われます。

ただ、色管対象の女性が店にとって利用価値があればあるほど、色管を仕掛ける方は、あの手この手で攻めてきます。
店責者と関係が疎遠になったら、店責者の意向を受けて対象の女性が好みそうなスタッフを使って仕掛けるといった具合で、色管は人間の持つ恋愛感情の強みと弱みの二つをうまく使い分けて行うものなのです。

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

第1位 Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決めて!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

第2位 ミミロケ

LINE風で簡単操作の「ミミロケ」!

スカウト機能ありで、操作が簡単です。他の高収入求人サイトが「使いづらい」と思ったら、無料登録してみよう! まだ新しい求人サイトですが、今後に期待できます!

詳しく知りたい方はこちら

風俗全般
melodeoをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました