時短する風俗嬢は多いの?客にバレたらうるさくない?

さて、今回は「時短」をメインに話をしたいと思います。
風俗嬢の中には時短って?と思われる方もおられるとお思いますが、そう思う貴方は素人です。
時短とは、決まったコースの時間を誤魔化して早く切り上げてしまう事です。
自分のシャワータイム(コトを終えてからの)、着替えタイム等を含んだコース時間を短くしてしまう行為を時短と言います。
ここでは、その内容をお示しします。

時短って悪いこと?良いこと?どっち?


時短って、お客からすれば悪いことで、デリヘル嬢等の風俗嬢にとっては良いこととされがちですが、本当にそうでしょうか?
お客サイドから見た場合、例えば「60分コース」を頼んでいるのに50分で帰っちゃうなんてことはやはり、騙された気持ちが強くなってしまい、
悪い事として色々なブログやSNSで噂されているようですが、
逆にお客の方から、早く帰ってくれ、というような感じで終盤言われるような人もいます。

早くコトがすんじゃった場合、もういいよって言うぐらいの客ですね。
また、やる気もないのに、ノリで呼んじゃったような客、これも早く帰れるパターンですね。
但し、ここで問題になるのが代金です。

何分早く返してあげるから幾らにしてというようなことを言う客です。
これは、ある意味、「逆詐欺」みたいなもので、ちゃんとお客に対して、コース内容を説明し、その客からの指定のもと、料金も示しているのだからいくら早く帰ろうが、きっちり支払ってもらわなければなりません。
お客の勝手で早く切り上げるからと言って、代金は安くなりませんとハッキリしておくべきですね。
常識です。

反対に、風俗嬢の方から見た時短は良いことも多いですね。
入っていきなり10分経過はさすがに行き過ぎかもしれませんが、目いっぱいサービスしてコトを早く終わらせてしまい、お客に時間間隔を持たせない事もテクニックの一つで、そのテクニックを持っていると時短など簡単にできてしまいます。
ただし、お客にとっては、○○分いくらでお金を払っているのだから、1分が重要だとしても、風俗嬢にとって1分がそれほど「価値があるのか?」と言う問題もあります。

時短の為にはタイマーに細工をするとか、ホテルやお客の時計は信用できないのだから、初めから時短覚悟でコトを致せば問題ない事のようにも思います。
ですので時短が良い、悪いの問題じゃなく、あくまでも風俗嬢として、どれだけ客に向き合えるのかが問題だと思います。
繁忙期などは、お店の指示で時短を無理強いされるケースもありますが、そのような場合以外は、風俗嬢としてコールまではきっちり働くことをお勧めします。

時短してお客が騒ぐ!?


さて、やむを得ない事情で時短をしている嬢もいます。
回転率を上げて稼ぎたい嬢、お客と会話するのが苦手な嬢、その場の雰囲気に飲まれてしまいそうになることを恐れて早く出て行きたいと思う嬢等々様々です。

ですが、風俗嬢は1対1のお客さまとの接客になりますので、時短がバレたら、中には騒ぐお客もいます。
「なんで、まだ時間あるだろう」とか「おかしくないかい」とかのクレームです。
逆にここでのテーマ「時短」では無く普通に適正に時間を計っても騒ぐ客はいます。

「お客さん、もう時間なので」と言っても、「嘘だ、まだ時間あるぞ」と言うような野暮な客がいます。
こんな問題を避ける為、最初から入室した瞬間から、お客さんの了解のも、こちらのタイマーを示す風俗嬢もいます。
コールすると同時に「はい今からね、タイマーチェックして下さいね」という具合です。
そうしてしまうと、時短がどうのこうのという「騒ぐ客」は減りますね。

私の知り合いの風俗嬢で、20代後半の嬢がいました。
その嬢が出向いた先の客ははるかに60歳を超えていると思われるにもかかわらず、精力旺盛で、最初の40分位で、3回ほどコトを成したそうです。
でもまだ足りずに60分を超えてやろうとするので、シャワー・着替え(メイク含む)の時間を考え、その旨告げると、まだまだ時間があるじゃないかと騒ぎ出したらしいです。

お客はそういう精力が強い客だったので、いわゆるロング客かと思いきや、60分きっかりで切り上げる風だったらしく、騒がれても良いので、逃げるようにしてお金だけもらって逃げ帰ったようです。
お客サイドがベテランで、慣れているような場合には騒ぎにならないようですが、たちの悪い客は何処にでもいるもので、やれ時短だとか騒ぐような感じになりますので注意が必要です。

時短は決して得な方法ではない。


ここで言っておきたいことは、多くのお客は特殊なロング客以外は通常30分とか60分で終わっちゃうケースが殆どですが、そうしたお客に対して、常日頃から時短慣れしてしまうと、気付かぬうちにバレてしまって、大ごとになってしまうかもしれないという危険性を持っています。
時短というのは少しでも接客時間を短くして同じ金額を貰う事ですが、その事の積み重ねや慣れが大きな問題になりかねません。
ひいてはお店の信用にもかかわる問題です。

「あの店は、女の子が平気で時短する」というようなウワサは、同業者が多く過当競争している中では、命取りになってしまいお店の命運を左右します。
また、風俗嬢の方もたかが10分時短したからと言って、どれ程のメリットがあるか分かりません。
単純計算では、10分を時短して6人こなせば、1時間儲けになるということになりますが、6人こなせばと言う事に問題があるので、これは500円硬貨を1年間、毎日貯めれば20万円弱になるという事と同じですが、時短の問題は風俗嬢としてのテクニックの一つですが、決して得になるようなテクニックではないと思います。

いつも時短しているからと自分に言い訳しているような感じになり、毎回ズルしている気分は抜けきれないと思います。
500円玉の話は継続が力になる例えでしたが、この時短の継続はトラブルの元であり、自分の働き方の根本に関わる事だと思います。

時短して得られるもの、失うもの。


以上、ここでは風俗嬢がデリヘル等で働く際に用いる「時短」と言うテクニックについて中立の立場で書きました。
派遣先へ行って「店コール」から「チェック」までの時間を短くする時短で、効率を上げることになりますが、ズルはズルです。

どのみち、「この客は納得するしかないだろう」とか、或いは、「分かってないから」と高をくくっていると痛い目に合う場合もあります。
相手がひどく酔っているような場合は、時間感覚が無くなってしまい、そうかもしれませんが、目の色を変えて貴方を求めているような客だった場合、1分でも長く居たいと思うのは人情です。
それにプラス時間に細かい客だと問題が発生します。

風俗嬢は、一般世間から見ると特殊な仕事です。
時間の縛りがきつく、大変なのは分かります。
大昔の風俗嬢は腕時計をしていた時代もあります。
欧米のアダルトビデオを見たことがある方もおられるかもしれませんが、女優さんの中には男物の腕時計をしたまま、出演しています。

これは、彼女たちも撮影時間で契約されているからで1分でも伸ばされると別給与が発生するからです。
見ている方は、夢も何もあったものではないですが、そういう国柄です。
ちょっと話はずれましたが、風俗で働かれる皆様には、是非このような時短テクニックを学ぶより、お客をより以上に喜ばせるテクニックを身につけた方が失うものより、得るものの方が多いように思うのですが、皆さんはどう思われるでしょうか?

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

風俗全般
melodeoをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました