風俗とキャバクラの客層は違う?お金持ちの客はどっちが多い?

風俗とキャバクラ、それぞれのお客さんの違いは何かあるのでしょうか?
どちらも大して変わりなさそうですよね。
働いている女性にお金を払うのはまったく同じで、嬢の時間を買っていることには変わりありません。

おすすめ高収入求人サイトの紹介

Qプリ保証で祝い金10,000円面接交通費2,000円必ずもらえます!
そんな高収入求人サイトはQプリだけ!

それだけが人気の理由ではありません!
  • 女の子目線でサイトが作られているから店舗情報が詳しく記載されています!
  • スカウト機能があるから希望のお店から勝手にオファーが届きます!
  • Qプリ保証が使える!(やっぱりイチオシ!
Qプリで自分に合うお店を探してみよう!

Qプリの詳細はこちら

キャバクラの客層

自分に自信がある人が多い


キャバクラのお客さんはイケメンやオラオラ系など、自分に自信がある人が多いようです。
有名ブランドの財布を利用していたり、高級な時計を身に付けていたりと、いかにもお金を持ってます、着飾っていますという男性が多いのです。
また、女性とのコミニュケーションに慣れている人が多く、どんなキャバ嬢が相手であろうと構わずに話せるそうです。
性格的に明るいことも特徴で、キャバ嬢と盛り上がって話せるタイプが大多数なのです。

キャバクラは女性とお酒を飲みながら話すことが目的のお店なため、女性に対して奥手な男性が訪れることは少ないように思います。
基本的に女性と一緒に楽しく過ごしたい、という男性ばかりで、風客のようにやることを目的とはしていません。
若い男性客は少ないようで、お金に余裕がある年齢が高いお客さんが多いようです。
最近ではベンチャー起業の若い社長も増えてきたため、それなりに若い男性客も増えているのではないでしょうか。

目的は女性と話したりして楽しむこと


キャバクラの利用客の目的は、あくまでも女性とお酒を飲みながら楽しく会話をしたりすることで、風俗客のように性的サービスを求めているわけではありません。
たまに枕営業としてお客さんと寝ているキャバ嬢や、脅すような形でキャバ嬢と寝ているお客さんがいますが、基本的には女性と会話することを目的としているのです。

キャバクラの利用客は女性にお金を払うことそこまで苦には思っていないため、食事のための2,3万円など普通に払ってくれる場合が多いです。
また、お気に入りのキャバ嬢との終着点に性行為がある、と考えている人もいるそうです。
若い嬢との恋愛ごっこを楽しんでいるお客さんもいます。
キャバ嬢はお客さんに営業でメールを送っているため恋愛ごっこを楽しみやすいのです。

同伴やアフターといったサービスまであるので、よりのめり込めるのでしょう。
これらのことから、お気に入りのキャバ嬢のためにどんどんお金を使うため、キャバ嬢も機嫌を損ねないようにとお客さんに良い顔をするのです。
そして気を良くしたお客さんは更にお金を使う、というループになっています。

風俗の客層

女慣れしていない人が多い


風俗客の特徴は、女慣れしていないお客さんが多いことでしょう。
今までの人生で女性と接する機会があまりなく、付き合うようなこともなかったからか、女性と上手くコミニュケーションがとれない男性客が多いようです。
俗に言うコミュ障が多いため、キャバクラを訪れても上手く話せない人が多いのです。
女慣れしていないお客さんばかりなので、風俗嬢にはそこまで高いレベルの話術が求めてられていません。
とにかくお客さんを満足させる性的サービスを提供出来ればそれでいいのです。

ある意味風俗客の扱いは楽で、手作りのお菓子を渡したり、親身になって話を聞いたりするだけで、本指名客として着いてくれる可能性が高いです。
熱心なお客さんだと深みにはまり過ぎてしまい、風俗嬢のストーカーとなってしまう場合があるので注意して下さい。

女性を買う目的は性行為するため

風俗客の目的は、とにかく女性と性行為をすること。
そのためにお金を払い風俗を利用しているのです。

風俗を利用しているお客さんの考えで面白いところは、キャバ嬢にいくらお金を払ったとしても性行為が出来るわけではないから意味がない、と考えてることです。
多くの風俗客にとっての女性と性行為をするまでの過程は意味が分からないもので、そこに行き着くまでに払うお金を払いたくはないのです。

キャバクラで言う同伴やアフターへのお金、嬢へのドリンク代は意味が分からないものであり、なぜ全て払わなければいけないのかと思っているのでしょう。
その過程にお金を払うくらいなら、最初から性行為をするために多くのお金払う、つまり女性は風俗で事足りる、との考えに行き着くのです。

風俗を利用している全員がこのような考えを持っているわけではありませんが、中にはそのように考えている人もいます。
そのためモテるような風貌でなく、女性を口説く、女性と話すといったことに慣れていない男性客が多いのでしょう。
女性からの見た目を気にしてかお洒落な男性が多いキャバクラとは違い、女性をあまり気にしていない風俗客はお洒落ではない人が多いです。

お金を持っているのはどっち?

キャバクラの利用客は金払いがいい


お金を持っているお客さんが多いのはキャバクラの方で、風俗と違い安いお店がないことが理由にあげられます。
風俗には激安や大衆といった利用料金が1万円を切っているお店から、ピンサロのように5,6千円で遊べるところまであります。
一方キャバクラは、特に激安というような安いお店はありません。

金払いがいいのもキャバクラの利用客の特徴で、キャバ嬢に良いところを見せたいと思ってか見栄を張り、じゃんじゃんお金を使う人が多いです。
そのため、人気なキャバ嬢になれば月1千万円も夢ではありません。
風俗嬢より稼げる額が多いのがキャバ嬢の利点でしょう。

キャバクラでお金持ちのお客さんを見分けたいなら、身に付けている物や靴を見て下さい。
財布や腕時計など見るべきところはたくさんあり、高級ブランドを身に付けていれば間違いなくお金は持っているお客さんです。
特に靴にお金をかけている人は、お金を持っている確率が高いため注意してみて下さい。
ただし、見栄を張って着用している可能性もあるので気をつけましょう。

服装や小物だけだと心配という人は、お客さんが話す内容にも注目して下さい。
自慢げに有名人と友達、知り合いと言っているようなお客さんは怪しいです。
ただ自慢したい、キャバ嬢に注目されたいという理由だけで話している可能性があるからです。
あまり人間関係や人脈について話さない、ひけらかさないお客さんを狙って下さい。

風俗客はお金を持っていない人が多い

風俗客はお金を持っていない貧乏な人が多く、ケチが多いです。
なぜそう言えるのかというと、客入りが良い風俗店が激安や大衆ばかりだからです。
どちらも料金は1万円前後で、格安で風俗嬢の性的サービスを受けることが出来ます。
風俗店のランクが色々とある中でそれらが人気ということは、全体的にお金を持っていないお客さんが多いことを意味しているのです。

ケチも多く、プレイ後に風俗嬢の分のドリンク代を出してくれない、という人が多いそうです。
ドリンク代の数百円も払わないというのは、性行為のために以外には一切お金をかけたくない、という考えの現れなのでしょうか。

このように大衆や激安など料金が安い風俗店はケチなお客さんは多いですが、高級店はまた違います。
元々の料金が高いため、お金がないケチケチしているようなお客さんはいません。
高級ホテルを取ってくれたり、お土産として高級ブランド品を用意してくれるような人までいるのです。
金払いがいいお金持ちのお客さんを狙いたいなら、断然高級店をおすすめします。

まとめ

全体的にキャバクラのお客さんの方が金払いがよく、女性になれている人ばかりです。
風俗はお店のランクによりお客さんは様々で、料金が安いお店だと貧乏客ばかりになってしまいます。
お客さんに金払いのよさを求めるならキャバクラか、風俗なら高級店がおすすめです。

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

第1位 Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

第2位 ミミロケ

LINE風で簡単操作の「ミミロケ」!

スカウト機能ありで、操作が簡単です。他の高収入求人サイトが「使いづらい」と思ったら、無料登録してみよう! まだ新しい求人サイトですが、今後に期待できます!

詳しく知りたい方はこちら

風俗全般
melodeoをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました