風俗嬢は淋病の予防をしっかりしないと感染するよ!症状も確認必須

風俗嬢として働いている女性の場合、淋病の予防をしっかりとしなければ、感染してしまうリスクが高いと言われています。
淋病とは性病の一種ですが、その症状なども他の性病との違いがあります。
そこで、淋病の症状などについて詳しく見ていきましょう。

おすすめ高収入求人サイトの紹介

Qプリ保証で祝い金10,000円面接交通費2,000円必ずもらえます!
そんな高収入求人サイトはQプリだけ!

それだけが人気の理由ではありません!
  • 女の子目線でサイトが作られているから店舗情報が詳しく記載されています!
  • スカウト機能があるから希望のお店から勝手にオファーが届きます!
  • Qプリ保証が使える!(やっぱりイチオシ!
Qプリで自分に合うお店を探してみよう!

Qプリの詳細はこちら

淋病とは?その症状について


淋病とは、病原菌である、「淋菌」が原因となり、発症する性病の一つです。
風俗で勤務する女性にかかりやすい病気であり、性病として知られている病気です。
主な感染ルートとして、性行為などがあります。
性行為で、粘膜に感染しますが、場合によって口腔内に傷があると、キスやフェラなどでもうつる危険性があります。

感染率は約30パーセント以上と高くなっていて、クラミジアなどの性病と同時に罹患することが多いです。
過去の病気というイメージを持たれていて、一時期は、患者数が減少していました。
しかし、1990年代を過ぎると、罹患数が次第に増加している傾向にあります。

この病気には、数時間から数日ほどの潜伏期間があり、その後発症します。
自覚症状が初めはないので、気づかないというケースも多いです。
性器、そしてのど、目、直腸などにも感染することがあり、男性・女性によって、その症状が異なるといえるでしょう。

女性の場合は、膣から子宮のあたりに炎症が起きることが多く、おりものが増加したり、悪臭があったりします。
この変化が起きることで、症状を自覚するケースもありますが、約80パーセントの女性に自覚症状がないと言われているので、放置してしまうケースは多いです。
放置することによって、体内に病原菌が侵入し、どんどん拡大していき、不妊の原因や子宮外妊娠の原因になってしまいます。

妊婦の方が、罹患することで、胎児は、出産の際に淋菌に両眼が侵されれてしまうことがあります。
このため、妊娠中には特に注意する必要があるといえるでしょう。
胎児の両目が菌で侵されてしまった場合には、失明の危険性もあります。

淋病の治療とは?


淋病の治療は、主に抗生物質の服用において、おこないます。
大体数日~2週間程度が治療期間となります。
症状が和らいだからといって、淋菌がなくなっていない状態で薬の服用を止めめてしまった場合、症状が再び出ることがありますし、感染し続けていることもあります。

また、最近では、耐性菌と呼ばれる、薬に耐性を持った菌も現れています。
医師が完治したと診断するまでは、薬の服用を止めずに続ける必要があるといえるでしょう。

また、淋病は、初期症状がない方も多いので、検査をしなければ、分からないこともあります。
風俗で働いている女性で、性病にかかってしまったかもしれない…と不安な方は、検査をしてみることをおすすめします。
淋菌にかかっていなくても、別の性病にかかっているかどうかも調べることが出来ます。

淋病の検査方法とは?

淋病の検査では、淋菌の検出が必要であり、主にPCR法という検査方法が用いられます。
これは、分泌物などを採取し、そして症状の原因である、菌を特定するという方法です。
女性の場合には、膣分泌物を綿棒で採取する形になりますので、生理中などには検査をすることができません。
淋菌の中には、耐性菌も増えてきているため、治療が難しい場合もありますので、早めに検査をして治療をすることが必要であるといえるでしょう。

性病検査キットで検査が出来る?


淋病に感染したかもしれない…と悩んでいる方の場合、まずは、検査をして本当に性病にかかっているかどうかを、調べる必要があるといえるでしょう。
しかし、自覚症状もなく、体も元気である…という場合、わざわざ病院に行くことを躊躇ってしまうこともあります。
風俗店に勤めているという女性も、お店での検査がなければ、特に受けたことがないという方もいらっしゃるでしょう。

そこで、病院に行くことが面倒である…という場合におすすめなのが自宅での性病検査キットを使って検査をするという方法です。
性病検査キットは、ホームページで注文をすることで、検査キットが届きますので、指示通りに従い、粘膜などから、採取したものをパッケージに入れ、そして郵送します。

検査結果は後日、ホームページや、手紙などで通知されますので、誰にも知られずに検査をすることも出来ます。
プライバシー管理が徹底されているので、個人情報が漏れる可能性もありませんし、安心して検査できるといえるでしょう。
使用期限は1年以上であることが多いので、買い置きしておいて不安なときに使用をすることも出来ます。

淋病の予防対策とは?


淋病の予防対策ですが、粘膜感染をする病気ですので、ありとあらゆる行為がリスクであるといえるでしょう。
まずは、淋病に罹患しているという患者の方とは、性行為をしないと言うことが必要です。
コンドームをしていれば安全である…という意見もありますが、ゴムの有る無しにかかわらず、性行為はしないのが安全であるといえるでしょう。

もちろん、スキンを付けているという場合には、していないよりは安全ですが、挿入の際にゴムを付けるというだけでは、安全対策にはなりません
また、性行為以外にも、口と性器の接触や、場合によってはキスでも感染することがあります。
このため、一番の予防対策としては、風俗に行かないと言うことが一番であるといえるでしょう。

しかし、風俗嬢として勤務をしている女性の場合、仕事柄毎日、不特定多数のお客さんを接することになります。
風俗で勤務しているということは、それだけ感染するリスクが高いといえるでしょう。
なるべくリスクを下げるには、一見して病気と分かるお客さんや、その疑いがあるお客さんへのサービスは断ると言うことが必要です。

具体的には、性器に腫れがある方や、イボや出血などがある方です。
接客を行う前に、病気の可能性がないかチェックする習慣を付けることによって、性病予防をすることが出来るといえます。
また、普段からしっかりと性病対策をしているお店を選ぶことが必要であるといえるでしょう。

お店によっては、性病対策が義務づけられているというお店もあります。
医療機関と提携をしていて、何種類もの項目の検査を受けることが出来るデリヘル店もありますので、最初にこういった検査をしっかりとしてくれているのかという点でお店選びをすることが大切です。
どうしても病気になりたくないという場合には、ソフトサービス系のお店で働くという選択肢があります。

ハンドサービスを行うだけのエステ店などは、性病に感染するリスクは少なくなるといえます。
濃密な接触やプレイがあるソープやデリヘルになると、それだけ感染のリスクが高くなりますので、働かない方が無難であるといえるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
風俗嬢は淋病の予防をしっかりとしなければ、感染してしまうリスクがあります。
症状もありますが、最初のうちは自覚症状がないという女性が多く、気づかないというケースも多いです。

このため、病院でまずは検査をしてみることをおすすめします。
時間がなければ、検査キットを使っての検査もできますが、その場合には、病院でのケアできないので、異常があれば、すぐに治療をすることが必要です。

淋病は予防対策がありますが、一番は性行為をしないことです。
風俗などのお店ではどうしてもリスクがありますので、ソフトサービス系のお店で働くなど、工夫が必要かもしれません。

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

第1位 Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決めて!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

第2位 ミミロケ

LINE風で簡単操作の「ミミロケ」!

スカウト機能ありで、操作が簡単です。他の高収入求人サイトが「使いづらい」と思ったら、無料登録してみよう! まだ新しい求人サイトですが、今後に期待できます!

詳しく知りたい方はこちら

風俗全般
melodeoをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました