梅毒に感染したかも知れません…どういう症状が出るのか教えて!

梅毒に感染してしまったかもしれない…と不安を抱えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
梅毒に感染してしまうと、さまざまな症状が現れますが、進行具合により、その症状は異なります。
他の性病との違いもありますので、まずはどんな症状が現れるのか、病気に関して知識を増やしておくことが必要です。
そこで、どんな症状なのか、梅毒とは何かについて詳しくご紹介します。

おすすめ高収入求人サイトの紹介

Qプリ保証で祝い金10,000円面接交通費2,000円必ずもらえます!
そんな高収入求人サイトはQプリだけ!

それだけが人気の理由ではありません!
  • 女の子目線でサイトが作られているから店舗情報が詳しく記載されています!
  • スカウト機能があるから希望のお店から勝手にオファーが届きます!
  • Qプリ保証が使える!(やっぱりイチオシ!
Qプリで自分に合うお店を探してみよう!

Qプリの詳細はこちら

梅毒とは?どんな病気?


梅毒とは、黴毒、瘡毒とも呼ばれている感染症の一種です。
スピロヘータの1種である、梅毒トレポネーマという病原菌による生じる感染症です。
第一の感染経路が性行為であるため、性病の一つとしても知られていますが、妊婦の方が感染してしまった場合に、胎児に感染する先天性の梅毒もあります。

梅毒の症状は、段階において異なりますし、 それぞれ症状が消失したり現れたりしますので、気づかないこともあります。
梅毒は、かつては不治の病として恐れられてきた病です。
しかし、現在では治療薬ができたことから、患者数は激減しており、昔の病気とされてきました。

しかし、近年では、国立感染症研究所の報告によると、以前よりも梅毒の患者数が増加しており、昔ほどではないものの、感染者が増えている傾向にあります。

梅毒の症状とは?進行するとどうなる?


梅毒の症状は、主に4段階に分かれていて、先天性で発症することもあります。
多様な症例があるのが特徴で、皮膚症状以外にも、脳腫瘍や、大動脈瘤、急性肝炎や認知症などに繋がるケースもあります。
感染後1~13週間で発症すると言われていて、第一期、第二期に主に感染しやすくなっています。

現代では、抗生物質などが発達し、進行することはほとんどありませんが、進行すれば極めて危険な病気であるといえるでしょう。
死亡する例は稀ですが、初期において検査で梅毒であることが確認できれば、すぐに治療を行うことが大切です。
第一期には、病原菌が侵入した部位などに、しこりなどの膿が生じるようになります。
主に、陰部、口腔内などが多く、この塊などのしこりはすぐに消失しますが、後に潰瘍になることもあります。

また、股の付け根のリンパ節が腫れたりと、横痃(おうげん)というものができます。
第二期には、全身のリンパ節が腫れるようになり、その後関節痛や、発熱などの症状が現れます。
全身の発疹が出来、これをバラ疹と呼ばれる発疹といい、手足の裏、全身、顔面に現れることも少なくありません。
皮がめくれた場合には、とても目立ちます。
治療をせずとも1ヶ月程度で消失するため、完治したと思ってしまいがちですが、抗生物質で治療をしない限り、病原菌である、トレポネーマが体内に残り、病気は進行していきます。

感染後、3~10年の状態には、ゴム種と呼ばれる、ゴムのような腫瘍が、皮膚や骨、筋肉などに発生します。
現代では、医学が発達しているので、このような腫瘍が出来ることは珍しいです。
第4期は、感染後10年以降となります。
この時期まで病気が進行すると、多くの臓器に、腫瘍が発生します。

また、病原菌が、脳、脊髄、神経まで回りますので、それらの機能が侵されてしまい、麻痺性痴呆などが引き起こされます。
さらには、脊髄瘻を起こし死亡してしまうこともあります。
現在では稀ですが、江戸時代には、この梅毒で死亡してしまう患者はとても多く、罹患していた人骨が出土しています

HIVと梅毒


梅毒は、現代では、治療薬としてペニシリンが登場し、患者数は激減しています。
一昔前には蔓延していて不治の病と言われていた病気ですが、近年でも発生率が増加しているため、予防をしなければならないといえるでしょう。
特に、多いのが男性同性愛者の方の間で感染が多いと言われています。

日本だけではなく、近年では、欧米諸国でもこの傾向が強く、梅毒発症患者の方の、60パーセント以上は、なんとHIV感染症を合併していると言うことが現在では判明しています。
重複してHIVと梅毒に感染してしまう、重複感染が増えている理由として、どちらも性行為によって感染するということから、感染ルートが似ていて感染してしまうことなどが挙げられます。

また、梅毒感染によって、粘膜が傷ついてしまうと、HIVのウイルスにも感染してしまいやすくなってしまい、血液、精液などに含まれていたHIVに感染してしまうといわれています。
梅毒は、ゆっくりと進行していくという特徴がありますが、HIVと重複感染をしてしまうと、早い段階から急速に進行していくという場合が多いです。

また、急速に症状が進行し、神経梅毒になってしまう可能性も高いです。
この神経梅毒は、梅毒がある程度進行し、中枢神経が侵されてしまうことによって起こる神経症状であり、梅毒に感染すると、通常は数年後から数十年後に起こる症状です。

また、HIVと重複感染をしてしまうと、皮膚が酷くただれたり、晩期梅毒のような皮膚の病変が出来てしまうなど、深刻な症状が現れることが多いです。HIVと重複感染をした場合、通常の治療効果が、出にくいという特徴もあります。

無症状梅毒について


梅毒は、このように、さまざまな症状が引き起こされますが、消失したりすることもありますので、自然治癒したと思われがちです。
しかし、体内に病原菌が残っている場合には、何年か後にまた症状が起こりますので、抗生物質などできちんと治療をする必要があります。
また、梅毒は、血液検査では、陽性反応が出ていたとしても、上記の症状が全く現れないというケースもあります。
これを「無症状梅毒」と呼び、感染してから、全くもって症状が現れないものを指します。

また、症状が一時的に消える時期のことも、この無症状梅毒に入ります。
無症状梅毒なので、自分では梅毒に感染していることに気づかないこともあります。
しかし、症状が表に現れないというだけで、人に感染するので、感染リスクに気をつけなければいけません。
一時的に症状が消失したからといって完治したと思われがちですが、実はそうではありませんので、油断をしないようにしましょう。

まめに検査をすることが大切

梅毒に感染しているかどうか調べるためには、病院で検査をするという方法があります。
しかし、もしも心配な方は、検査キットで検査をすることも出来ます。
この検査キットでの検査は最近主流となる、性病検査の方法を指します。
検査に必要となっている器具がセットになっていて、注意事項に沿って自宅で検査を行います。

自分で血液、または粘膜の一部を採取し、検査機関に発送することで、性病感染の結果が通知されます。
症状がなくて、性病かどうかはっきりしないので、病院に行くのがおっくうである…という場合には、誰にも知られずに検査をすることが出来るため、メリットが大きいといえるでしょう。

この方法は、病院と変わらない検査をすることが出来るため、正確な検査ができますし、使用期限は1年程度ありますので、買い置きしておくこともおすすめです。

まとめ

梅毒は、かつては不治の病と呼ばれていた病気ですが、現在では、治療をすることが出来る病気です。
しかし、早めに治療をすることが必要ですし、症状などが現れていなくても感染の恐れがあれば、ただちに検査をすることが大切です。

初期の段階であれば、感染のリスクも低く、抗生物質などを用いて、治療をすることがっで来ます。
症状がなくても一度検査をしてみることがおすすめです。

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

第1位 Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

第2位 ミミロケ

LINE風で簡単操作の「ミミロケ」!

スカウト機能ありで、操作が簡単です。他の高収入求人サイトが「使いづらい」と思ったら、無料登録してみよう! まだ新しい求人サイトですが、今後に期待できます!

詳しく知りたい方はこちら

風俗全般
melodeoをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました