風俗嬢なら必ず読むべし!性病を予防するには一体どうするべきか

おすすめ高収入求人サイトの紹介

Qプリ保証で祝い金10,000円面接交通費2,000円必ずもらえます!
そんな高収入求人サイトはQプリだけ!

それだけが人気の理由ではありません!
  • 女の子目線でサイトが作られているから店舗情報が詳しく記載されています!
  • スカウト機能があるから希望のお店から勝手にオファーが届きます!
  • Qプリ保証が使える!(やっぱりイチオシ!
Qプリで自分に合うお店を探してみよう!

Qプリの詳細はこちら

風俗で働いていると性病になりやすいの?

風俗で働く時にさけて通れないのが性病です。
ほとんどの性病はディープキスやフェラチオ、素股や挿入によって雑菌やウィルスが粘膜に触れることで感染します。
また精液やオシッコ、唾液なども感染源になります。

風俗で働く以上はこれらの行為によって性病にかかってしまうリスクは常にあると考えなくてはいけません。
性病に感染してしまうと、体に症状が出てつらい思いをすることになります。
さらに、お客さんや彼氏に感染させてトラブルになってしまうこともあります。

最も大きな問題として、性病になれば出勤停止になることが多いのでその分働くことができずお給料が減ってしまうのです。
自分のためにもお客さにゃセックスパートナーのためにも性病を予防することは風俗嬢にとって、非常に重要なお仕事の一つと言っても過言ではありません。
性病は、粘膜が接触するサービスが多いほどそのリスクも高まります。

キスだけよりもディープキス、フェラやクンニ、さらにはNSまでどの粘膜が接触する場合でも何らかの性病にかかる可能性はあります。
フェラや素股、挿入の場合にはコンドームを付けることによって性病のリスクを下げることが出来ます。
コンドームを付けるのは避妊のためだけではなく、性病を予防して自分の体を守ることにもなるので、どうしてもNSをしなくてはいけない事情がない限り必ずコンドームを付けてプレイすることをオススメします。

また、性病は不衛生であるほどかかりやすくなります。
なのでプレイ前にお風呂に入ることが出来るソープやヘルス系の場合はしっかりと自分の体をきれいにするようにしましょう。
お客さんにもしっかりうがいをしてもらい、体を洗って上げる場合は性器を中心に石鹸やボディソープで念入りに洗うようにしましょう。

お客さんにとってはお風呂からしっかりサービスをしてもらっていると感じるので気分がよく、風俗嬢にとっては性病予防になるので一石二鳥です。
ピンサロの場合、ソープやヘルス系と比較して残念ながら不衛生な環境でのプレイになることが多いです。
基本的におしぼりで男性器を拭くことになりますが、それでも適当なふき方をせずに極力隅々まできれいになるように拭きましょう。

また、風俗嬢自身の体力が衰えていたり免疫力が低下していると性病に感染しやすくなります。
夜のお仕事をしていると不規則な生活リズムになってしまったり、つい食事が偏ってしまいがちです。
しかし、性病のリスクを下げるためにも健康的な生活を心がけて免疫力が弱まらないようにしましょう。

また、性病は常に相手に移してしまうリスクもありますので、風俗嬢は定期的な性病検査を行うようにしましょう。
まともなお店であれば月に1~2回程度の性病検査を義務付けていることが多く、性病にかかった場合は出勤停止になって治療に専念すとが出来ます。
逆に性病検査を義務付けていないお店は、性病への認識が非常にあまく風俗嬢を守ってくれないお店なので、極力勤務することは避けましょう。

そのようなお店では、風俗嬢とお客さんを介して次々と感染者が増えていくピンポン感染も起こりやすいので、そもそもそういうお店では働かないことが最も効果が高い自衛手段となります。

風俗嬢がかかりやすい主な性病

性病には様々な種類があります。
主に口やのど周辺と膣周辺にかかる性病が有ります。
性病にかかってしまうと免疫力が低下しているため、他の性病にもかかりやすくなります。

定期検査に加えて、体に異常を感じた時はすぐに病院で診てもらうようにしましょう。
風俗嬢がかかりやすい代表的な性病は以下のようなものがあります。

・口やのど
クラミジア、淋病、カンジダ など

・膣周辺
クラミジア、淋病、トリコモナス、カンジダ、尖圭コンジローマ、毛じらみ など

・その他症状が多岐にわたり命に関わるような可能性もある性病
HIV、梅毒、C型肝炎、B型肝炎 など
性病にかかった場合症状としては、のどの場合は喉の腫れや痛みを伴う場合が多く、唇周辺にぷつぷつしたいぼのようなものが出来ることもあります。

膣の場合は、かゆみを感じたり、おりものが変色したり匂いが強くなるなどの症状が多いです。
また、風邪のよう熱が出たり、口内炎が出来ることもあれば、コンジローマなら感染した場所にいぼができるなど性病の症状は多岐にわたります。
しかし、性病に感染しても症状が非常に軽くて風邪などと判別がつきにくかったり自覚症状が全くないこともあります。

また、淋病のように女性は症状が軽くても男性は尋常じゃない激痛を感じるという性病もあるため、パートナーに感染させてしまうと大変なことになってしまうこともあります。
性病にかかっているかどうかは検査によってしか完全な判別ができないので、必ず定期検査を行うとともに少しでも異常を感じたら随時検査を行うようにしましょう。

性病を予防するために出来ること

多くの性病はウィルスによって感染しますので、衛生面に気をつけることが重要です。
ヘルスやソープなどお客さんとシャワーをあびることが出来る場合は、お客さんの性器と肛門周辺をしっかり荒い雑菌を減らしましょう。
また、性病にかかっていると亀頭や尿道から膿が出ているなど見た目でわかる場合もあるので、お客さんの体を洗いながらそのような兆候がないかも確認しておきましょう。

同時に歯磨きとイソジンを使ったうがいをしましょう。
性病は口からも感染するので、イソジンを使って男性の口内殺菌することでリスクを下げることが来ます。

また、フェラや素股、挿入する際には可能な限りコンドームを装着してもらいましょう。
例えばピルを飲んでいるという理由で本番強要を断るのが面倒くさくなってNSを許してしまうような方もいますが、避妊だけではなく性病予防のためにもコンドームはとても役に立つということを覚えておきましょう。
特にヘルスなど本番NG店で本番強要をしてくるようなお客さんは日頃から生で挿入していることが多いため性病にかかっている可能性も高くなっています。

性病にかかった場合仕事に出られず困ってしまうのは女性なので、避妊のためにも性病予防のためにも本番強要には強く抵抗をするようにしましょう。
また、性病は風邪などと同じく体の免疫力が下がっている時のも感染しやすくなっています。
風俗は肉体的にも精神的にも負担が大きい重労働ですので、常に自分の体を労って栄養をしっかりとって十分な睡眠を心がけましょう。

性病予防のために抗生物質を飲むのはおすすめできません


性病にかかった場合に最も多いのがウィルスを殺す抗生物質を飲む治療法です。
そのせいか、性病にかかる前から常に抗生物質を飲んでいれば性病にかかりにくいと考えている風俗嬢もいて、そのような噂を聞いたことがあるかも多いのではないでしょうか。
しかし、抗生物質というのは通常人体に必要なものではなく、ウィルスを殺すために強い効果を持っていて副作用もある薬がほとんどです。
また、性病の種類によって抗生物質は変わるので、例えばクラミジアのときにもらった薬を飲んでいても淋病の予防にはなりません。

抗生物質は病院で診断書を貰わなくては出してもらえず、全ての性病に対応した抗生物質を飲むことは実質不可能です。
性病にかかっていないときから抗生物質を飲んでいても無駄に副作用で苦しむだけになるのでやめましょう。

まとめ

風俗店で働く方にぜひ読んでほしい性病の予防についてご説明しました。
自分の体を守り、しっかり働いて稼ぐためにも性病にかからないための予防と、かかってしまったときにすぐに治療するための検査を常に心がけるようにしましょう。

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

第1位 Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

第2位 ミミロケ

LINE風で簡単操作の「ミミロケ」!

スカウト機能ありで、操作が簡単です。他の高収入求人サイトが「使いづらい」と思ったら、無料登録してみよう! まだ新しい求人サイトですが、今後に期待できます!

詳しく知りたい方はこちら

風俗全般
melodeoをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました