PMS【月経前症候群】が辛くても出勤してる?当欠は許されるよね?

男性にはなかなか理解できなくても、女性には身近でつらい思いをすることもある、月経前症候群、いわゆるPMS。
風俗で働く女性とて、もちろん例外ではありません。

月経前症候群の症状やその程度は人によって大きく異なり、さらに同じ人でもその月によってまったく症状の程度が異なるなど、体調の変化が本人にさえ読みにくいものです。
こうした症状が出たときぶ働くのはとても辛いという場面もあるでしょう。
特に、風俗はお客さんとのコミュニケーションが求められる接客業に分類されるため、黙々と自分の作業に没頭している仕事に比べると影響が大きいといえるかもしれません。

では風俗で働く女性はどのように月経前症候群と付き合っているのでしょうか。

おすすめ高収入求人サイトの紹介

Qプリ保証で祝い金10,000円面接交通費2,000円必ずもらえます!
そんな高収入求人サイトはQプリだけ!

それだけが人気の理由ではありません!
  • 女の子目線でサイトが作られているから店舗情報が詳しく記載されています!
  • スカウト機能があるから希望のお店から勝手にオファーが届きます!
  • Qプリ保証が使える!(やっぱりイチオシ!
Qプリで自分に合うお店を探してみよう!

Qプリの詳細はこちら

月経前症候群(PMS)の症状とは?対策はある?


月経前症候群は、その名のとおり月経(生理)の前に精神的・肉体的に様々な不調が現れることをいいます。
この不調は非常に多様で、症状の形態は200種類を超えるとも言われています。
代表的な症状の傾向は月経の症状と似ています。

たとえば精神的な症状としては、怒りっぽい、泣きたくなる、落ち着かないといった情緒不安定状態、集中力が保てない、ぼーっとするなどの症状が代表的です。
肉体的な症状としては、まず代表的なものでは頭痛、肌荒れやにきび、疲れやだるさなどの症状があるほか、眠気・不眠、むくみや腰痛などの症状をもたらす場合もあります。
傾向としては生理時の症状、そして自律神経失調症の症状に似ているものが多いですが、他に特に疾患を持っておらず、月経前にこのような症状が出る場合には、PMSの症状が出ていることを疑う場合が多いでしょう。

このように多様な症状を持つPMSですが、これらに特効薬として機能する対策はいまのところありません。
多くの女性が、こうした様々な症状に合わせて、自分に合った対策をしているというのが実情です。
頭痛や腰痛の対策として頭痛薬などの鎮痛剤、消化器系の不調に整腸剤や胃薬、肌荒れやにきびに対してビタミン系のサプリメントなどを活用する方もいます。

あまりにも症状がひどい場合や、症状が複数現れているような場合には専門医の処方する薬剤を使用して症状を抑制している方もいますが、効果にはもちろん個人差があるため、薬を飲めばだれでも快適に月経前の期間を乗り切れる、という類のものではありません。
近年の労働意識では、会社の側がこうした女性の不調に対して休暇制度を設けている場合もあり、コアとなる期間を含めその前後数日まで有給休暇を使わずに身体を休めることができるという労働環境も整備されつつあります。
とはいえ、さすがに風俗業界やアルバイトという労働条件下ではそこまでの整備が行き届いていると望むのは酷かもしれません。

PMSの症状が出ていても出勤する?休むことはできる?


風俗でアルバイトをする女性にはいろいろな事情がある方もいるでしょうが、もっともその理由として多いのはとにかくお金を稼ぎたい、という理由ではないでしょうか。
風俗でのアルバイトは基本的に月給制ではなく、出勤時間や日数とバック料金で計算されるものです。
そのため、欠勤としてしまうと、その日一日は給料が発生しないということになります。

収入が発生しないという状態を避けたいため、PMSの症状が出ていても出勤をするという女性がいますが、その一方でPMSの症状が出ている場合には無理せずに休む、という女性もいます。
PMSの症状が出ていても出勤しているとする女性の多くは、先述したようなPMS症状のほか、風俗特有のつらさも味わう結果となっているようです。

多くの女性が話題にしていることとしては、生理前は身体を守りたくなるように精神的な変化が見られるようで、身体に触れられるだけでも大きな不快感を覚えるという女性が多いようです。
また、「乳房が張る」症状が出る女性もいることから、プレイ中の不快感も強くなったり、そうした不快感から、イライラする、情緒不安定になるなどの症状がさらに強くなるという意見も見られます。

お店によっては、生理期間だけではなく、PMSのときには欠勤を理解してくれたり、ソフトなプレイでのサービスにするなどと配慮をしてくれるお店もあるようですが、
それでも一人ひとりの症状やそれによって可能・不可能なプレイを把握するのは困難という場合もあり、サポートが完全な状態とはいかない場合が多いようです。

このようなことから、PMSの症状が出ているときには出勤を前提に考えながらも、お店の配慮状況や、自分のPMS症状の度合いによっては、無理せず欠勤するという選択をしている女性も少なくありません。

とはいえ、当欠には注意が必要です。お店によっては、トラブルの元となる場合もありますので、予め数日前から体調が悪いというように、PMSであることを明言しないまでも、休みとなる可能性が高いことを伝えておくのが望ましいでしょう。

PMS症状を予防することはできる?その方法は?


このように、種類も多様で程度も変わってくるPMSですから、症状が出てからそれに対応しようとしても、なかなかうまくいかない場合が多くあるようです。
そのため、風俗で働く女性の多くは、PMSの症状が出てからというよりも、むしろ症状が出る前に予防的に対策を講じている場合が多くあるようです。
もっとも一般的に用いられている対策としては、低用量ピルを利用することが挙げられます。

そもそもPMSの症状は、排卵前後の女性ホルモンのうち、エストロゲンとプロゲステロンの両方のホルモンのバランスが急激に変動することで起こるとされています。
このため、エストロゲン・プロゲステロンの作用に似たピルを摂取して、この急激な変動を制御することによって、PMSの症状を出にくくするという対策がよく取られています。
また、ピルは日常的に摂取する類のものですが、これには、生理期間に入った際に生理痛を軽減したり、生理周期の一定化といった効果も得られるとされています。

また、ホルモンバランスが整うことから、精神的な安定やお肌のトラブルが軽減されるといった報告もあるようです。
もちろん、ピルを服用することによってすべての女性がPMSを軽減できるというものではありません。
効果に個人差があることはもとより、ピルの副作用によって頭痛や吐き気、不正出血等の副作用的な症状が現れるケースも報告されています。

ピルを服用し続けるかどうか、ピル服用前・服用後とを充分に比較し、必要に応じて医師に相談するなどしながら判断することが重要でしょう。
また、ピルだけではなく、日常的に身体を温める工夫をしたり、軽い運動、健康を意識した食生活など、基本的なところから改善をしていくことで、PMSの症状が改善されるケースがあることも確認されています。
対策としてはピルのほうが手軽でも、PMS以外の健康維持のためにも、生活習慣の改善は心がけたいところです。

まとめ


PMSの症状には様々な形があり、また、人によってどのような症状が出るか、程度はどのくらいかという点には違いがあります。
風俗で働くことはどうしても客との間で身体が触れたり、会話をしたりと、PMSの症状が出ているときには辛い内容となってくるため、なるべくPMSの症状が軽減できるよう、日常的に取り組んでいる女性が多いようです。
働いているお店がそうしたPMSの症状について充分に理解し、配慮してくれる店舗なのであれば、ときには無理せず休みとするという判断をすることも、自身の体調と相談の上ひとつの選択肢として考えておく必要があるでしょう。

ピルはPMSや生理痛などの症状を軽減してくれる可能性を持っていますが、効果は個人差があるため、過信は禁物です。
生活習慣の改善も含めて、PMS対策を日常的に行っていくのが、風俗でしっかりとお金を稼ぐために必要といえるでしょう。

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

第1位 Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決めて!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

第2位 ミミロケ

LINE風で簡単操作の「ミミロケ」!

スカウト機能ありで、操作が簡単です。他の高収入求人サイトが「使いづらい」と思ったら、無料登録してみよう! まだ新しい求人サイトですが、今後に期待できます!

詳しく知りたい方はこちら

風俗全般
melodeoをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました