激安ソープに高級店で稼げそうな若くて可愛い子が増えてる理由とは?

近年、風俗嬢やAV嬢のレベルアップが、よく取り沙汰されています。
かつての「温泉芸者」や「温泉ストリップ」、江戸時代の女性に対する表現でよく耳にする「大年増」など、
日本において風俗系の仕事に関わる女性のイメージは、比較的高齢であり、
一般的に「可愛い」、「きれい」とされているような容姿を持つ女性は、少なかったように思われています。

しかし、今やAV業界は軒並みいわゆる「キレイどころ」で占められ、都心のキャバ嬢はアイドル的な人気を誇り、ソープでもキャバ嬢並みにファンを持つソープ嬢も少なくありません。
ソープにおいては、「高級店になればなるほど女性のグレードは上がる」、というのが常識でしたが、近年は激安ソープにも、かつての高級店並みのグレードの、若くて可愛い女性が、たくさん在籍している、といわれています。

今なぜ、激安ソープにも、高級店でしこたま稼げそうな、若くて可愛いソープ嬢が増えているのでしょうか。
ここでは、その理由を探ってみます。

背景に価値観とニーズの多様化がある?

後ろめたいイメージが低下


かつて風俗系の仕事や、いわゆる「お水系」の仕事には、たいてい「訳アリの女性」が勤めていたものです。
必ずしも年齢が高い層だけではなく、若い子もいるにはいたのですが、やむにやまれぬ理由があったり、たくさん苦労してきていたりして、実年齢よりも、ずっと大人びて見えるようなことが、多々ありました。

このため、なんとなく年齢層が高いと思われていたり、無邪気な子供のイメージの「可愛い子」、というのも、少なかったのではないか、と思われます。
ところが、一般企業や工業などの産業の近代化と並行して、風俗産業も一般的な見方やポジションが、近年かなり変わってきています。

AVの攻勢やキャバ嬢の一般化、普遍化などとともに、AV女優や風俗、それから「お水系」の職業などが、数ある職業の、ひとつの選択肢として、昔よりも確実に地位を築きつつあります。
その結果、多くの人が考えるような「一般的な敷居の高さ」が少なくなってきて、より多くの人々がなんとなく感じていた「後ろめたさ」のようなものが、低下してきていることが原因のひとつなのではないか、と思われます。

価値観の多様化も一因

激安ソープや格安ソープにも、若い、可愛い子が増えてきていることの一因として、「価値観の多様化」もあげられます。
職業としての「ソープ嬢」の地位が向上しているだけではなく、日本人の欧米化や、アメリカナイズということも後押しして、昔よりも「価値観の多様化」が、かなり進んでいるもの、と考えられます。

そもそも食生活の欧米化が進んでいたり、化粧の仕方が変わってきていたリ、さらに整形などの美容関係の敷居も急速に低くなってきていることも、いわゆる「可愛い子」の量産に拍車がかかっている、といえそうです。

ニーズも増えている


さらに、価値観の多様化と並行して、少子高齢化が進み、ニーズ、つまり需要側のピンポイント化が進み、供給側=ソープ嬢側の慢性的な不足も発生しているもの、と思われます。

この結果、ニーズのあるところには人が集まり、人が集まるところには競争が生まれ、掛け持ちが増えたり、そもそもの女性のグレードの底上げにもつながっている、とみられます。
要するに、ロングテール化が進んだことで、非常に多くのピンポイントなニーズ(かつては少数派として、「マニアックなニーズ」とされていたものが、大量に発生しているのです)について、需要側も供給側も人手不足が発生し、各ジャンルの活性化が進んでいるもの、と思われます。

ニーズのピンポイント化と、人手不足が同時に進行すると、掛け持ちやリピートが増えて、需要側も供給側も安定度が増し、
供給側はより多く稼げますし、需要側は「グレードが上がった」、と感じることができる、というわけです。

アイドル並みの秘密

一億総アイドル化?

ちなみに、現在の風俗嬢を称して「アイドル並み」という表現が多く使われていますが、そもそも「アイドル」について、かつてよりもかなり敷居が低くなってはいないでしょうか。

昭和の時代、アイドルというものは、基本的にピンが主流で、多くても2人組か3人組が多かったものです。
今では5、6人から数十人のグループも少なくありませんが、この事象は、かつてのアイドルが、単体で十分通用するようなグレードを保っていた、ということが考えられます。

その反面、「ニーズの変化」というものも見逃せません。
現在主流の「パッケージ売り」は、多彩なニーズに供給側が対応するための、ひとつの手段である、といえます。
かつてのアイドルのグレードが高かったことと、ニーズの変化は、大きな因果関係を持っている、と考えられます。
振り返って、現代の風俗業界のニーズを考えてみると、先ほどお話ししたように、「ニーズの細分化」と、SNSの浸透に伴った「好みの公表の敷居の低下」が進んでいます。

その結果、かつての昭和のアイドル時代のファンのように、「一番好きなタイプに正直になる」、ということが促進されました。
「一億層アイドル時代」の正体は、実は「ニーズの一億細分化と、正直化の促進」なのです。

高級ソープはどうなっている?


激安ソープや格安店に在籍している風俗嬢のグレードが高くなっていることと、ニーズの細分化や、好みの公表・正直化の関連性は、今までお話してきたとおりですが、
それではそんな時代における「高級ソープ」に在籍している風俗嬢は、いったいどれほどのグレードを誇っているのでしょうか。

高級ソープも、ニーズに合わせて細分化が進んでいるので、一概に「こうである」とは断言できませんが、おそらく「高級感ありきのサービスの提供」に特化しているものであり、
風俗嬢のグレード自体は、それほど大きく変わらないのではないか、と思われます。

わかりやすくいえば、風俗嬢のグレードもさることながら、サービス業としてのソープ店に特化した「高級ホテルのような存在である」、といえます。
そういった中で実際、風俗嬢自体のグレードは、格安店と高級店では、それほど大きくは変わらないのではないか、といえそうです。

供給側としての女性の見た目や年齢、体系、その他多くの要素というものは、需要側の男性のニーズが細かくなればなるほど、それほど気にしなくても良いものである、といえます。

まとめ


「激安ソープに在籍しているソープ嬢のグレードが高くなってきている、高級店に行っても十分稼げそうな可愛くて若い子がゴロゴロいる」、という状況は、
実はかつてもそれなりにあったものの、その時代時代の背景に存在していた人々の価値観や、サービス業、さらには商売のコンセプトとしての方向感が、
格安店と高級店では異なることによって起こっている、と考えられます。

実際風俗嬢のレベルはそれほど大きくは隔たりはなく、さらにいえば、人それぞれの好みは、それこそ十人十色であり、一概に「最上級のグレードである」とは、言い切れないものなのです。
とはいえ高級店は非常に価格設定が高く、そこで働く嬢の収入もより多くを望めます。

格安店の収入は、高級店と比較すると、低くなることは否めません。
働き手としては、どれくらい稼ぎたいのか、ニーズがどれくらい計算できるか、また多くを望む場合には、サービスレベルに応えることができるかどうか、このあたりを判断して、お店選びを進めていきたいものです。

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

ソープランド
melodeoをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました