体重100キロの風俗未経験デブでも働けるお店はありますか?

近年、「デブ専風俗」というキーワードが取り沙汰されているように、一部のマニアだけではなく、一般の風俗ファンの間でも、結構太目どころか、相当に太っている風俗嬢も、ピンポイントで人気を集めるようになってきた、といわれています。

太った女性は、昔からマニアックな人気はあったものの、お店の看板や店名にされるほどにはニーズが存在しなかったことを考えると、隔世の感があります。
とはいえ風俗は人気商売で、「ニーズがあってこそ」というところはともかく、「セーフな太目」、つまり、一般的に太っている、といわれている女性の中でも、いわゆる「デブ専」で人気を博すことのできるラインは、あるのではないか、と考えられています。

ここでは、体重100キロのデブ(失礼)で、なおかつ風俗未経験の女性の「風俗店で働ける可能性」を考えていきます。

おすすめ高収入求人サイトの紹介

Qプリ保証で祝い金10,000円面接交通費2,000円必ずもらえます!
そんな高収入求人サイトはQプリだけ!

それだけが人気の理由ではありません!
  • 女の子目線でサイトが作られているから店舗情報が詳しく記載されています!
  • スカウト機能があるから希望のお店から勝手にオファーが届きます!
  • Qプリ保証が使える!(やっぱりイチオシ!
Qプリで自分に合うお店を探してみよう!

Qプリの詳細はこちら

100キロある女性のニーズはある?

日本ではまだまだモデル体型がモテている


そもそも「太目」とか「スリム」とか「モテ体形」というのは、文化に左右されるところが多分にあり、極端な例をあげれば、「時代や国によって全く異なる」、と言い切れるものです。
日本では体重100キロというと、立派な「デブ」です(身長による、とはいうものの、近年の日本女性の20歳~40歳あたりの平均身長は、159センチ程度ですから、100キロと159センチのバランスを考えると、言うまでもありません)。

日本では、どちらかというと細目、といいますか、若干細すぎるような、いわゆる「高身長のモデル体型」がもてはやされる傾向が顕著です。
しかし、あくまでも「好みによりけり」というところも多分にあり、「デブでないとイケない」というマニアックな日本男性も一定数存在してきました。

国によって異なる「モテる女性の体形」

ところが、諸外国では、「太っていればいるほどモテる」、という国も存在しているのです。
たとえば、アフリカ北西部にあるモーリタニアという国(国土の大半が砂漠という、おおよそアフリカのイメージとはかけ離れたところだそうです)は、女性は太っていればいるほど、「富と美が秀でている」という判断をされる、とのことです。
このため、結婚適齢期になると、意図的に高カロリー食を摂って、あえて太る、ということもおこなわれているようで、日本とは正反対ともいえる状態です。

ほかにもクウェートやフィジー、レゲエで有名なジャマイカなど、「女性は太っている方が美しい」、とされる国をあげると、いとまがありません。
なぜこんなことが起きるのか、というと、前述のモーリタニア然りで、大昔からその国々での気候や人種、価値観や宗教観などは千差万別であり、もちろん流行り廃りもあるものの、基本的には国によって「理想の女性像が変わる」というのは、自然の摂理というものです。

昔から島国で、四季もあったはずの日本で、どちらかというとふくよかな女性が人気があった時期(平安時代や鎌倉時代などが該当します)もありましたが、さすがに100キロオーバーの人気が多数派になったことはなく、
かつての日本における「ふくよか人気」と、現代の「スリム=モデル体型人気」は、日本男性の好みの振れ幅としては、ほとんど「誤差の範囲」である、といえそうです。

働けるお店はある?

ロングテールは風俗店にも押し寄せている


ところが、そんな日本の風俗業界においても、AMAZONなどに代表されるようないわゆる
ロングテール現象(販売機会が少ない商品、つまり風俗でいえば「マニアックな趣味のニーズ」の取り扱い、品ぞろえを増やすことで、以前よりもずっと多くのニーズを掘り起こし、総体としての売り上げの底上げを実現している状態)」が起こっています。

1980年代に「ファッションヘルス」というジャンルが確立されて以来、SMクラブやイメクラ、そしてデブ専などの「(表向き)非本番系の選択肢」が飛躍的に増加して、結果的に多くのマニアックニーズの掘り起こしに成功した、といえそうです。
簡単にいえば、「太った女性が好きな男性」は、昔から一定数いて需要があったものの、そもそもの情報の不足や、供給側の商品提供が非常に少なかったため、
堂々と「太目が好き」といえる状態や、太目好きの性欲を解消できるような風俗店が無かったところに、多くのお店ができ、同じような趣味の男性がたくさん声をあげた
(実際には声をあげなくともネットやSNSがあるので、抵抗感や敷居が非常に低くなっています)ことで、結果的にそれなりの市民権を得た状態になったのではないでしょうか。

これが、現在の「太目女性」を取り巻く環境です。

実際増えている「デブ専」なお店


ネットやSNSは、かつてないほどのニーズを掘り起こしたと同時に、「一般的なニーズとマニアックなニーズを、同じように並べる」といった効果をも生み出しました。
ネットやSNSは、アクセス数や「いいね」の数などが評価基準となるのですが、そういった定量評価指標は、商売に直結している側によるマーケティングニーズ、つまり「供給側」にこそ重要な要素なのですが、対して「需要側」は、それぞれの自分自身のニーズに沿って、アクセス数の多いものも少ないものも、フラットな情報として眺めます。

このため、かつてよりも「皆がモデル体型好きなので、本当は好みではないけれどもなんとなく合わせる」、または「本当は好みが違うけれども、供給がなされていないので、違った対象で我慢する」、ということが少なくなり、「本当に必要とするところに、ダイレクトにアクセスする」、という状態となったのです。
この結果、「デブ専」のお店が増えてきている、というのが、近年のトレンドのメカニズムになります。
結果、働き手の応募の敷居も低くなった、と考えられます。

極端な状態が好まれる

さらにロングテール現象では、より極端なものが、「あるジャンルを象徴する存在」として、一定の評価を得やすい傾向にあります。
言い換えれば、「デブ専」というキーワードが、市民権を得れば得るほど、「極端な体重」は象徴的な存在として、同じように市民権を得ていく、ということです。

つまり、「デブ専」が人気のキーワードで居続けている以上、100キロや150キロといった「極端な状態」には、それなりのニーズが存在する、ということになります。
「象徴的な存在」が、必ずしも実際のニーズの多さや売り上げなどに直結しないことは、プロスポーツ界や芸能界などでも見られているとおりです。

まとめ


日本における「一般的に良いとされる女性の体系=モデル体型」は、単に「女性の好みについての多数決において、非常に数が多い状態」でしかなく、ロングテール現象の環境下における需要と供給の関係においては、何の意味も持っていない、と言い切れるものです。

このことは、現代の日本において、体重100キロの女性が働けるお店は存在し、しかもお客さんも、ひと昔前よりは確実に多い(期待値は働き手によって異なるため、それほど多くないと感じるかもしれませんが)ことが見込めます。
こういった傾向は、風俗業界以外の他のジャンルでもあらわれているとおり、地方部よりも都市部に顕著に現れるもの、と思われます。

地方在住で、「それでも自信が持てない」という方がおられたら、確実にニーズがあると思われる、モーリタニアやジャマイカへの出稼ぎバイトも視野に入れると、「働けて、しかも稼ぎが見込める(風俗未経験なら、先入観も持たないで済みます)」ことがより確実となるでしょう。

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

第1位 Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決めて!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

第2位 ミミロケ

LINE風で簡単操作の「ミミロケ」!

スカウト機能ありで、操作が簡単です。他の高収入求人サイトが「使いづらい」と思ったら、無料登録してみよう! まだ新しい求人サイトですが、今後に期待できます!

詳しく知りたい方はこちら

風俗全般
melodeoをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました