風俗とチャットレディー働きやすさならどっちがおすすめ?

風俗嬢とチャットレディーはどっちがおすすめかと言いましても、実はどちらもおすすめです。
なぜなら女の子により向き不向きがあるからです。
風俗に向いている女の子もいれば、チャットレディーに向いている女の子もいます。
風俗とチャットレディーどちらで働くのが良いのかいろいろ比較して考えてみましょう。

おすすめ高収入求人サイトの紹介

Qプリ保証で祝い金10,000円面接交通費2,000円必ずもらえます!
そんな高収入求人サイトはQプリだけ!

それだけが人気の理由ではありません!
  • 女の子目線でサイトが作られているから店舗情報が詳しく記載されています!
  • スカウト機能があるから希望のお店から勝手にオファーが届きます!
  • Qプリ保証が使える!(やっぱりイチオシ!
Qプリで自分に合うお店を探してみよう!

Qプリの詳細はこちら

どちらの職種にも共通する点


・時給は発生せず完全歩合制が基本です。
風俗の中には稼げなかった時の保証をつけてくれるお店もありますが、条件はいろいろあって厳しいです。
・男性と交流します。
・アダルトライブチャットの場合は、風俗のように裸にもなります。
共通する点はそのぐらいですね。
似ているようで似ていない職種な訳です。

風俗をするメリット・デメリット


風俗をするなら星の数ほどあるデリヘルが一番比較しやすいのでデリヘルのメリット・デメリットをまずはご紹介します。

メリット

とりあえずお客さんにつけば1本あたり10,000円以上になります。ロングコースの場合は1本20,000円以上にもなります。
顔出しNGであんまり指名を持っていない女の子でも、フリーのお客さんにはお店側が好みのタイプを聞いて、
それに近い女の子をデリバリーするので、よほどイメージとかけ離れていない限りお仕事につくことは出来ます。

人気があればあるほど、手取りも高くなり指名料も入るのでとても稼げるのがデリヘルです。
あんまり会話が得意でない女の子でもサービスを頑張れば指名は取れるので稼げるようになります。

デメリット

どうしても避けては通れないのが性病です。
毎月きちんと検査していていも、予防をしているわけではならないので性病にかかっていないかの確認だけです。
運が悪いと性病にかかってしまい治るまで出勤停止となってしまい、収入がしばらくストップしてしまいます。

密室での男性と1対1での対面接客になるので、たまに怖い思いもすることがあります。
特にデリヘルは、何かあってもすぐに従業員は駆け付けられないので危ない目に会うときもありますし、まれにお茶もあります。

チャットレディーをするメリット・デメリット


メリット

男性とパソコンやスマホを通して会話するだけなので、危険な思いもすることなく、性病にかかる心配もありません
人気のチャットレディーになれば効率よく稼げるパーティチャットで風俗ばりに稼げます。
ポケットワークと言う会社のパーティチャットの例をあげますと、在宅で分給75円×会話した時間×パーティに参加した男性の人数で計算しますので、
例えパーティに男性が1人しか参加していなくても最大で60分4,500円の時給になります。参加人数が多ければ多いほど稼げる仕組みになっています。

デメリット

フリー制度がないので、必ず指名制になります。
どんなに吉本バリの面白い話が出来たとしても、男性はまずは見た目だけで指名してくるので、容姿が良くないと仕事になりません。
ライブチャットのトップ画面でも顔出ししていない女の子はあんまり目に止まりません。

そして、言いかたが悪いですが、「ちょっと不細工だな」と思う女の子も避けてしまいます。
と言うことは、容姿が良くないとずっと待機しているだけで、給料は入ってきません。
なんとか指名してもらえて、会話がスタートしたとしても、チャットレディーの武器は会話力だけです。

会話でどこまで引っ張れるかによって給料に差が出てきます。
会話を続行させたい、次の指名に繋げたいと、女の子も必死なので、お客さんの言うとおりに、エッチな方向へ走ってしまいます。

でも、よく考えてください。
ネット配信されていると言うことは、どこからでも自分のエロライブ映像が見られてしまうと言うことです。
風俗で顔出しするよりも、危険です。

こうしてデリヘルとチャットレディーのメリット・デメリットを比較してみましたが、一長一短です。

こんな女性ならデリヘルをやってる方が得!


ちょっと容姿には自信がないけど、胸の大きさだけは自慢な女の子や、フェラや素股(たまにはこっそり本番も出来る)が得意、イチャイチャ恋人プレイが出来るのであれば、断然デリヘルもしくは風俗業界に在籍しておいた方がおすすめです。

風俗は確かに容姿も美しいにこしたことはないのですが、それ以上に必要なのは気遣いや、テクニックです。
たまに「なんでこんなパッとしない女の子がNo.1なの?」って思う風俗店もあります。
最初はお客さんのつきが悪かったでしょうが、フリー客などを手抜きせず、一生懸命サービスをして気遣って、次の指名に繋げていった証拠です。

だからこそあんまり容姿に自信がない女の子はデリヘルなどの風俗店に在籍しておいた方がおすすめです。

こんな女性ならチャットレディーをやっている方が得!

チャットレディーはまずは容姿が全てです。
吉原高級店受かるくらいの容姿の持ち主であればチャットレディーでも、男性の目についてすぐに指名が入ります。
指名さえ入ってしまえばこっちのものなので、給与体系は分給なので、とにかく会話を引き伸ばすテクニックも持ち合わせていると良いです。

そして、キャバクラやヘルスでも言えるのですが、簡単に全てを見せてしまうと(ヘルスの場合は本番)男性の本能的に「もういいか」という気持ちになってしまいます。
なので初回の指名で簡単に脱いだりオナニーを見せたりしないで、焦らしながら、「次指名したら脱いでくれるかも」と期待を持たせつつ、次回指名に繋げていくことが出来る女の子ならチャットレディーをおすすめします。
美人は3日で飽きると言われていますし、飽きさせない会話テクニックが人気チャットレディーになる秘訣です。

昼間しか働きに出られない女性はどっちが儲かるの?


独身女性であればどの時間帯でも働きに出ることが出来るのでデリヘルでも、チャットレディーでも超自由出勤が出来ます。
チャットレディーなら自宅でも働くことが出来るので、仕事から帰宅したら少しおこづかい稼ぎとして働けるのもとても魅力的です。
しかし昼間しか働きに出られない主婦などの場合は、どちらの方が儲かるのか調べてみました。

チャットレディーの場合、自宅でも仕事が出来るので、移動時間など考えると主婦向きな気もしますが、実際は昼間からライブチャットに張り付いている男性はとても少ないです。
しかも、上記で説明している通り、まずは指名してもらわないと給料は発生しません。

凄い美人の人妻ならば選ばれる可能性も多少はありますが、生活感丸出しの主婦など男性はわざわざ選びません。
昼間はお客さんが少ない中で争奪戦なので間違いなく昼間しか働けない主婦はパソコンの前で張り付いて待機し続けなくてはならないのでとても辛いです。

その点、デリヘルだと昼間からお客さんからのコールがあります。
しかも近年人妻はハードサービスしてくれると人気なので、昼間しか働きに出ることの出来ない女性は絶対にデリヘルの方が稼げます。

風俗とチャットレディーどっちがおすすめだった?

どちらの職業もメリット、デメリットが発生しているのが現実です。
ハイリスクハイリターンを望むのであればデリヘルをオススメします。
逆にローリスクローリターンでも構わないと言うのであれば、チャットレディーをオススメします。

女の子によってはチャットレディーの方が稼げる場合もあるので、1度どちらも体験してみてから判断しても遅くはありません。
チャットレディーなら通勤型も選べるので、機材を揃えなくても体験は出来ます。
自分でどちらも体験してみて、合っている方を選ぶのが一番オススメします。

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

第1位 Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

第2位 ミミロケ

LINE風で簡単操作の「ミミロケ」!

スカウト機能ありで、操作が簡単です。他の高収入求人サイトが「使いづらい」と思ったら、無料登録してみよう! まだ新しい求人サイトですが、今後に期待できます!

詳しく知りたい方はこちら

風俗全般
melodeoをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました