誰か店泊がどんな感じか教えて!風俗店で一夜過ごすって怖い!

風俗全般

出稼ぎの風俗嬢や終電がなくなったなどさまざまな事情で店泊する女の子がいますが、どのような感じなのでしょうか?

ホテル代がかからずお得のように見えますが、実際はなかなかリラックスして過ごすことができず、苦労している場合もあるようです。
あらかじめ様子を知っておけば対策することも可能です。

店泊とは


店泊とは文字通り、お店に泊まることです。
終電を逃してしまった、大雪や電車が止まってしまったなどアクシデントで突発的に1泊だけする場合もありますが、ほとんど住み着いているような女の子もいます。

デリヘルの場合は待機所、箱ヘルの場合は事務所やプレイルームに泊まります。
法律的にはグレーゾーン、あるいは摘発対象になるので注意が必要です。

店泊のメリット

店泊のメリットはなんといってもお金です。
家に帰るための交通費、出稼ぎの場合はホテル代などを浮かせることができます。
疲れ切っている場合は家まで帰らなくて済み、身体的に楽という場合もあります。

デメリットの方が多い


店泊はお金や時間の節約にはなりますが、デメリットの方が多いです。
店泊は怖い、疲れが取れないという女の子は少なくありません。

鍵がかからない

寝る部屋に鍵をしっかりかけることができない場合は少なくありません。
いつ誰が入ってくるか分からないという状態ではリラックスしたり、疲れを取ったりすることは難しいです。
とくに、スタッフは簡単に入ってこられてしまいます。

ガサ入れに入られることも

女の子が店泊を繰り返しているお店は管理売春や風紀を乱すといった理由でガサ入れに入られる可能性があります。

空調が悪い

空調が整っていない場合があります。
夏は熱中症が心配ですし、冬場は明け方がとても冷え込みます。
エアコンをつけっぱなしにすると電気代がかかるので、お店側が良い顔をしないこともあります。

あるいは古いエアコンだと一晩つけっぱなしだと乾燥して風邪をひきやすくなるかもしれません。
とくに、プレイルームに泊まる場合は空気が籠りやすいので注意が必要です。

プライベートと仕事を分けられない

風俗嬢というのはストレスのたまる仕事です。
それなのに、仕事が終わった後も仕事場で過ごすとなかなかリラックスすることができません。
店泊をしているとプライベートと仕事の境目があいまいになり、身体や心を休めることができなくなってしまいがちです。

不潔

古かったり、接客と同じ寝具を使ったりするのは衛生的によくありません。
毛ジラミやダニにもうつりやすくなります。
お風呂に入れなかったり、洗濯がままならなかったりするせいか、店泊をする女の子は臭いという女の子もいます。

そうでなくても、本来、人が住むはずではない設計の場所に人が寝泊まりをし、
飲食をするとどことなく散らかったり、汚れたり、
だらしなく不潔な印象になりやすいです。

ゴキブリやネズミなどが出ることもあります。
深夜に1人でゴキブリと退治するのはとても恐ろしいでしょう。

1人は怖く、複数は煩わしい


店泊は1人でするとは限りません。
1人はもちろん、孤独です。
しかし、複数の女の子で泊まることも煩わしいです。

気の合う女の子とたまにの店泊ならば合宿や女子会のようで楽しいかもしれませんが、さほど親しくもない人と頻繁に店泊をするのは1人とは違うストレスが溜まります。
仕事ではないのにお互いに気を使わなければなりません。

狭い空間と悪い空気、不自由な環境で長く過ごしていると険悪な雰囲気や喧嘩になりやすいです。

持ち物は最小限

お店のスペースには限りがあります。
自分の持ち込める荷物は最低限です。
不自由な生活になりやすいです。

横になれるとは限らない

店泊は横になって眠れるとは限りません。
足を延ばして眠れる環境のお店もありますが、座椅子のようなところで仮眠程度しかできないお店もあります。

店泊のための準備

店泊はあまりおすすめできるものではありません。
しかし、準備を整えてから泊まることで、少しはましになります。

暇つぶしの道具

店泊はなかなか眠れない可能性があります。
夜に1人でお店にいる孤独や恐怖を紛らわすために暇つぶしのものがあると良いでしょう。
ゲームや本、勉強道具など嵩張ったり、散らかったりしないものがおすすめです。
充電器も忘れないようにしましょう。

食料

飲み物や食べ物はあらかじめ買い込んでおくようにしましょう。
深夜に1人で風俗街をコンビニまで行くのは避けたほうが賢明です。

身だしなみ用品


基礎化粧品、化粧品、ドライヤー、メイク落としなど身だしなみを整えるものをそろえておきましょう。
店泊をするとどことなく不潔だったりだらしない印象になったりしがちです。
店泊だからこそいつもよりも身だしなみを整えることを心がけるようにしましょう。

周辺の地理は把握を

コインランドリーや銭湯、コンビニ、ドラックストアなど周辺の自分に必要となる施設を把握しておくようにしましょう。
外出はなるべく昼間のほうが治安上おすすめです。

店泊は最小限に

已むえない事情がある場合を除き、店泊は最小限に済ますようにしましょう。
店泊を長期的に続けると一緒に働く女の子やスタッフから見下されたり、だらしない女の子だと思われたりしがちです。

店泊は宿泊費や交通費の節約にはなりますが、身心を休めることは難しいです。
薄暗くプライベートのない空間で長時間過ごし、コンビニやドラックストア、コインランドリー以外に外に出ない生活を繰り返していると精神を病んで仕事を続けられなくなってしまいます。

風俗は大変な仕事だからこそ、プライベートな空間や時間を大切にしなければなりません。
お風呂もなく、空気も悪く、清潔とも言えない空間は健康だけでなく、美容にも悪いです。

どうしても泊まる場合は繁忙期や短期の出稼ぎなど期限を区切るようにしましょう。
家が無くても、早めにお金を貯めてアパートを借りたり、ホテルやウィークリーマンションに移ったりすることを目指しましょう。
せめて、ネットカフェやサウナのほうが精神的に楽になりやすいです。

最初から寮があるお店で働くことも大切です。
寮が完全に無料なお店は少ないですが、最初の一カ月くらいは支払いを延期したり、サービスしてくれたりするお店あるので交渉してみましょう。

出稼ぎの求人に注意

出稼ぎの求人の中には寮完備を謳っていても実際には店泊や事務所泊であるお店もあります。
あまりにも好条件の求人は面接の時によく確認をしておきましょう。

店泊で稼げている女の子はいない


店泊はストレスが溜まりますし、美容にも悪いです。
そんな女の子がお客さんを満足させることは難しいです。
ますます稼げなくなり、泊まる場所を確保できず、お店にも女の子にも煙たがられてしまうとい、さらにお客さん受けは悪くなるという悪循環に陥ってしまいがちです。

店泊はオーラスで連日働くことができ、一見効率が良さそうに見えますが、プライベートと仕事、どちらにも悪影響を与えてしまうことが多いです。

店泊は最低限に

どのような事情があれ、店泊は最低限にするように心がけましょう。
店泊は衛生的とはいえませんし、防犯上も心配事が多いです。
また、プライベートを確保することができず、身体も心も休まりません。

さらに、店泊を繰り返しているとどことなくだらしない印象を周囲に与え、客受けは悪くなりますし、お店や女の子にはうとまれがちです。

どうしても店泊をする場合は暇つぶしの道具や食料などを持ち込むようにしましょう。
身だしなみにもいつも以上に気を使いましょう。

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

第1位 Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

第2位 ミミロケ

LINE風で簡単操作の「ミミロケ」!

スカウト機能ありで、操作が簡単です。他の高収入求人サイトが「使いづらい」と思ったら、無料登録してみよう! まだ新しい求人サイトですが、今後に期待できます!

詳しく知りたい方はこちら

風俗全般
melodeoをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました