リスカしてても働けるお店探してます。どういうとこなら平気?

風俗嬢には、リストカットをしているという女の子がとても多いと言われています。
多いというか、リスクは当たり前の世界であり、リスカ跡があったとしても気にしない…という男性の方も多いです。
風俗では、精神を病んでいるメンヘラの子もいますので、こういったことは珍しくありません。
しかし、働く店が限られてしまうという問題があります。
そこで、リスカをしていても働けるお店について詳しく見ていきましょう。

リスカ跡があれば、面接で採用してもらえる?

風俗嬢の女性には、リスカ跡がある女性はけして珍しくはありません。
お店の面接で採用してもらえるかどうかは、結論から言うと、そのぐらいならば採用してもらえるお店もあれば、絶対に採用しないというお店など二つに分かれているといえるでしょう。

容姿が良ければ、傷自体が古く、過去のものであれば採用してもらえるお店は多いと言われています。

傷が古かったとしても、その傷自体が赤くて、広範囲にわたっていて、目立つ場合には、不採用となってしまう可能性はあります。

面接では隠し続けるよりも、素直に見せてみて、判断をしてもらう方が良いといえるでしょう。

黙っておいた場合、実際に勤め始めてから、お客さんからクレームが来たりすることもあるようです。

お客さんには引く人も居るかもしれませんが、ニコニコとした笑顔で接客をしていると、リピーターがつくという可能性があります。

必ずしもリスカ跡があるから働けないというわけではないといえますし、接客サービスが良ければ、リピーターがつく可能性もあります。

クレーム対象となることも?タトゥーや和彫りと同じ

厳しいお店では、店長やスタッフが、直接お肌を見るなどをして判断するお店もあります。
お店によっては、タトゥーや和彫り、妊娠線などはクレーム対象となってしまうため、よほどのことがなければ、面接で落としてしまう…というお店もあるようです。

しかし、これらのマイナス要素をカバーするだけの容姿やテクニックがあれば、採用に至るケースも少なくありません。

たとえ秘密にしていたとしても、撮影や講習でばれてしまうことがありますので、事前にスタッフに相談をすることは必要です。

講習や撮影では、商品を見るという目的で、裸にして、傷の有無などを確認します。

どうしても見られたくなかったり、採用してもらいたいという場合には、テーピングやリストバンド、またはコンシーラーやファンデーションなどを使って、上手く隠すという方法もあります。
最近では、ケロコートやアットノンといったもので、傷跡を隠すことも出来ます。

また、傷跡をレーザーなどで消すことによって、採用してもらえる可能性もあります。

リスカ跡があると損することとは?

無事、お店に採用してもらうことが出来たとしても、リストカットは、タトゥーや、入れ墨と同様に、マイナスとなってしまうことがほとんどです。
お店によっては、許してもらえるというお店もありますが、基本的にプラスに働くことはありません。

風俗の女性のお給料は、減点方式で決められていることがあり、最初にリスカ跡があることで、バックや保証が下がってしまうことがあります。

リストカットの跡や、タトゥーや妊娠線があれば、その都度減点されていき、そして保証やバックが低くなってしまいます。

妊娠線の他にも、帝王切開の手術跡や、交通事故で傷があるなど、過去の傷の程度によっては、採用を見送られてしまうこともあります。

お店側としては、写真撮影の際に、写真修正を行いますが、お客さんが実際に見たときに、引かれてしまうこともあり、クレームに繋がってしまうことがあります。

リスカが原因で、リピーターになってもらうことが出来ないこともあるといえるでしょう。

また、リストカットの跡があれば、スタッフ側もその女性は注意してみるようになります。
精神的に病んでいる女性であるだとか、偏見の目で見られてしまうことになりますし、心配されることも増えて、面倒になることが多いです。

今は、リストカットの跡を消すためのアイテムがいくつかありますが、風俗のお仕事では、裸になると言うこともあり、厳しく見られてしまい、これだけ損をしてしまうことになります。

リスカ跡があっても働けるお店とは?

風俗店は、このように面接で採用してもらうことが出来るお店とそうでないお店があります。

働けるお店を探すための方法として、「タトゥーのある子採用可」と書かれているお店がありますので、求人を探す場合にもタトゥーがオーケーなお店を選ぶと良いでしょう。

タトゥーが認められているお店は、リスカも認められているところが多いです。

風俗と一言で言っても、さまざまなジャンルのお店がありますが、高級ソープや高級ヘルスなどのお店は、採用してもらうことが厳しいといえるでしょう。

これらのお店は、講習で裸になることも多く、ボディタッチが大変厳しいことが多いです。

高級店になればなるほど、お客さんの求める女性のレベルも高いですので、傷があれば、不採用としているお店も多いです。

リスカをしていても、割と働きやすいという風俗のお店は、ピンサロです。
ピンサロの採用基準は、他の業態の風俗店と比較しても低めに設定されています。
リストカットを初めとした、体の傷に対しても寛容な対応をしているところが多く、体に傷があるという方や、出産後で妊娠線があるという女性でも活躍しています。
ピンサロは、基本的に暗闇での接客サービスとなることが多いですし、ソープのように、全裸でプレイをすることがあまりありません。

暗闇でのサービスですので、体に傷があったとしても問題なくプレイをすることが出来るので、リストカットがある女性でも働きやすくなっています。

腕全体に傷があったり、広範囲に傷跡があれば、厳しい場合もありますが、お店が暗いため、コンシーラーや絆創膏などで隠すことが出来れば、問題ない場合が多いです。

ただ、傷跡がまだ新しく、現在も精神的に不安定な子の場合には、採用が見送られてしまうこともありますので、注意をしましょう。

傷跡を消してからお店探しをする方法も

リスカ跡は、どうしても気になるのであれば、美容整形外科で消すという手段もあります。

東京にある池袋サンシャイン美容外科では、盛り上がりがある傷跡や赤み、その他の傷跡は、レーザー治療で、皮膚組織の再構築をすることが出来ます。
何もなかったような白い肌へと改善することが出来ます。
レーザーでは跡を消すことが出来るため、どうしても気になる場合には、レーザー治療をしてみることをオススメします。

タトゥーを消すのと同じ原理で、リストカット跡を消すことも可能です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
リスカをしていても働けるお店はそれほど多くはありません。
多くのお店では、マイナスポイントとなってしまい、他にプラスとなる要素がなければ、バックや保証が下がってしまうこともありますし、面接で不採用となってしまうこともあります。

風俗のお店の中でも、ピンサロであれば、薄暗い室内での接客になりますので、採用してもらえる可能性は高いです。

現在進行形で、リストカットをしているという女性は、採用されない可能性もありますので、早めに止めることが大切です。

どうしても働きたいお店があるのであれば、美容外科でレーザー治療をするという方法もあります。
レーザー治療をすることによって、傷跡を綺麗に消すことが出来ます。

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

第1位 Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決めて!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

第2位 ミミロケ

LINE風で簡単操作の「ミミロケ」!

スカウト機能ありで、操作が簡単です。他の高収入求人サイトが「使いづらい」と思ったら、無料登録してみよう! まだ新しい求人サイトですが、今後に期待できます!

詳しく知りたい方はこちら

風俗全般
melodeoをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました