すすきののキャバクラって30代後半のデブでも働けますか?

キャバクラで働いている女の子と言えば、容姿端麗で若くて美女というイメージを持つのが普通だと思います。
特にすすきのは美女揃いの街で有名な為、そのレベルは都会にも見劣りしない高さを持っているでしょう。
そんな中、30代後半でしかもデブというまさにマイナスの塊でしかない女性が果たしてキャバクラで働くことができるのか、今回はその事についてお話していきます。

要はあなた次第


30代後半でしかも体系がデブであるという事実を自覚しながらも、キャバクラで働けますか?と聞かれれば、それはあなたのやる気次第としか言いようがありません。
あなたの本気の気持ちが強ければ強い程働ける可能性は広がってきます。
そもそも30代後半でしかもデブでありながらなぜキャバクラで働きたいのか、中途半端な覚悟では到底渡っていけない職種です。
30も後半に差し掛かり世間の酸いも甘いも経験してきた一人の女がなぜ今更キャバクラなのか、はたまた専業主婦が長く成れの果てにデブになってしまい第2の人生を派手に送りたい、どうにでもなれ精神でのキャバクラなのか、理由が一体なんなのかはわかりませんが世間一般常識で考えるとまず辞めておいた方がいいと言われる年齢と体系だと思います。
キャバクラとはあくまで接客業です、サービスを売りにしているのです。
自分が働きたいからやってみるという安易な考えでは話になりません。
お店に来てくれるお客様の気持ちを第一に考えなければどんな商売も成り立ちません。
もしあなたが顧客だった場合、自分は20代のイケイケ男性なのに隣の席についた女性が30後半のデブでは酔いが醒めるどころか酒の色が変わってしまう程の衝撃です。
もはや興奮のこの字も発動しません。
しかしだからと言って諦める必要は全くありません。
これはあくまで想像の範囲での話です。
前述したようにあなたのやる気が一番大切なのです。
やるからには頭をフルに使って賢い戦略を立てると働ける可能性が一気に高くなります。
キャバクラとはその種類がとても豊富にあります。
故にジャンルが沢山あるのです。
つまり、20代前半の若くてスタイルの良い店に面接に言った所でまず採用されません。
場違いもいいところです。
冷静に考えてみて下さい、あなたは30後半のデブなのです。
彼女たちと同じ土俵に上がった所で勝負になりません。
勝負すらさせてもらえません。
つまり、本気で働きたいなら今の自分をしっかりと把握し、自分に適したお店選びを真剣にすると言う事が働ける一番の近道だと思います。
30代後半といえば所謂熟女の領域と言ってもいいです。
キャバクラには特殊なジャンルも多数存在し、その中に熟女を好む男性やデブ好きなフェチの男性が集まるお店があります。
そういった所を攻めていくのが得策ではないでしょうか。
戦わずして勝つじゃありませんが、自分のコンプレックスや劣っているところをむしろポジティブに考え今の自分を好きだと思ってくれる顧客も世の中には居ると考えれば希望は湧いてくるはずです。
ある意味ではキャバクラという選択肢は功も不幸もあなたにとって働ける可能性が大きい職種とも考えられます。
キャバクラはやはり普通の職業とは異なる部分がある為、あなたの今の自分を最大限生かせるパフォーマンスを提供してくれる環境が見つかるかもしれません。
世の中には色んなフェチズムを持った男性が大勢います。
あなたを好いてくれる男性はやり方次第では必ず見つかるのではないでしょうか。
顧客も大事ですが働く場所もまた大事です、すすきのと言えば本当に可愛い子が沢山います。
30代後半で可愛くてデブなら何とも言えませんが顔にも自信がないようですと、すすきので働ける可能性は低くなります。
確かにジャンルは多いですがその店ごとのレベルというのがやはり存在します。
ある一定のラインを超えた美女が居る中あなたがポツンといたら間違いなく浮いてしまうと思います。
もはや罰ゲームより酷い仕打ちではないでしょうか。
赤面ではすまないレベルの事態です。
穴があったから入ったとてどうにもならない状況です。
そうならない為にもやはり対策なのです。
本気でキャバクラで働きたいならすすきのにこだわる必要もないように思います。
絶対にすすきのでしかも30代後半のデブがなんとしてもキャバクラをしたいと言うなら、それはもうギャンブルにすらなりません。
ここまではっきりと言われたら、あなたの本気が目を覚ますのではないでしょうか。
今こそあなたの根性を爆発させる時です。
これぐらいでめげてるようではキャバクラは辞めておいた方が絶対あなたの為です。

働く理由を明確に


30代後半でしかもデブ、なぜキャバクラで働きたいのか、その理由を自分の中でしっかりと明確にしておく事が重要です。
20代前半の若者のように大金を夢見たり、まとまったお金が早急にほしい、お金持ちとパイプを築きたいなどの理由で始めようとしているのならそれはもはやホームラン級のバカです。
とにかく本気で働きたいなら本気になるしかないのです。
キャバクラには根性と忍耐が必ず必要になります。
そもそも、ですが根性と忍耐が備わっている女性ならデブにはならないと思います。
そして30後半にもなってキャバクラで働きたいなど言わないと思います。
身の程をわきまえて下さい。
世の男性から大バッシングを浴びる事になるのがなぜ想像できないのかなと思います。
年齢はどうにもできないにせよ、体系は自分次第で痩せる事は十分できます。
顔に自信がなくても綺麗になる努力をする事は絶対にできます。
男性は鈍感なようでちゃんと見ているものです、特にキャバクラに通う男性は色々な女性を見ているため美に対して気を使ったり努力している女性は必ずわかります。
30後半でデブで何の努力もしてないけどキャバクラやってみたいと言われたところで世の男性の目と発言はとても厳しく冷たいです。
前述したように戦略をたてるのが最善なのです。
戦う土俵があなたに合っていればあなたは厳しい視線どころかむしろチヤホヤされながら働ける環境だってあるのです。
30代後半という年齢は熟女のジャンルで必ず好きな男性がいます。
しかし、やはりデブというのは致命傷にも程があります。
キャバクラですからね。
どの程度のデブかはわかりませんし、それに実際に働けるようになったとき仕事の疲労から痩せることもあり得るかもしれません。
自分の意志で痩せるのが一番良い事なのですが、30代後半でデブの私がキャバクラで働けますか?と聞いている時点で意思の弱さを既に感じてしまいます。
ああしたいこうしたいといえる年齢では決してありません。
社会的な制裁も覚悟の上で勤めなければいけない職業でもあります。
30代後半でしかもデブ、お店によっては採用してもらえてもその業務内容はあなたが思っている以上にハードなプレイを要求されしかも安月給なんて事だって十分ありえる話です。
全てはあなたの年齢と体系のリカバーの為と言われればそれまでの話なのです。
終始厳しい発言にはなりましたが今一度、よくキャバクラで働く理由を明確にそしてどの程度自分が本気なのかと言う事を再確認してほしいです。

まとめ


30代後半のデブでもキャバクラで働けるのかという事について色々と書いてきました。
結論は最初から出ていましたがあなたのやる気次第で道は開けます。
最初がダメでもあなたの努力次第であなたもその周囲の人たちも変わってきます。
稼ぎも人生すらも変えることだって出来る可能性をあなたは秘めてます。
本気になってみて下さい。
周りから何を言われようと本気になった者だけが自分の可能性を現実にできるのです。

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

キャバクラ
melodeoをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました