セクキャバで面接後に講習はありますか?すぐ体入できる?

セクキャバには仕事の流れを理解する程度の講習や口頭だけの説明はありますが、風俗店と同じく水商売であるセクキャバも趣味講習はあるのでしょうか?
気になる体験入店についても一緒にまとめました。

水商売の講習について

水商売に趣味講習はない

キャバクラやセクキャバと言われる主にお酒を提供する水商売と呼ばれるお店には、趣味講習というものはありません。
なぜなら、水商売は風俗とは違い、性的サービスをウリにしているわけでないからです。
性的サービスを売っているわけではないのに、講習で身体を触り、性的サービスを要求するのはおかしいですよね。

もし、セクキャバで店長が、無料で女性に触れたいがために趣味講習をしたとなると大問題で、たちまちネットでお店についての悪評が流れるでしょう。
あのお店は趣味講習があるから最悪、との噂が流れ、お店に入ってくる女性がいなくなってしまいます。
所属している嬢は次々と辞めていき、結果的に経営が成り立たなくなってしまうのです。

趣味講習を我慢して入店したとしても店長のセクハラの被害に合い続け大変だと思います。
セクキャバで使う筈のない下を触られるなどの被害にあってしまったら、直ぐにお店を辞めて下さい。
そのままお店で働き続けても良いことはありません。

あるとしても普通の講習

セクキャバには講習が無いお店が多いですが、マニュアルを読んだり、業界未体験の女性に対しては流れを理解するための練習として、軽く講習があったりします。
これは普通の講習なので、店長からのセクハラはまったくありません。
他店からの移籍やすでに業界で経験がある人への講習はないことが多く、本入になって直ぐにお店に出されます。

経験がない人にとっては多少の説明がある方が有難いのですが、セクキャバは説明がなくても周りの様子を見れば理解出来るだろうと、体入店後そのままお店に出されることも少なくありません。
口頭でも良いので軽く説明は欲しいところ。
もし、説明もなしにお店に放り出されてしまったら、とりあえず周囲の様子を確認しつつ、仕事をしてみましょう。

最初はヘルプとして人が足りていないテーブルに入ったり、各テーブルを回ることになると思います。
親切なお客さんや同僚であれば仕事内容を教えてくるので、それをきちんと覚えて次に活かせるようにすれば大丈夫です。

体験入店

面接後にすぐ体入

体験入店は読んで字のごとく、お店の仕事を体験するために入店することです。
体入をすることで話だけでは分からないお店の内側、仕事、店内の雰囲気が分かるため、出来るだけ体入はしておいた方が良いです。
だいたいどこのお店も体入はあるので、1日だけでも体入を経験しておきましょう。

体入がないお店については疑うべきです。
よほど知られたくない事情がある怪しいお店となるので、どんなに良さそうなお店でもいきなり本入は辞めておいた方がいいでしょう。
体入は面接後その日のうちに始まることが多く、期限は1日から3日が大多数となっています。
あまり体入が長くてもお店としては困ってしまうため多くても3日間の体入が多いのです。

体入の間は特にノルマもなく、のびのびと仕事を行えると思います。
短い体入の間に店内の雰囲気、仕事の様子を見ておきましょう。
自分に合っているか見極めることが大切なのです。

気を付けて欲しいのは、体入だけボーイやスタッフの態度が優しい場合があること。
なるべく本入店して欲しいと思っているスタッフが多いため、怖い印象を持たせないようにと優しく接してくるのです。
本入店したらガラリとスタッフの態度が変わり、指名のことで裏で怒られるようなった、というような嬢は少なくありません。
体入のうちから細いところまで目を光らせておきたいですね。

体入の時給

体入でもきちんと時給が発生し、働いた時間分のお金を給料として払ってくれます。
だいたい時給4千円のお店が多いらしく、新宿や渋谷といった人が多い街だと時給5千円になるそうです。
地方だとまた事情が変わってきて、体入は時給2,3千円となっているお店もあるのです。

都内のセクキャバであれば体入のうちから、そこそこの時給を貰える可能性が高いので、出来るのであればなるべく都内のセクキャバに入店した方がいいと思います。
体入時の時給は本入店後も引き継がれ、体入の働きぶりが良ければ本入店時に時給が上がる可能性があります。
逆に、体入時の働きぶりが悪いと、本入店後に時給が下がることもあるようです。

特に変わりなしということで、本入店後に何も変わらない人もいます。
このように体入から周囲の人はしっかりと働きぶりを見ています。
体験だからと適当に働くのではなく、本入店に繋がる大切な時間だと理解し、体入のうちから一生懸命仕事に取り組みましょう。

もし趣味講習の被害にあったら

直ぐに辞める

万が一趣味講習をしているお店に入ってしまい、被害にあってしまったら、直ちにお店を辞めましょう。
その日のうちに辞めてしまっても何も問題はありません。
水商売も風俗も1週間以内にお店を辞めてしまう人は案外多く、嫌だと思ったら我慢せずに直ぐに辞めるべきなのです。
水商売の業界で我慢していても何も良いことはありません。

自分に合わないな、と思ったら次のお店を見つけて移籍するべきです。
特にセクキャバやキャバクラは、店長や他のスタッフからのセクハラ被害でお店辞める、というような嬢が多いのです。
最初は耐えていたけれど精神的に疲れ、心が病んで辞めた、という状態では正直言って遅いです。
そのような状態になるまで耐える必要はありません。

心が病んでしまうまでセクハラに耐えるには理由があり、主に、お客さんを回してもらえなくなったらどうしよう、という強迫観念から耐え続ける嬢が多いようです。
どの嬢にお客さんを着けるかどうかはボーイや店長に決定権があるので、ボーイや店長に逆らうようなことをすると干されてしまう、稼げない、と思った末にセクハラに耐えるしかなくなってしまうのです。

権力を盾に嬢に好き勝手するスタッフがいるようなお店は、ろくなお店ではありません。
直ぐに辞めてしまいましょう。

趣味講習がバレたセクキャバは潰れる

セクキャバで趣味講習をしているお店はろくなところではなく、いつまでも経営が続くようなことはあり得ません。
いつか悪いことがバレて潰れる日が来るでしょう。
趣味講習を断れない理由に、仕事を回して貰えなくなる、ということがあります。
そのため、嫌でも店長からの趣味講習という名のセクハラに耐えるしかないと追い込まれてしまい、結果的に心を病み、お店を辞めるということが多いそうです。

このような嬢が出てきたお店は何かある、怪しいと、業界内で悪い噂が流れます。
あそこの店長はセクハラが酷い、嬢に手を出しているセクキャバだから入らない方がいいと、なるのです。
悪行はネットなどで簡単に世間に流れます。

悪い噂が広まると嬢は入ってこなくなり、在籍している人気な嬢は次々と移籍していくでしょう。
残るのは微妙な嬢だけで、経営は苦しくなりお店が潰れることがほとんどです。
中には同じ店長でまたリニューアルすることも考えられますが、店長の悪行がバレているためまた直ぐに潰れる確率が高いです。

まとめ

水商売であるセクキャバに仕事の流れを説明する口頭説明などの講習はあっても、趣味講習はありません。
もし店長のセクハラである趣味講習を行うセクキャバは、危険なお店です。
日常的にセクハラがある可能性があるので、危険だと思ったら直ぐにお店を辞めましょう。

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

セクキャバ
melodeoをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました