風俗には裏引き・直引きという業界用語があります。しかし、裏引き・直引きとは風俗の世界ではルール違反です。もし風俗アルバイトを検討しているのであれば、意味を知っておく必要があるでしょう。ここでは裏引き・直引きについて解説をいたします。

風俗の裏引き・直引きとは何か

風俗の業界用語のひとつに“裏引き・直引き”と呼ばれるものがあります。裏引きと直引きは基本的に同じ意味です。店舗を通さずにお客さんと会ってプレイすることを意味します。
風俗で遊ぶお客さんはお店にプレイ料金を払いますが、料金は女性に100%バックされません。料金はお店と女性によって分けられており、一般的に60%~70%が女性にバックされます。そのため、1万5000円のプレイ料金だった場合、9000円~1万500円が女性にバックされるのです。
給料に関わることなので、バック率は少しでも高い方が良いものです。そこで悪知恵を働かせ裏引きをする風俗嬢が現れました。店舗とは無関係でプレイをするので、料金は100%バックされます。お金が必要な風俗嬢にとって非常に魅力的です。
ただし、裏引きには様々なリスクが存在します。お客さんと直接金銭のやり取りもしますし、トラブルが起きた時は自分自身が危険に晒されます。ここでは、具体的にどういったリスクがあるのかを紹介します。

どのような風俗店でも禁じられている

風俗業界のルールはお客さんだけでなく、働く女性も守らなくてはなりません。代表的な内容は本番禁止です。ソープランド以外の業種では本番行為が発覚すると摘発される可能性があります。裏引き・直引きもそのなかのひとつです。上で紹介した通り、直引きであればプレイ料金が女性に100%バックされます。お店を通さずにプレイを行うと、お店はせっかくのビジネスチャンスを逃してしまうため利益が出ません。このような理由で風俗店では、裏引き・直引きが禁止となっています。また、裏引き・直引きを防ぐために、大半のお店ではお客さんとの連絡先の交換が禁止になっているのです。
厳しいお店の場合は裏引きに対してペナルティ・罰則が用意されていることもあります。なかには罰金を請求されることもあるため注意しましょう。

裏引き・直引きによる危険性

裏引きはタブーですが、店舗側としては完全に阻止することは難しいようです。逆を言えば、リスクよりも現金をとる女性がいるということです。
風俗店であれば、プレイ料金が明確に決められています。指名料や交通費、オプション料金も設定されているので、お互いに納得のいくシステムです。しかし、直引きは個人的なやり取りなので、明確にプレイ料金が決まっていません。また、口約束によるものがほとんどです。そのため、金銭トラブルが起こりやすくなります。
もしお客さんとトラブルが起こった際、風俗店の場合はスタッフが対応してくれます。しかし、裏引き・は個人的にやり取りを行いますので、何かトラブルが起こった場合に誰も助けてくれません。状況によっては、暴力をふるわれることもあるでしょう。ラブホテルは密室ですので、暴力事件があっても対応が難しくなります。そのため、裏引きや直引きは、非常にリスクが高いといえるでしょう。

相手に奥さんがいて揉めることも

裏引きをするお客さんの連絡は、個人的な方法でやり取りをします。そのため、風俗店でのお客さんよりも親密な関係になることが珍しくありません。相手が独身であれば問題ありませんが、既婚者である場合もあります。
奥さんに知られてしまうと非常に面倒です。特に裏引きは、LINEやメールなどでやり取りとなります。証拠が残ってしまうので後々大変です。当然、そこで守ってくれる人はいませんので、大きなトラブルに発展することもあります。時として、訴訟までいくケースもあるため、安易な気持ちで行うことはおすすめしません。ちなみに、勝ち目はないと思った方がよいでしょう。

ズルズルと関係が続くことも多い

風俗のアルバイトをずっと続けようと考える女性は少ないでしょう。誰もが働く際に目標を決めており、達成したら退店する傾向です。この設定は、裏引きでお客さんを集めている女性も同じといえます。
風俗アルバイトであれば退店もスムーズですが、裏引きは個人的なやり取りをしていますので、スムーズに縁が切れないこともあるのです。一度やめようと決めたのにズルズルと関係が続くケースは少なくありません。
加えて自分に彼氏が出来てしまうと、リスクは大きくなります。彼氏と付き合いながら裏引きの関係が続いていると、トラブルが起きやすくなでしょう。

ストーカーに発展することもある

個人的に連絡を取り合う性質上、親密な関係になりやすい傾向があります。例え、自分が思っていなくても、相手が親密だと思っているケースもあるでしょう。いつまでもお金の関係を続けてはいられません。いつかは縁を切るのですが、場合によってはストーカーに発展する恐れもあるのです。
裏引きを繰り返すことで、知らないうちにお客さんが真剣になっていることがあります。身に危険を感じたら、すぐにやめましょう。
ストーカーがきっかけで重大な事件に発展するケースもあります。最終手段は警察に相談することですが、自分が何をやっていたかを認識しましょう。てっとり早く終わらせるなら、電話番号や連絡先を変えることです。ケースバイケースですが、住所がバレていれば引っ越しも検討する必要があります。裏引き相手には、絶対に個人情報を漏らさないことが重要です。

裏引き・直引きは、風俗で知り合ったお客さんと連絡先を交換して、お店を通さずにプレイすることを指します。これは料金が100%バックされる方式でとても魅力的です。しかし個人的なやり取りによるリスクがいくつも存在しているのです。店と違い自分を守ってくれるスタッフがいないだけでなく、暴行やストーカー事件に発展する可能性もあります。裏引き・直引きは風俗の世界ではルール違反なので、やらないように気を付けてください。